私が風俗嬢になった理由

     - 働き方 ,

風俗嬢になった理由バナー

風俗嬢として働く女性はたくさんいます。彼女達が風俗嬢として働く理由は何でしょう?

更に言えば、風俗嬢として働きだしたきっかけは何でしょう?そして今でも風俗嬢として働く理由は何でしょう?

どんな人がどんな動機で働いているのか、興味がわきませんか?

何人かの風俗嬢の女性を取り上げて、なぜ風俗嬢になったのかその理由について語ってもらいました。

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8

私が風俗嬢になった理由

どうしても諦められない留学

留学資金を貯めるためな女性

大学時代、Sさんの周りの子は皆、夏休みなどを利用してホームステイや短期留学へ。

「MARCHなんです。そんなにお金持ちのイメージがある学校じゃなかったんですけれどね。

外国語学科だからでしょうか。結局4年間行けずじまいは私ともう一人だけでした。」

「すごく行きたかったんですよね。多分クラスの誰より、私が留学や向こうの生活に憧れてたし、勉強もすごくしてました。

でもうちは、学費で精一杯で留学費用なんてなく、アルバイトのお給料を貯金して奨学金と合わせて、行くと言ったんですが、うちの親は考え方が古くて…

『そんなお金があるなら学費を負担しなさい。』『女の子が外国なんか行かなくていい!』って許してくれず…」

Sさんは泣く泣く諦め就職したのですが、3年後そこで衝撃的なことが起きます。

社内で新しく海外関連のプロジェクトを始めることになり、メンバーの募集がありました。

卒業してからも語学力を磨き続けてきたSさんは立候補、周りからも適任だと言われていたのに、結果はアウト。

そしてその理由が「留学など海外居住経験者でないため。」

Sさんは悔しくてたまりませんでした。それからというもの、留学しなかったことへの後悔は大きくなるばかり

そんな時に追い打ちをかけるように、大学の同級生が卒業後再留学しそこで就職し活躍しているという話を聞かされます。

もう夢を諦めない。そう決心したSさんは、最短で十分な資金を貯めるため風俗嬢になる決心をしました。

女手で子供の学費を稼ぐため

アラフォーの人妻

Mさんは37歳。19歳の時に妊娠、結婚し、子供が2人います。

旦那さんは建築関係のお仕事。

結婚当初はそうでもなかったのですが、現在の稼ぎは少なく生活はギリギリ。

それでも元々遊び人で宵越しの金は持たない派の旦那さんは、友人や知人と飲みに行ったり遊びに行ったりを止めることができません。

高卒で働かせればよいという旦那さんと、自分が妊娠で短大を中退してしまったこともあり子供には進学して夢を叶えて欲しいというMさん

2年前に大喧嘩した末、「進学させたいならお前が勝手にさせろ。」という売り言葉に買い言葉で、風俗嬢として働きだしたそうです。

「最初は罪悪感があったけれど、こんなに短時間でこれだけしか働かずこんなにたくさんのお金が入ってくるんだ…って。

近くのスーパーや工場で、古株さん達に意地悪されながら必死で働いても、この4分の1も稼げるかどうか。」

お金があると心に余裕ができ、夫婦喧嘩もしなくなったとのこと。

「旦那は相変わらずです。もうあてにしてません。

子供が成人したら、離婚しようかなと思っています。そのためにももっとお金を稼いで貯金しないと。」

そう笑うMさんの気持ちは第二の人生に向けられているようです。

毒親から逃げるための引っ越し費用

家出したギャル系女子

Kさんの両親はKさんが小さい時に離婚しました。

母親に兄と一緒に引き取られましたが、メンタルが不安定な母親とその母親に「長男だから。」という理由で溺愛された兄に、虐待されていたといいます。

母親からはネグレクト、兄からは言葉だけでなく肉体的な暴力もあったそう。

そんな状態が何年も続き、Kさんも鬱や不安障害になってしまいます。

この家から早く出たいと思っていたKさんでしたが、病気のこともあり、工場などで短期のアルバイトしかできません。

家に食費という名目でお給料の大半を入れるよう要求されていたこともあり、このままでは貯金ができないと思ったKさんは、思い切って風俗嬢として働きだします。

2か月間、必死で働きました。全部貯金して、さっさと引っ越して。

ホッとしたのか、新しい家に移った日から2日くらい高熱が出ました(笑)」

今は一人で、静かに平和に暮らせる毎日を過ごしています。

夢を諦めない

美容師の女性

メイク、ヘアセット、エクステ、ネイルなど美容関係の資格や経験をたくさん持つPさん。

一見大人しそうに見える可愛いPさんですが、かなりの根性の持主です。

東北から大阪に出てきて専門学校に通い、アシスタントとしてサロンに勤務。

その間お金がなく、夕飯はポップコーンかポテトチップス一袋だけなんて生活を送ります。

「マドンナみたいでしょ?(笑)」というPさん。

そんなPさんは、現在風俗嬢を副業にしています。

「働く理由はやはり生活費ですか?」と質問したところ、そうではなく、将来自分の店を持つためだそうです。

「美容関係の仕事は雇われだとお給料が安いんです。

いかに早く技術を身につけお客さんを増やし、独立するかだと思います。」

そう言い切るPさんは、風俗で稼いだお金は夢のために全額貯金しているそうです。

交遊費

遊んでいる女性

Nさんは港区女子とまでは言いませんが、かなり派手な交友関係と生活をしています。

ですがNさん自体は、実家も埼玉の普通のサラリーマンのお家で、現在は普通のOLです。

普通に生活するお金には困らないでしょうが…

仕事が終われば話題のレストランで食事会、ブランドのファッション、おしゃれなマンションに帰宅し部屋着はカッシーナ、長期休暇には海外旅行…

そんな生活ができるほどのお給料はありません。

「学生時代にお金持ちのパパがいたりして、贅沢が身についてしまってて。

最初はエポスカードやクレジットカードで何とか回していたんですが、気付いたら相当な額の借金ができていました。

でも、生活レベルは落としたくないし、それよりそんな事誰にも知られたくないじゃないですか。

だから週末は風俗嬢をすることにしたんです。」

お金持ちのパパが複数いたというだけあり、Nさんはかなりスタイルもよく美人です。

お給料バックのいい高級デリヘルで働いていて、週末だけでもOLの月給を超えるお金が稼げるのだそうです。

「批判する人もいるでしょうが、人生楽しめるうちに楽しまないと損だと思ってます。」

彼氏に下手だと言われて

長髪の地味目な女性

当時つきあっていた彼氏とセックスレスになり、自分から誘ったところ、エッチが下手だと指摘されたというAさん。

しかも彼氏が浮気していたことも発覚します。

多少男性不信にもなりまた悔しくて、テクニックを覚えようと思ったのが風俗嬢になった動機です。

「ひどいですね…

それでもうテクニックは身につきました?まだ働く理由は?」と尋ねたところ…

実はAさん、風俗で働いているうちに自分の性癖に目覚めたそうです。

「私、相当なMみたいです。

彼もマグロっていうんですか?Mでした。

相性が合う訳ないですよね(笑)」

きっかけは彼氏への対抗心でしたが、今でも風俗で働く理由は自分自身への刺激なようです。

まとめ

この他にもいろいろな、風俗嬢になった動機、きっかけ、夢がありました。

大きくまとめると

①金銭的な理由
②興味本位、生活への刺激

に分かれるのかなと思います。

割合としてはやはり金銭的な理由が多いと思いますが、働く理由は決してお金だけではなく、そこから得られる夢や満足もあるんですね。

今回のインタビューで驚いたのは、風俗嬢の皆さんが本当に普通の女性ばかりだということです。

そして働く理由は様々ですが、皆何かしら満たされない状態が動機になり、今ではたくさんのお金をゲットして輝いています。

あなたが風俗嬢が働く理由に興味を持ったのは何故ですか?

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

新橋はじめてのエステ