ももジョブブログ

「風俗で暇してる女性を救済する方法」ももジョブ運営局が真剣に考えてみた。

     - 待遇・環境 , ,

風俗 暇
「せっかく風俗でお仕事をしているのに暇なんて辛い・・・(>_<)」


そんな女性に向けてももジョブ運営局が、お仕事を今よりも増やす方法を真剣に考えてみました。風俗で暇になると言ってもその状況は複数あります。

その状況によって解決策も違ってきますので、それぞれの原因について解決策を解説していきます。

暇だ暇だと嘆くよりもまずは下記をご覧ください。

※暇な状態に慣れてしまって、暇な事が当たり前になる前にしっかりと対策してください!ほんの少し頑張るだけで、暇な状態は解消出来ます!

ももジョブお店マッチング

暇な原因は何なんだろう?

【まず、風俗で暇になる原因を分けてみました。】

まずは、①お店が暇 ②自分だけが暇 と2つに分類出来ます。
そしてこの2つは更に細分化出来ます。

===============================
①お店が暇
          →①-1 オープンから2年未満
    →①-2 オープンから2年以上
②自分だけが暇
    →②-1入店してから3ヶ月未満
    →②-2入店してから4ヶ月以上が経過している
          →②-3入店してから1年以上が経過している

 ===============================
つまり、全部で5パターンあり、それぞれに解決策があるという事です。ひとえに”暇”と言っても状況によって見るべきポイントは変わってきますので、是非ともご確認下さい。

暇な時の解決方法をご紹介します!

風俗 暇02
①-1 お店が暇&オープンから2年未満

【女の子個人で、努力出来る範囲は限られています。 移店が妥当か!? 】

オープンして2年以内で、繁盛店と同じくらいに集客出来ているお店はほとんどありません。

この時期の風俗店は、常連のお客さんを固めている時期です。新規のお客様を少しづつ固定客にしていき3年~6年で徐々に盛り上がりを見せていきます。

つまり、オープンして2年未満のお店で集客力のあるお店は本当に稀なんです。95%以上と言っても言いすぎじゃないくらいほとんどのお店が暇な状態なんです。

①ー2 お店が暇&オープンから2年以上

【スタッフの質を見定めてダメなら移店を! 大丈夫と思うならしばらくステイ!】

順調に常連客を固められていれば、嘆くほど暇と言うことは少ないと思います。アナタの在籍期間にもよりますが、ずっと(半年以上)お店が暇なままなら移店を考えるべきかもしれません。

ただし、嘆くほど暇じゃなく徐々にお客さんが増えている場合は、そこで働くスタッフさんの質を見極めてからがオススメです。

風俗店の売上とそれが継続するかどうかは、女の子じゃなくて男性スタッフの質が全てです。 女の子を集めるのも教育するのも全部男性スタッフの仕事ですので、その質=お店の質です。

②-1 自分だけが暇&入店してから3ヶ月未満

【写真、宣伝文章、写メ日記の見直し・・・最後にスタッフの受付内容など】

  • ホームページの写真が悪い
  • ホームページの宣伝文章が悪い
  • 写メ日記の内容が悪い
  • スタッフの受付&推薦が悪い

これらの原因が考えられます。

自分だけが暇という事は、お店の集客自体は”それなり”にあると考えられます。入店してから間もない新人期間の時は、最もお客さんから指名される時期です。


この時期に周りよりも暇になる場合は、 写真が悪いか、宣伝文章が悪いか、写メ日記の内容かまずはこの3つの見直しをするのが王道です。

お店のスタッフさんに相談して、写真やコメントを変えてもらいましょう!

②-2 自分だけが暇&入店してから4ヶ月以上が経過している

【接客内容の見直し、身近な人からのアドバイスが効率的!】

最初の1ヶ月~3ヶ月と比べて、自分だけ暇になってきているなら接客内容を見直すべきです。


風俗のどの業種(ソープ、ホテヘル、デリヘル、オナクラなど)でも同じですが、体験入店・新人期間というのは、もっともお客さんから指名されやすい時期です。
入店してから4ヶ月くらい経過すると、そういった扱いにはなりせんので、どうしても一度接客した人にまた指名してもらう事が必要になってきます。(本指名


莫大な広告費を使って、毎月新規のお客さんが沢山来店されるお店でないかぎりは、どこの風俗嬢も等しくここの努力をしないとたちまち 暇な風俗嬢になってしまします。そうならない為には、 日々の接客内容の見直しが必要です。

接客を見直す場合は、

・人気のある女の子にアドバイスを貰う

・スタッフにアドバイスを貰う

この2つが1番効率的です。


この2つが難しい&出来そうにない場合は、自力で見直す以外に方法はありません。

 

また、自分が実際にお客さんにしているサービス内容とホームページの宣伝文章に大きく違いはないかを確認することも必要です。

「すごく感じやすい子」と謳っているのに、実際は全然反応しなかったり。。。この場合、お客さんからはかなりマイナスポイントです。

②-3 自分だけが暇&入店してから1年以上が経過いている

【お店のコンセプトに合っていない可能性が高い 移店の視野に入れるべき】

写真OK,宣伝文章OK、接客内容もOKだったとしてそれでもアナタだけが暇な場合は、お店のコンセプトに合っていない可能性が高いです。

お店がホームページで打ち出しているコンセプトでお客様の層はガラリと変わります。極端な例ですが、熟女系のお店に20歳の童顔の女の子を求めるお客さんは想像しずらいですよね?

自分がお店のコンセプトに合っているか見なおして移店を考える時期かもしれません。

お店を移るコトは、最終手段!

風俗のお仕事は、写真加工をする事が出来ますので、新しいお客さんに付く事自体は難しいことじゃありません。

 お店側の努力でどうにかなる部分です。

 大切なのは、女の子本人の努力です。

 新しいお客さんが大量にやってくるのは、毎月2000万円以上の広告宣伝費をかけている大手のお店くらいです。そうなってくるとどうしてもお客さんを返す(本指名)ことでしか稼ぎを増やす事は出来なくなってきます。

 普通の風俗店で働く場合は、本指名を獲得していかないと徐々に暇になっていく可能性があります。

 オープン間もない風俗店の場合は、仕方ない部分が多いですがそうでない場合は、スタッフ&女の子の努力でどうにかなる問題です。

 色々やってみてどうしてもダメな場合は、お店のコンセプトと合っていない可能性が高いので、別のお店で働く事によって暇じゃなくなる可能性は高くなりますよ☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?

風俗で暇になる時の原因は、分類するとある程度明確になります。お店の問題な場合もありますが、ほとんどの場合は女の子自身の努力でなんとかなります。
今自分がどの状態なのかを冷静に見つめ直して、是非とも暇な状態から脱出してくださいね♪
ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング