LOVERS-A (ラバーズエー)

人妻デリヘルを選ぶべき年齢は何歳から?

     - 人妻ヘルス , ,

ももジョブ_640x400_人妻デリヘルを選ぶのは?_2風俗の仕事は未経験、またはほぼ未経験に近い初心者

20代後半から30代前半、いわゆるアラサー

そして自分がどのお店で働くのが良いのか? 自分が働けるのは人妻店なのか、それ以外のお店なのか?

これが分からない。

実は、風俗のお仕事を始める前の私がまさにこの状態でした!

「若い子のお店の方が稼げそうな気がするし、人妻デリヘルってなんだか「過激にエロな奥様」のイメージでハードそう…」

そんな気持ちと

「でも、私こんなギャルじゃないし…、うわ、この子まだ20歳?1若っ!私、絶対、無理だよね?」

こんな気持ち。困りましたよ。

見た目:風俗で大切なのは実年齢でなく見た目年齢

まず、大切なことは、風俗で大切なのは実年齢ではなく「見た目年齢」だということ。

一般の女性でもそうですが、40代でも20代に見える美魔女奥様もいれば、生活に疲れた中年主婦のように老けている高校生もいます。

今の時代は、実年齢に関係なく美意識の高い女性がいつまでも魅力的ですよね。

年齢証明書を首から下げて歩くわけでもなし、年齢はただの数字になりつつあります。

ましてデリヘルなどの風俗では、本名ではなく源氏名の「別の女性」として働くのですから、実年齢がいくつでも関係ありません。

何歳以上だから人妻デリヘルなどの人妻店で働くといった、はっきりした区別はないんです。

風俗業界はあくまでもその人の見た目、そして雰囲気を重視します。

その女性がどちらのお店で人気が出やすいか=稼ぎやすいかが大事です。

見た目:痛い若作りが不評なのはデリヘルでも同じ

とは言っても、40歳の女性が20歳に見えることはありません。

スタイルが良くて童顔でも、40歳は「キレイな40歳または35歳くらいには見える40歳」です。

ここを認めることができない女性が、現在増殖中です((+_+))

川崎回春性感マッサージ倶楽部

若さ≠若作り 魅力≠若さ

aikyatti2

若々しいのと若作りは違います。

年齢無視、現実無視の若作りは「痛い女」です。

時々いませんか?世間からは人妻、奥様と呼ばれる年齢(と見て分かる女性)なのに、ギャルファッション、ギャルメイク。

無理やり感が却って年齢を感じさせる結果に…。

盛って盛って、引き算のない姿は、本人としては現役感を出したつもりなのでしょうが、周りは引いています。

特に男性は女性のそういう「やり過ぎ」を嫌がります。

何故なら男性が惹かれる大人の女性や人妻の魅力は、そこではないからです。

若い店=稼げるは間違い

aikyatti

若い女性が多いデリヘルやヘルスで働くことに固執する風俗嬢が、時々います。

「人妻デリヘルなんか嫌!」

そう言う理由は

  1. 「人妻っておばさんでしょ!失礼ね!」
  2. 「人妻デリヘルって格安店のイメージ。客層も稼ぎも悪そう。」

この2つが多いですね。

両方、間違いです。

例えば20代後半から30代前半の落ち着いた雰囲気の女性が、ロリ系やギャル系を始めとした若い女性が多いお店に行ったとしましょう。

そんな無理しても稼げません!

私の知っている20代後半の女性は、タレントの安めぐみ似で清楚な癒し系。

元は高級デリヘルで働いていました。

エステに移籍してきましたが、指名が取れません。

「高級デリヘルではそれなりに稼げていたのに、何故だろう?」と悩んでいたのですが、それはそのエステのコンセプトが20歳前後~20代前半のド素人店だったからです。

AKBみたいな女の子しかいない中では、彼女は「お姉さん」過ぎて浮いてしまっていたのです。

もし彼女が、人妻店で若妻として働いたなら、人気爆発だったでしょう。

こういう例は結構多いです。

人妻デリヘルには若妻と熟女奥様がある

aikyatti3

上記で挙げた

①「人妻っておばさんでしょ!失礼ね!」

と思っている女性は、人妻カテゴリーに入れられるということは、近所のスーパーで買い物している中年の主婦に見えたくらいに考えています。

まだまだ若いこんなにセクシーな(?)私に失礼な!というわけですね。

風俗業界の「人妻」定義は、中年でもおばさんでも、更に言えば奥様でもありません。

今、世の中でアラサーの女性といえば、女ざかり。恋活、婚活なんかにも最適な年齢だし、仕事も面白いし…という感じだと思います。

20代前半で人妻、奥様になっている方が「早いなあ。」というイメージですよね?

ですがアダルト業界では、人妻、熟女に分類される年齢層が一般社会よりかなり低いんです。

世間での熟女はアラフォー以上、40代、50代ですが、AVでは30歳でも熟女カテゴリーに入っていたりします!

一般社会で普通の30歳の女性を熟女呼ばわりしたら、大変なことになります。

まだまだ「お姉さん」ですよね。

風俗店は、男性の妄想や願望にマッチするようにコンセプトを掲げるので、そのための「人妻=癒し、落ち着き、優しさ」という言葉でしかありません。

客層や稼ぎは店の年齢層や単価に比例しない

②「人妻デリヘルって格安店のイメージ。客層も稼ぎも悪そう。」

このイメージを持っている女性も結構いるようです。

まず、人妻店にも高級デリヘルから大衆、格安までいろんなお店があります。

地方に行くと、高級人妻デリヘルはなかなか少ないかもしれませんね。

ですが、中級人妻デリヘルはありますし、都内であれば高級人妻デリヘルは複数あります。

また、高級店は1本(1接客)あたりのお給料バックは高くなりますが、その分回転が遅く何本もお仕事につけなかったり、女性のレベルが高く競争が激しかったりします。

ですから、必ずしもトータルで多く稼げるとは限りません。

例えば店舗型のヘルス(箱ヘル)はデリヘルに比べるとお給料が低めですが、移動時間がないので本数で稼ぐことができます。

要は

  • 自分が1日トータルでいくら稼げるのか
  • 自分がどれくらい指名がとれるのか
  • お店の集客力はどうか

で稼ぎは決まります。お店の料金では決まりません。

次に客層ですが、これもお店によります。

一般的にハードサービスを売りにしているようなお店は、人妻ヘルスかそうでないかに関わらず、キツイと感じることが多いようです。

人妻デリヘルでも癒しをコンセプトにしているお店は、ソフトサービスです。

確かに高級店は、庶民には手の出にくい価格で富裕層のお客様の割合が高いですが、ここで勘違いしてはいけません。

「お金持ち」だからといって簡単にリピートしてくれるわけではありません。

「お金持ち」だからといって、あなたに優しく、きれいに遊ぶとは限りません。

客観的に自分の「デリヘル年齢」を知ろう

aikyatti4

自分の容姿や雰囲気から、「お姉さん」として売るのがいいのか「人妻」として売るのがいいのか、考えてみましょう。

でも、自分では上手に判断できない人もいると思います。

自分のことほど分からないもんです。

そんな時は

  1. 体験入店で試してみる
  2. グループ店で人妻店とそうでないお店など系列店を複数持っているところに応募する

のがオススメです!

①なら周りの女性の雰囲気とその日の稼ぎで判断できます。

②なら、面接担当と相談してみるのもアリです。

大抵、お店側から「こちらの方が稼げると思いますよ。」とアドバイスされるはずです。

お店のスタッフは、何十人、何百人と女性を見てきていますので

「この女性なら高級店のお客様に受けがいい。」

「この女性は人妻店の方が人気が出る。」

とわかるのです。

まとめ

aikyatti5

風俗デビューが20代後半から30代というのは遅めですが、そういう女性が最近増えている様です。

ももジョブでは、幅広い年齢やタイプの女性が安心して働けるよう、優良店求人と、皆さんのお悩みに答えるブログを掲載しています。

人妻店で働くのか デリヘルにするのか、それ以外のヘルスにするのか 高級デリヘルがいいのか、普通のヘルスがいいのか

そんな疑問を持った皆さん

大切なのは実年齢でなく見た目年齢、そして自分に合ったお店選びですよ☆

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

お店マッチング