ももジョブブログ

風俗のお仕事って時給換算するといくらなの?

     - お金のこと , ,

風俗 時給

この記事では、風俗のお給料について解説していきます。

風俗のお仕事は基本、日給制ですのでキャバクラなどと比較している女の子に分かりやすく違いなどを説明していきます。

ももジョブお店マッチング

風俗のお仕事は時給じゃなくて日給制!

風俗 時給02
風俗は、基本的に日給制のお仕事です。

キャバクラやガールズバーの様に時給でお給料を計算したりはしません。お客さん1人接客していくら。という形です。


【お給料は、全額現金で日払いです。】

風俗では、1人のお客さんを接客してバック10,000円×4人接客=40,000円がお給料です。雑費がないお店の場合なら、40,000円丸々、その日のうちに全額現金で受け取れます。

キャバクラやガールズバーの様に時給制ではありませんので、当日にお給料が全額受け取れるというわけです♪

【バック率は、50%~60%が相場】

お客さんが支払う金額に対して、いくら女の子が受け取るかがバック率です。例えば、60分コースで20,000円なら、10,000円(50%)が、1人あたりのバックになります。基本時間のバック+指名バック+オプションバック=女の子のお給料になります。

風俗は、時給換算するとどれくらい?

風俗 時給03
さて、ここからが本題ですね。

風俗は日給制のお仕事というのは上で説明しました。4人接客して、40,000円はいいけれど、一体合計で何時間働くのか気になりますよね。先ほどの例だと、60分が4つです。

実働時間は、4時間ですので、時給10,000円になります。ここから雑費を引かれないお店なら丸々お給料として受け取れます。

時給10,000円ってスゴイですよね(^_^;)

ファーストフードの10倍です。これに+α指名バックとオプションバックが加算されて最終的なお給料になります。

※この記事は、2015年の5月に書いていますがここ最近はキャバクラよりも風俗を選ぶ女の子が多くなっていますね。「手っ取り早いし、稼げる。」というのが理由のようです。


【しかし、風俗は完全な出来高制】

時給制ではないので、お客さんがこなければお給料は0円です(^_^;)1人接客すれば確実にお給料は貰えますが、こなければ何もありません。

→大切な事はお店選びです。集客力のあるお店で働くことが出来ればこの部分の心配はしなくてよくなります。


【店舗型と無店舗型でちょっと変わります。】

平たくいうと、「デリヘル」「箱ヘル」の違いです。

 

デリヘルの特徴

  • 90分・120分以上のロングコースが多い(お金に余裕のあるお客さんが多い傾向のため)
  • 営業時間が長い(24時間OK)
  • 60分のコースでも移動含めて、100分以上かかるコトもある。

1人あたり、20分前後は移動時間を覚悟しておいた方が無難です。

60分コースを4人なら+80分前後は移動時間として考慮してください。つまり、出勤から退勤まで5時間半で、お給料が40,000円超です。(指名バック+オプションバックは一旦計算しません。)

つまり、実質の時給は8,300円前後になります。

 

箱ヘルの特徴

  • 0時で営業終了
  • 60分以下のコースが圧倒的に多い
  • 移動時間はなし

箱ヘルの場合は、移動時間がありませんが、バック金額がデリヘルよりも平均的に下回るため5人~6人接客してデリヘルと同じくらい稼げる計算です。(平均的には)

つまり、実際つの時給は8,000円前後になります。

デリヘルも箱ヘルも一長一短です。

正直、一長一短ですね。箱ヘルは、1人あたりの単価が低いため接客人数が少ないとお金になりません。

デリヘルの場合は、1人あたり10分~30分くらいの移動時間を覚悟しておいた方がいいでしょう。

それと、流行っているお店は流行っていますし、流行ってないお店は流行っていないという事は覚えておきましょう。

こちらで説明した例はあくまで全体の平均になりますので、お店によってピンきりです。 あくまで傾向として覚えておいて下さいね☆

キャバクラの時給ってどれくらい?

風俗 時給04
風俗のお仕事を時給換算したら、キャバクラとの比較がきっと気になってきますよね(^^)

そこで、都内の事情を少し説明してみます。

3,000~4,000円

3,000円よりも低い時給のキャバクラは稀です。ですのでココらへんがキャバクラの最低時給だと思って下さい。

4,000~5,000円

最も多い時給です。この金額帯が都内の平均ですね。

5,000~6,000円

新宿や六本木・銀座などの平均です。集客数・客単価ともに1つ抜けていますので都内平均よりも1,000円~2,000円高くなります。

7,000~8,000円

キャバクラの中でも高時給ですね。最初からこの時給で働ける女の子は少数です。お店側からそれなりに高い評価をもらえている証拠でもあります。

9,000円以上~

稀な例ですので、参考にしないでほしいのですがどこの世界にも例外はいます。モデル並の容姿や実績が求められますが、六本木周辺では珍しい話ではありません。


と、ざっくりですがキャバクラの場合はこんな感じで時給をもらえます。

×労働時間=基本給が決まり、そこから更に、ボトルバックや売上バックが加算されます。


【ちょっと裏話】

裏側のことについて少しお話しますね。キャバクラの世界では、女の子の見た目にランクをつけます。

例えばこんなランクです↓↓
A
B+
B
B-
C+
C
C-

Aがすごく可愛い。 C-がブスという認識です(^_^;)上の記号ほど良い評価になります。
※アルファベットの後に記号がありますが、そういった業界の慣習だと思って下さい。

面接の時には、顔面・スタイル・身長などの容姿を見ます。 性格は二の次です。どんなに性格が良くても、ほとんどの場合は容姿で値段が決まる世界です。

裏側では、こういう評価をされてるんですよ。「今の子は、B-だから時給は、4,500円!」という形です。

ちなみにですが、化粧が上手ならランクを1つごまかすことは可能です☆1つランクの評価が違うだけで、500円~1500円くらい時給に差がでます。

風俗とキャバクラのお仕事を比較した記事をこちらに書いていますので是非一読下さい>>

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャバクラの平均時給は、4,000円前後。風俗の平均時給は、10,000円前後(時給換算)

単純に時給で考えた時は、風俗の方が稼げますね☆

もちろん、この部分の話は一概には言えません。(言える訳ありません。)女の子個人によっても容姿や性格に個性があり、それとマッチするお店を探す必要があります。あくまで都内の平均で解説しましたので、「ざっくりこんなイメージなんだ」という認識を持ってもらえればと思います(^^)

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング