ももジョブブログ

美容師は売れっ子風俗嬢になれる可能性大

     - 働き方 ,

美容師風俗嬢

風俗で働く女の子に風俗嬢になる前の職業を尋ねたとします。または、風俗を副業にしている掛け持ち風俗嬢の女の子に、本業を訊いたとします。

その時期や女の子の年齢層によって順位は変わるのですが、トップ5は

キャバ嬢などの水商売
看護師や介護士などの医療系
主婦
学生

そして

美容師などの美容系

なんです。

ももジョブお店マッチング

元美容師も現役美容師も多い

美容師が多いのは

多くの元美容師(美容系)または現役美容師(美容系)の女性が、風俗バイトをしていますよ。

元美容師という風俗嬢は多い

憧れの美容師という職業に就いたものの、労働条件が悪く辞めてしまったという人は結構います。

私達外部者が見ているのは、素敵なモデルさんとそのヘアスタイルを作り上げた美容師さんという表面の部分だけ。

ヘアーサロンのお仕事って、外から見ると華やかでオシャレなんですが、実はかなり過酷なんですよね。

お給料が安い

美容師ではお金が稼げない

自分でヘアーサロンを経営したり、カリスマ美容師と呼ばれるレベルにまでなれば別ですが、美容師のお給料は決して高くありません

今はプチプラ美容室が増えていることもあり、美容師の給料は同世代の他の職業の人たちより低いです。

私の知る限り、美容師は結婚しても共働きが多いような…

勤務時間がとにかく長い

不規則な生活

本当に仕事の時間が長いんですよね。営業時間も長いし、その前後の準備や片づけ、そしてお店が終わった後で練習や勉強会。

ロングスリーパーの人には正直厳しい業界です。

しかも仕事中はずっと立ちっぱなしで、足腰や頸椎に負担のかかる姿勢です。

一人前の美容師になるまでのアシスタント期間は、1日中シャンプーだったりします。

膝や腰に持病を抱えている美容師さんや、手荒れがひどくて美容師の仕事を続けられなかった元美容師を知っています。

シフトが不規則

シフトが不規則

ただでも長時間の営業時間なのに、最近ではお客さんのニーズに合わせ、夜遅くまでオープンしているヘアーサロンも少なくありません。

繁華街のヘアーサロンやセットサロンは、その傾向が強いです。新宿歌舞伎町のような歓楽街では、ほぼ24時間営業のヘアーサロンまであります。

こうなると、働く美容師もナイトワーカー並に昼夜逆転生活だったり、不規則なシフトだったりします。

昼夜逆転平気!いつでもどこでも寝ようと思えば速攻いびきをかいて爆睡できる!

なんていう神経が太い人はいいのですが、睡眠障害に陥る美容師もいると聞きます。

風俗を掛け持ちする美容師も多い

好きな美容師の仕事を続けながらも、生活費の足しにするためや将来に向けた貯金のため風俗バイトを副業にしている、掛け持ち風俗嬢も多いんです。

本業の美容師の仕事が忙しいので、週12回しか出勤できない人がほとんどですが、朝まで営業しているデリヘルであれば、美容師の仕事が終わってからでもバイトができます

なぜ風俗嬢には美容師が多いのか

一般的には、男性も含め他人の身体に直接手で触れる機会が他の職業に比べて多いからだと言われています。

看護師や介護士、マッサージ師などもそうですね。

身体的な接触に対する抵抗が、他の職業の女の子より少ないと言われています。

美容師が風俗バイトで人気になる理由

美容師が人気になる理由

元美容師、現役美容師の女の子は風俗で働きだすと、人気嬢になったり稼げる率が高いように思いますね。

理由としては次の二つが考えられます。

美意識の高い女の子が多い

美容師は流行や美に敏感な職業ですので、自分もオシャレな人が多いです。

ヘアサロンで見ていると、どちらが読者モデルやヘアカットモデルのお客さんで、どちらが美容師かわからない時があります。

ヘアカットやヘアカラー・パーマだけでなく、メイクなどのメニューがあるヘアーサロンも多いですよね。

普段から美意識の高い女の子たちなので、自然に女子力をアピールできるのです。

美容師の経験は風俗のお仕事に役立つ

美容師経験がプラスに

美容師の経験で風俗のお仕事に活かせることは結構あるんですよ。

会話スキル

初対面のお客さんとの会話。美容師の時は当たり前にしていたと思います。

出過ぎずうるさくし過ぎず、お客さんの様子を観察しながら、また次回来たいと思わせるトークを、施術に集中しながらする。

この会話スキルは相当なものです。

気遣いと癒し

上記の会話同様、お客さんにくつろいで快適な時間を過ごしてもらえるよう美容師は色々な気遣いをします。

お客さんの上着を預かったり、持ち物や服が汚れないよう気を配ったり、その人が好みそうな雑誌を選んだり、温度や強弱を気遣ったり…

美容師ならではの接客スキルを、風俗の仕事でも活かすことができます。

近年の風俗業界では以前にも増して『癒しの提供』に力を入れているお店が増えています。

『癒し』を全面に押し出している風俗店も珍しくありません。

それだけ世の男性が癒しを求めているということなのでしょう。

美容師だからこそできること

癒しを求めている男性が増えているということは、癒されていない男性が多いということです。癒されない。つまり疲れているんですね。

そんな時、例えば、プレイが終わった後のイチャイチャタイムに、美容師時代のスキルを活かしてヘッドマッサージをしてくれたら?

肩をマッサージでほぐしてくれたら?

男性はどう感じるでしょう?喜んでくれるお客さんは多いはずです。

最後に

あなたが美容師なら、同業の女性がたくさん、風俗で働いている事を知って、安心したのではないでしょうか。

もし風俗で働くことを考えているのなら、オススメですよ。あなたの強みを活かすことができるお仕事なので、向いていると思います!

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング