休むと稼ぎが減っちゃう!病気で休まなきゃいけない基準ってある?

     - ライフスタイル , ,

ナイトワークやアルバイト・パートタイムのお給料は、月給制ではなく出来高制(歩合制)または時給制。

働けば働くほど稼げるし、休めば休むほど損します

稼ぎも減るし、欠勤が多いと不真面目と思われることも…

特にこれからの季節、風邪・インフルエンザ・胃腸炎なんかも流行するので、健康管理には気をつけたいですね。

病気で具合が悪くなったら

休みたい→休もう

となるのが普通ですが…

とにかくお金をしっかり稼ぎたい(稼がないといけない)女子にとって、1日でも休むのは痛い!

しかも支払いが目の前に迫っていると、予定が狂います。

できれば出勤したい

どれぐらいなら出勤してもいい?

お客さんからクレームになる?

他の女の子に何か言われる?

と気になる女性のために、風俗のお仕事を休むべき基準について解説したいと思います\(-o-)/

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8

接客がちゃんとできないのに無理に出勤はNG

まず当たり前のことですが、いつも通りのサービス・プレイができないなら、基本的にアウトです。

オプションで

聖水(放尿)があるけれど、生理中はNG

いつもはAFもOKにしているけれど、今日はアナルが痛いからNG

こういうのは構いません。

ですが、基本コースに含まれているプレイはするべきです。

また他にも

・声が枯れて会話に支障がある

・熱でボーッとして反応が鈍い

・睡眠不足過ぎてマッサージの途中に寝落ちしそう

・口内炎があるからディープキスとフェラをしたくない

こういう状態で来られても、お客さんは料金に見合った接客を受けることができないので、いわば騙してお金をもらっていることになってしまいます。

ちゃんと接客できないと感じたら、休むか早退しましょう。

うつる病気の時は休む

次に、うつる確率の高い深刻な病気の時は休んで自宅で療養するのが常識です。

幼稚園や小学校の時に、はしか・おたふくかぜ・水疱瘡などになったら、絶対休むよう病院や園・学校から言われましたよね?

あれと同じです。

代表的なものとして

インフルエンザ

腸炎

性病

があります。

インフルエンザ

なかなかインフルエンザなのに風俗出勤する女性も、普通はいないのですが…

インフルエンザは潜伏期間が長いので、人によっては引き始めは「風邪かな?」と思うことも。

また中にはいるんです、異常に我慢強いと言おうかド根性と言おうか…いや、鈍感なのかもしれませんね。

体中が痛い、頭が痛い、ツラい、熱が出てきた気がする

とブツブツ言うので、体温を計らせたら38度を超えている。

「帰りなよ~」と言っても「明日支払いがあるから無理!」と解熱・鎮痛剤を飲んで待機室に居座っていた女性。

彼女から、約5名の女性にインフルエンザがうつったことがあります(>_<)

彼女は丈夫なのでそれほど悪化しませんでしたが、体が弱めの女性は本当に大変な目に…

本当に勘弁して欲しいです。

これはちょっと普通の風邪じゃないかも

と思った時点で病院へ行き、インフルエンザの検査をしてもらいましょう。

腸炎

腸炎ってノロウィルスに始まりいろんな種類がありますよね。

そして結構うつるものなんです。

事務所のトイレを共用している他の女性やスタッフだけでなく、お客さんにもうつる可能性大です。

腸炎の症状である嘔吐・下痢は数日で収まりますが、感染期間はそれより長いので、重度の場合は要注意です。

性病

風俗は性サービスをする仕事ですから、性病にかかったら治るまではお休みです。

性病でこわいのはピンポン感染といって、風俗嬢とお客さんの間でお互いうつし合いになることです。

唯一、3ないサービスのエステやオナクラなら働くことができます。

お客さんにうつる可能性が高いから休むべきというだけでなく、自分自身の病気を悪化させないよう休む必要があります。

性病や感染症などの病気にかかって、炎症を起こしたり、体力が落ち抵抗力が弱っている状態では…

他の病気にもうつる可能性大です!

性病無縁な求人はこちら♪

風邪で休むのは?

では普通の風邪の場合は休むべき?仕事してもいい?

まず一般のお仕事で考えてみましょう。

一般の会社員でオフィスワークの場合、ちょっと風邪をひいたぐらいでは休めません。

皆、薬を飲んだり点滴を打ったリして出勤します。

冬になると、電車の中でマスクをしつらそうに咳をしている会社員も増えますよね。

ですが接客業になると、少し話は違ってきます。

マスクをして仕事をしている人も多いですが…

明らかに咳がひどい場合は、やはりお客さんから嫌がられてしまうので、きちんとした職場では休むかバックヤードの仕事に回ることが多いでしょう。

例えばずっと至近距離にいる美容師、マッサージ師、飲食店の調理・ホールスタッフ

こういう人達が、目の前でゲホゲホ咳こんでいたり鼻を何度もかんでいたら?

うつるから嫌だなあと感じる人は多いと思います。

風俗は密着しキスしたり口を使ったサービスを行うのですから、なおさらですね。

お客さんにうつることを心配させてはいけない

接客業で、お客さんに

この子病気だ…うつると嫌だな

と心配させるのはアウトです。

お客さんから見て一切わからない体調不良ならまだしも、咳・鼻水のひどい風邪、一目見て目につくような皮膚炎・湿疹などは、やはり心配させてしまいます。

風邪でも仕事を休むのは困るという場合は、お客さんが不快・不安になるかどうかを基準に考えてみれば良いのではないでしょうか。

 

まとめ

どうしても稼がないといけない理由がある時に、病気で仕事を休むのはつらいですよね。

ただし自分自身のためにも、接客業でお客さんに不愉快な思いをさせてはいけないという意味でも、無理はよくありません。

余裕を持って仕事をすることができるように

・稼ぎやすいお店を選ぶ

・予算・返済などは余裕を持って考える

・出勤は普段からコツコツと

・いざという時のために貯金をしておく

ようにしましょう!

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

新橋はじめてのエステ