LOVERS-A (ラバーズエー)

あるある!みんな経験してる(笑)先輩風俗嬢の失敗談

     - 接客ノウハウ ,

初めて風俗店で働き出した新人風俗嬢は、まだお仕事に慣れていません。

そのため、みんな割と色々、失敗します

あなただけじゃないですよ~

未経験~初心者の頃なんて、大抵の女性が、何かしら似たような失敗をやらかしてます。

そして、「取返しのつかない失敗」「フォローできない失敗」なんて、そんなにありません。

対策はある程度あるし、失敗したからといって大きなトラブルになることはまず無いので、心配しないで下さいね☆

そんな風俗嬢あるある失敗談を、今日は紹介したいと思います。

そそっかしいあなたも、ここを読んで安心して下さいね!

と、ここに挙げた失敗ほぼ全種類やらかしても、6年風俗嬢やれた私が、言ってみる(;´д`)トホホ

川崎回春性感マッサージ倶楽部

プレイに必要な道具を忘れた

プレイに必要なお仕事道具を持ってくるのを忘れてしまった。

 

この失敗をしたことがある風俗嬢は、かなり多いと思います。

デリヘルなら、グリンス(消毒用石鹸水)、ローション、イソジンなどが、仕事に必須の道具です。

私は、エステやM性感などの風俗店でも働いていたのですが、こういうお店では、さらに、仕事道具の種類が多くなります。

また、持ってはきたものの、前のお仕事で大量に使ったことを忘れ、補充しないまま来てしまい…

プレイの途中で足りない(゚д゚)!

という失敗もあります。

お店によっては、男性スタッフがしっかり者の場合、あらかじめ確認・補充して、出発の時に渡してくれるパターンがあります。

こういう場合は、大丈夫なんですが、自分のお仕事道具は自分で管理するというタイプのお店だと、失敗あるあるです。

他にもデリヘルで、しっかりしているお店は、ドライバーが車の中に予備のグリンス、ローション、イソジン、バスタオルなどを積み込んでいる場合もあります。

「○○がありません(><)」とお店に電話すると、ドライバーが持ってきてくれます。

ありがたや~

お仕事に行く前には必ず持ち物チェック☆と行動に気をつけても、どうしてもうっかり、忘れ物が多いという女性

そんなあなたは、スタッフがしっかり面倒を見てくれるタイプのお店が安心ですよ。

忘れ物の種類によっては、基本プレイができなかったり、誤魔化すにしてもかなり大変になります(汗)

お客さんの部屋に置いてきた…

ホテルやお客さんの家に忘れ物をしてきてしまう。

これも風俗嬢あるあるの失敗です。

さすがに、ここを読んでいる女性の皆さんは、制服やコスプレ衣装など大きい物は忘れないと思いますが

(いや、私は忘れたことありますけれどね(;´д`)トホホ)

制服に付いているリボンやネクタイなどの小物…

ローターなどの小さなおもちゃ…

こういうものを、忘れたり紛失したりする失敗は多いです。

これだけは、店を出る時と違って、店舗スタッフがチェックすることはできません。

自分が注意するしかないですよね。

対策としては

余分な物をあれこれ持たない(私物、使いそうにない道具など)

②お仕事バッグの中もポーチなどを使って、整理整頓

③道具はあちこちバラバラに置かず、自分の定位置を決める(例 ベッドの右上に置く)

④タオルを敷いて、自分の持ってきたものはその上だけに置くのも一つの方法

脱いだ服(衣装)、下着などは、小物も一緒に軽くたたんで、一か所にまとめる(脱ぎ散らかさない方が、きちんとした女性に見えて、一石二鳥!)

⑥お部屋を出る前に、忘れ物がないか見回して点検する行動を癖に

お店から借りているお仕事道具を、紛失すると、お店によっては弁償の場合もあるので、気をつけたいところです。

性感店で働いていた頃、お店の備品であるおもちゃをなくして弁償するのが嫌なので、ネットで安い物を探し、全部、自前で揃えていたのは、私です(;´д`)トホホ

また、要注意なのがお金(お釣り袋)と携帯・スマホの忘れ物です。

お金を忘れてしまうと、料金のもらい忘れ同様、結局回収できない可能性もあるので、これは要注意です!!

携帯・スマホなどの私物を忘れると、お客さんに個人情報が洩れてしまうリスク大です。

これも注意しましょう!

時間配分の失敗

これは、風俗嬢なら誰でも、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

プレイの途中で、もう上がりのシャワーを知らせるタイマーが鳴ってしまう…

(まだ、全然イッてない\(-o-)/)

逆に、イクのが早過ぎても困りますけれど…

でも、お客さんをイカせられないで終わってしまったり、決められた基本サービスができずに終わってしまうと…

場合によっては

時間配分の失敗=規定のサービスができず

として、クレームのネタになりかねません

デリヘルのお仕事道具の忘れ物なら、お客さんが笑って許してくれる可能性が高いですが

10分近く、早くサービスを終えた(早上がり)

イケなかった

この辺はクレームになりやすいので、十分注意しましょう。

時間配分は、初心者の頃は難しいと思います。

まず、タイマーを活用しましょう。

私は、未経験から始めた性感エステ時代

マッサージを終えて、ハンドサービスに移る時間

終わりのシャワーを知らせる時間

コース終了時間

と、タイマーを3個、持っていたくらいです。(←これは、やり過ぎです、笑)

また、ある程度、プレイの流れや時間配分を、自分でシュミレーションしておくことも大切です。

イキにくい人なら、○分くらいはフィニッシュに必要…

○分くらい過ぎたら、受身から交代して、素股やフェラをしないと…

特に、初めて会うお客さんの多くは、基本サービスにあるプレイを一通りできると思っています。

(例 ディープキス、ボディタッチ、フェラ、69、素股)

全部少しづつでもするには、時間配分をどうすればいいか、考えてみるといいですね。

逆に、お客さんから「素股は嫌いだから要らない」や「女性に責めて欲しい」と言われた場合

どこを削ってどこを増やすのか、これもある程度心構えができていると、失敗が少なくなります。

少し、マニュアルみたいな行動になってしまいますが、プレイの時間配分がとにかく苦手という女性は、初心者のうちは仕方ないかなと思います。

まだまだあるある失敗談

この他に、私がやったトホホな失敗談の一部を紹介しますね。

たくさんあるので、どれから、いこうかな(´・ω・`)

間違った送迎車に乗った「え?誰ですか?」

シティホテルへのデリバリー。

プレイを終えて、お迎えの車を探した私。

当時働いていた風俗店には、複数の専属ドライバーがいたので、車も日によって違います。

私、自分が車を運転しないので、車種とか全然わからないんですよね。

なので、いつも車の「ナンバーと色」を訊くんです。

でもね、私ド近眼で当時はまだコンタクトをしていなかったんです。

仕事中はメガネもかけませんから…、見えない。

エントランスを出たら、言われた通り白の車が待っていました。

乗り込み「お疲れ様です。ああ、疲れた。」

と、運転席の男性が目をぱちくりさせて言いました。「え?誰ですか?」

「え?」

そこへ、急いで走ってきた別の白い車。

「!すみません!間違えました!」大慌てで車を降り、「ええ?嘘でしょ?」という男性の声を背中に、送迎車へ走る私…

目撃していたドライバーさんから、心配されるやら笑われるやら…(;´д`)トホホ

でもこれは、相手によっては危険なので、皆さんはくれぐれも気を付けて下さいね。

お客さんに蹴りを入れてしまった

 

私、体が硬いんですよ。

そして、ビジネスホテルのシングルルームのベッドって、本当に狭い。

盛り上がってきて、69をしようと張り切って体位を変えたその瞬間!

お客さんの顔を蹴飛ばしてしまいました。

しかも、何度かある…(;´д`)トホホ

「ごめんなさいッm(__)m」平謝りです。

お客さんは笑って許してくれますが、アソコは大抵萎えてしまっています。

最初から、やり直し~

まとめ

こういう失敗を色々したにもかかわらず、私のリピーターさんになってくれたお客さんはちゃんといます。

だから、そそっかしい人でも心配しなくて大丈夫です。

風俗嬢のお仕事はプレイも接客も、難しいものではありません。

相手へのおもてなしの気持ちがあれば、どんな女性でも始められますよ!

 

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

お店マッチング