デリヘルなら深夜の帰宅は無料で楽チン送迎!家が遠い場合は?

     - 待遇・環境, デリヘル ,

デリヘルなどの風俗店って深夜も営業していますよね。

お店によっては、終電後の深夜~朝方も営業しています。

じゃあ、この時間帯に働きたければ

朝まで働かないと帰宅の足が無い?

どうしても帰りたければ、マイカー通勤?それともタクシー自腹?

そんな心配は無用です。

デリヘル系風俗店には、専属ドライバーがいます。

事務所⇔お客さんの家やホテル

女性を送迎してくれるあの車ですね。

お仕事のための送迎だけでなく、深夜お仕事が終わった女性が帰宅する時には、ちゃんとデリヘル車で送って貰えます。

お店の車なら安心だし、着くまで居眠りしていても大丈夫なので楽チン♪

でも風俗で働く女性の中には

「家まで送ってもらうと、近所や同居人に風俗で働いていることがバレそう…」

「私の家、隣の県だから遠いんだけど…無料で送って貰えるのかな?」

という心配をしている人もいるのではないでしょうか。

風俗で深夜勤務した後の送りについて、解説します☆

%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8

デリヘルは専属送迎ドライバーがいるのが普通

風俗店は大きく分けると3種類

・お店の中で接客する店舗型風俗

・店頭で受付し、近くのラブホテルやレンタルルームでサービスする受付型風俗

・お客さんのいる自宅やホテルへ女性を派遣する無店舗型風俗

です。

無店舗型風俗=デリバリー風俗店だけは、深夜24時を過ぎても営業することが法律で許されています。

ですから終電がなくなった後から始発までの深夜・朝方は、デリヘルにとって、ライバル店がいない=忙しい時間帯です。

夜は客数が多く稼ぎやすいので、遅番(夜番)で出勤する女性も多いです。

ただ皆が夜から朝までフル勤務するわけではありません(^^;)

風俗は自由出勤OK、副業バイトとしての勤務OKですから、短時間だけ働く風俗嬢はたくさんいます。

そこで専属ドライバーのお仕事は

・お仕事の予約が入ると、女性をお客さんの居場所まで送り届け、コース時間が終わると迎えに行く。

・勤務が終わった女性を家まで送り届ける。

この2つになります。

終電~始発までの時間帯に勤務を終え上がる女性は、ちゃんと送ってもらえるので安心して下さいね。

送迎で風俗バレはまずありません

風俗未経験・初心者の女性のために言っておくと、デリヘル車は普通の自家用車です。

繁華街を走っている、ホストクラブや高収入求人サイトの宣伝カーみたいな車ではないので安心して下さいね(笑)

また深夜帯ですから、静かに家の前まで送ったら速やかに走り去るデリヘル車を目撃する人自体がまずいないでしょう。

万が一、心配性の家族・同居人がいたり、近所に異常に詮索好きの監視人がいて、深夜でも朝方でもずっと窓から覗いているというならば…

息が詰まりそうですね、一人暮らしか引越しをオススメしたいです(笑)

そんな場合は、家より少し手前で降ろしてもらうこともできます。

遊びに行く時は都合のいいところまで送ってもらえるので安心

風俗のお仕事で稼いだ後、友達と会ったりどこかへ遊びに行きたい場合も大丈夫♪

近場の繁華街や、事務所から自宅までと同じくらいかそれ以下の距離なら、問題なく送ってもらえることがほとんどです。

タクシー代が浮くので助かりますよね。

ただデリヘルドライバーや車の数には限りがありますから、前もってお店に送り先の変更を伝えておくことと、時間に余裕を持つことは、忘れないで下さいね。

お仕事についた女性の送迎、他の女性の帰宅と被ることもあります。

そういった場合、お店やドライバーは、ギリギリの時間でうまく工夫して回しているので、優先順位は

①お仕事に行く女性の送迎

②近い距離に帰宅する女性

③その他

になってしまいます。

これだけは理解して下さいね☆

送迎ありの風俗求人

かなり遠いと有料(一部負担)の場合も

キャバクラなどの勤務経験がある女性は、帰宅の送迎車って有料じゃないの?と不思議に思うかもしれませんね。

水商売の場合、出勤は自腹タクシー、帰宅は自腹タクシーか一定額負担での送迎車利用

これが普通ですよね。

デリヘル風俗の送迎は基本的に無料です。

ただし

お店から家まで1時間以上

高速を使わないと行けない

などかなりの遠方の場合は、さすがに完全無料とはいかない場合が多いです。

ガソリン代もかかりますしね…

そういった場合でも自己負担は500円~1000円程度、都道府県をまたいでの長距離でも2000円までです。

金額はお店によって異なるので確認してみて下さい。

自分でタクシー代を払うよりは圧倒的に安いし、ネカフェで始発を待ち疲れたまま帰宅するより、ずっと楽です。

他にも、自宅がとても遠い人が翌日も出勤なら、いっそお店の寮を利用するなど泊まりにしてしまうという手もありますよ。

まとめ

デリヘルのように深夜まで営業している風俗で働いて、帰りの交通手段はどうなるの?と心配している皆さん

デリヘルなら帰宅時も無料送迎が利用できるので、楽で安心ですよ。

終電を気にせず働けるのは、掛け持ちしている女性にとっても嬉しいですよね☆

勤務時間を1-2時間延ばしたり遅くするだけで、デリヘルの忙しい時間帯に当たるので、どうせ出勤するならこの時間を狙うのもオススメです。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

お店マッチング