TOKYO LOVEマシーン

ソープの給料バック調べたけど…結局相場はいくら?平均を教えて!

初心者・未経験の女性にとって、風俗のお給料ってわかりにくいですよね。

特に吉原などにあるソープ(ソープランド)は

・お客さんが払う料金が入浴料とサービス料に分かれている

・女性の手取り給料は、バック(女性の取り分)から雑費など複数の項目が引かれた金額

と複雑なシステムです。

しかもソープの求人を見ると、お給料バックが○○%とパーセンテージで表示されていたりしてさらに意味不明(?_?)

結局バックはいくらなの?

いくらが普通なの?

と調べ方がよくわからず困っているアナタたのために、ももジョブがソープのお給料システムと平均的なバックを説明します(*^-^*)

大変だけど一気に稼ぐ!

LOVERS-A (ラバーズエー)

バックとは

 

まずソープも含めた風俗店のお給料バックについて、簡単に説明しておきたいと思います。

バックとはお客さんが支払う料金のうち、女性の取り分のことです。

あらかじめ決められた割合(%単位)で配分されます。

ソープの求人を見て応募する時には

・料金

・バック率

・雑費などの経費

を確認する必要があります。

何分のコース1本で手取りいくら稼げるのかを知ることは、お店選びにとても大切ですよね。

ソープでもらえる給料バックの平均金額

ソープと言っても料金によって、超高級・高級・中級・大衆・格安・激安店とお店のランクが分かれています。

また同じ高級なら高級、大衆なら大衆の中でも、お店によってコースの長さ・料金・手取り・雑費が異なります。

ももジョブが吉原をはじめとした数多くのソープ(超高級~激安)のお給料バックを調査し、その平均額を調べた結果

【ソープの平均バック】

40分 8000円

45分 9125円

50分 10182円

60分 11608円

65分 11000円

70分 10750円

75分 13250円

80分 15125円

90分 17529円

100分 19643円

110分 23480円

120分 33679円

130分 25000円

140分 35000円

180分 55000円

このようになりました。

 

この調査には高級ソープ12店舗が含まれています。

高級店は120分40000円のコース・バックで統一されていることが多いです。

ここに、指名料バックが加算されます。

指名料は超高級・高級であれば5000円~、大衆以下であれば写真指名1000円・本指名2000円くらいになっていることが多いです。

ただしこれはあくまで平均値です。

ソープは格安・大衆店か高級店かで全然違う

超高級店・高級店のバック率は60~70%。

平均的な1本のコースとバックが120分40000円です。

大衆店・格安店のバック率は50%。

平均的な1本のコースとバックが60分10000円~・90分15000円~

激安店ならさらに安くなります。

コースの長さもバック金額も大きな差がありますよね。

指名料バックも同様で

超高級店・高級店では本指名なら5000円

大衆店以下のソープでは1000円~2000円

が平均です。

大衆~激安店は短い時間のコースで本数を多くこなします。

高級店は逆に長いコースしかありません。

大衆ソープにはこんな人にぴったり

 

大衆ソープは

・接客時間は短い方がいい。

・体力には自信がある。

・難しいことを考えずサクサク数をこなしたい。

・カジュアルな雰囲気・会話が得意。

・合わないタイプの人に接するのはかなり苦手。

・傷・妊娠線・タトゥーなどがある。

な女性に向きます。

高級ソープはこんな人にぴったり

高級店は

・慌ただしいのは苦手。

・丁寧な接客・マナーに自信がある。

・本数(人数)勝負は体力的にキツイ。

・フォーマルな雰囲気・会話も得意。

・合わないタイプの人に接するのはかなり苦手。

・ルックスに自信がある。

女性におすすめです。

バック=お給料ではなく雑費が引かれます…

バック金額すべてが実際の取り分になるわけではありません。

そこから雑費という諸経費が引かれます

雑費は在籍料・備品代などの名目で呼ばれていることもありますが、要はお店でお仕事をしていくのに必要な備品(ボディソープ・イソジン・ローション)などの利用料です。

雑費引き自体はどこの風俗店にもあります。

一般的に風俗ではバックの10%が雑費として引かれます。

ですがソープの場合はこの備品代以外にも、様々な名目で引かれる金額があります。

バックから引かれる項目

お店によってある項目・ない項目があり金額も異なりますが、主なものは次のようになります。

雑費

お仕事1本(1人のお客さんへの接客)ごとに一定額が引かれるお店と、1日のバック合計に対して引かれるお店があります。

1本ごとの場合は

高級ソープであれば3000円~4000円

大衆店であれば1000円または約10%

1日の場合は

大衆店であれば1日3000円

が相場です。

税金

仕事をする場所として、お店の部屋を借りているという考え方によるものです。

所得税や住民税のように国や都・市に払う税金ではありません!

税金がある場合はバックの10%のことが多いです。

ボーナス

普段からお世話になっているボーイ(男性スタッフ)に年1~2回支払います。

中級~高級ソープの場合、女の子1人につき月1万円ずつ積み立てるくらいの金額(半年で5万円・1年なら10万円)が相場です。

大衆店では聞いたことがありません。

衣装代

仕事着はソープが提携しているお店の下着・ドレスと定められていて、1か月に一定金額の購入が必要。

このルールは一部の高級店に限られます。

高級ソープの女性はどのみち高級下着やドレスにお金がかかるので、お店を通したからといってぼったくりということはありません。

お茶代

接客時にお客さんに出す飲み物代です。

水・お茶(・コーヒー)のサーバーが廊下にあって無料(雑費に含まれている)ソープもあれば、1日のお茶代として500円~1000円ぐらいが引かれるお店もあります。

タオル代(リネン代)

ソープの接客は大量にタオルを使用するので、普通の雑費と別に費用を徴収されるお店もあります。

1日3000円引きだったり、60分300円・90分500円というように1本ごとに金額が決められていたり、様々です。

 

中には「何それ?」「なんで?」と驚いた制度もあるかもしれませんね。

ソープがかつて「遊廓」だった時代の名残です。

①~③は、最近はなくなりつつありますが、昔ながらの高級ソープにはまだ残っている場合もあります。

一般的には

・雑費として1本あたり、高級ソープであれば3000円~4000円、大衆店であれば1000円または約10%

だけが引かれるか、それに加えて

・タオル代として1日約3000円

を合わせた金額が引かれるお店が多いです。

結構痛いです(^^;)

例えば大衆・格安店で

60分10000円×4本

90分15000円×2本

小計 6本 70000円

のお仕事をしたバックから

1000円×6本=6000円 または 70000円の10%=7000円 のいずれか

これにプラス3000円のタオル代が引かれるとしたら…

今日1回の出勤で9000円~10000円が雑費などの合計になります。

お仕事1本分のお給料と同じくらいになるので、かなり大きい負担ですね。

ソープは稼げる金額が大きいので、あまりしっかり計算せず働いてしまう人も多いです。

結局手取りはいくらになるのか、雑費・指名料などもチェックし上手にお店を選ばないと実は損をしていたなんてことも…

まとめ

ソープのバックの平均

高級・大衆店それぞれのバックの平均

参考になりましたか?

ソープのお給料システムはちょっと複雑ですね…

でも大体の相場を頭に入れておくだけでも、求人から応募するお店を選んだり面接でお給料についての説明を受ける時に役立ちます!

自分に合ったお店を選ぶ時の参考にして下さい☆

 

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

お店マッチング