ももジョブブログ

セクキャバで稼ぐためには?容姿だけではない簡単なコツを伝授!

%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%af%ef%bc%9f_compressed

セクキャバとは「セクシーキャバクラ」の略で、ヘルスなどの風俗店とキャバクラなどの飲み屋さんとのちょうど中間ぐらいのサービスに当たります。

お仕事内容はお店により多少の差はありますが、原則的にキスと胸舐めはどのお店でもありと考えて下さい。

 

セクキャバに限らず、風俗系のお仕事における面接の合否基準の一つには「容姿」があります。

確かに容姿は大事な採用基準ではありますが、採用基準は容姿だけではないのも事実です。

そして、面接採用基準は業種やお店ごとのコンセプトにより、まさに千差万別です。

この記事では業界歴15年以上のももジョブ運営スタッフが、面接基準における容姿について、セクキャバに絞って話を進めていこうと思います。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

ももジョブお店マッチング

 セクキャバの面接・5大採用基準

セクキャバはもちろんのこと、お店というのはそれぞれ異なるコンセプトだったりカラーがあります。

つまりはお店により採用基準は様々です。

なので、セクキャバの採用基準!と言っても、なかなか一概にはビシッと言えないところがあるのですがそうも言っていられませんので、私がセクキャバの面接担当官の方100名さま以上に徹底アンケートを敢行しました。

面接官

その結果により、浮かび上がってきたセクキャバ面接官がチェックする重要ポイントは以下の5項目です!

容姿

まずは、ズバリ「容姿」「ルックス」。平たく言えば「顔」です。

初対面の人間同士、まずどこを見るかといえばそれはもうほぼ顔ですよね。

単純にかわいいか否かというのが、セクキャバ含め風俗業界では面接の採用基準の一つになっています。

それプラス、お店のコンセプト・カラー・年齢層に合っているかどうかというのも大切なポイントになってきます。

コンセプト

基本コンセプトが清楚系の女性のお店に、派手系のかわいい女性が面接に行ったとして、それはそれでもちろん歓迎されるのですが、歓迎度は清楚系のお店さんの方が上回ります。

逆も、もちろんしかりです。

プラス年齢層も大事です。

お姉さん・若妻系のコンセプトのお店に、ロリ系の女性が面接に行ったとしても、ロリ系のお店に比べると歓迎度は…。

お店のコンセプトはホームページから大まかに想像はつきますので、募集を考えている女性は事前チェックをオススメします!

スタイル

顔の次はスタイルです。視線がだんだん下にさがってきますね(笑)

しかし、セクハラではありません。

スタイルも大事な要素なのです。

ここで覚えておいて頂きたいのですが、面接は基本的には採用するという方向性で進められるものです。

面接官により細かくは異なりますが、面接は基本的には加点方式で行われます。

加点方式

そう。全ての要素が合格点でなくてもいいということです。

というか、そんな完璧な女性はあまりいません。

仮に、容姿が少しだけ採用基準に満たないとしても、胸が大きい・スタイルがいい。

逆に、胸が小さい・スタイルが少しよくないとしても、容姿がかわいい。

この2つのパターンはどちらも採用の可能性がです。

人は誰でも何かしらの長所を持っているのです。

容姿・スタイル以外にもその長所が一つ二つと見えてくれば、面接官は前向きに採用を考えるものです。

今まで生きてきて他人に褒められた所はどこでしょうか?

ぜひ、思い出してみてください。

愛嬌

セクキャバは接客業です。

キスなどのプレイもありますが、話す時間は風俗よりも基本的には長いです。

なので、愛嬌は風俗よりも求められてくる場合が多いです。

愛嬌とは何でしょうか?

いろいろな要素がありますが、一番大きい要素はズバリ笑顔です。

笑顔

面接官と対面してまず最初に笑顔!これだけで、採用の可能性はかなり上がります。

逆に笑顔が出せずに真顔の女性は…。

お客様にもこんな感じで接してしまうのだろうか…?

と捉えられてしまい、採用の可能性は大きく下がります。

せっかく時間とお金をかけて面接に来たのに不採用ではもったいないですよね。

貴女の笑顔は、目の前で話している人の笑顔を生みます。

そして、笑顔でいると自然と気持ちも軽くなってきます。

結果として稼げるようになってきます。

愛嬌・笑顔は、ある意味「容姿」「スタイル」といった外見的な要素をも超える魅力だとも言えます。

女性からしても、たとえイケメンでもずっと真顔の男性よりかは、少しぐらい容姿が…でも笑顔が素敵な男性の方が一緒にいて楽しいものだと思います。

簡単な事ですよね。

 

出勤頻度(=やる気)

 どんなに魅力的な女性でも、実際にお店に出勤してくれなければ1円もお金は生み出してくれません。

出勤頻度が多く、真面目にお仕事してくれる女性がどれほどありがたいことか…。

どのお店さんも思っていることです。

仮に、万が一、上記3つの基準を今ひとつ満たしきれていない女性でも週6など高頻度での出勤が可能など、高いやる気・モチベーションをアピールできれば採用となる確率は高いです。

モチベーション

逆に上記3つの基準を満たしている女性でも、出勤頻度が極端に低いと採用が難しくなってしまう可能性もあるかと思います。

各お店さんがどのぐらいの出勤を求めてるかというのは、お店さんにより基準が異なりますのでご自身で確認して頂ければと思います。

時期によっても基準は異なってきますので、出勤頻度というのは何気に深い要素だったりします。

エロさ

セクキャバにおける最も重要なサービスは、ズバリ!キスです。エロさ

キスが好きで、自然と濃厚なキスが出来るか・もしくは仕事として事務的な空気を出さずに積極的に濃厚なキスが出来るか…。

これが出来る女性は、セクキャバにおいてはどんどん稼げるようになります。

堅苦しい言葉で表現すると、お客様に積極的に奉仕する精神があるか。

接客業における最も大事な要素ですね。

セクキャバにおいては、それがエロさということです。

エロい子というのはキス以外のサービスもどんどん積極的にやってくれるものなので、お店さんは、そんなエロい女性というのを必ず求めています。

エロさはかなり大事なポイントなので、後ほどもう少し深く掘り下げてお話させていただきますね。

 

セクキャバではどんな女性が人気になるの?

前章ではセクキャバの面接における採用基準を5つ紹介させていただきました。

この章では採用された後のことをお話させていただきます

セクキャバでは、どんな女性が人気になるのか?

疑問

その疑問の答えが事前にある程度把握できれば、貴女がセクキャバに向いているかどうかというのも、更に明確になるかもしれません。

ご自身と照らし合わせて読み進めていただければと思います。

 

 容姿だけでは不十分なんです

もちろんお店のカラーにもよるのですが、原則としてあるのはセクキャバにおいては容姿にプラスして「笑顔」「愛嬌」など性格面がいい女性が有利なのです。

愛嬌

もっとも、これはセクキャバに限らずヘルスなどでも同じですし、風俗業界に限らずどのお仕事にも共通することかもしれませんね。

笑顔・愛嬌が十分に備わっていれば、派手系の容姿であろうと清楚系の容姿であろうと、幼く見えようとお姉さまに見えようと、まず他の女性に比べ優位に立ちやすいことは確かです。

というのも、次に挙げるセクキャバのお仕事内容の特徴にもその理由があります。

 

セクキャバのお仕事内容の特徴から考えると…

セクキャバという業種において、ほとんど全てのお店で共通の具体的な必須サービスといえば、「キス」「胸舐め」ぐらいです。

セクキャバは、ピンサロのように短い時間で数多くのお客様に対してひたすら口でサービスをするという業種ではないですし、ヘルスなどのように必須プレイの幅も広くないので、自然とサービスをする時間にプラスして、普通にお話をするだけの時間も生まれやすくなります。

当然、会話・コミュニケーション能力が女性には求められるということになるのです。

男性というのは、会話が盛り上がったりノリが合ったりする女性とエロい行為をすると、すごく盛り上がってくれるものなのです。

盛り上がる

話が合わない女性との盛り上がりと比べると、その差はかなりのものがあります。

いくら性欲が強い男性といえど、「容姿なんかどうでもいい!女性なら誰でもいい!」と思っている男性は実際のところは少数派なんです。

でも、話が盛り上がりすぎてサービスがあまり出来なかったというのもNGなので、バランス感覚が大事ですね。

楽しい会話とエロいサービスの二つでお客様をおもてなししてあげられる女性は、かなり稼げます。

 

セクキャバで求められるエロさとは

前の章で軽く触れましたが、この章ではセクキャバにおいて求められるエロさのポイントについて、さらに深く掘り下げてお話していこうと思います。

 

事務的ではないエロい濃厚なキス

 風俗と同じで、セクキャバもキスがかなり大事なサービスになります。

むしろ、セクキャバのメインサービスは他でもないキスなので、キスが満足に出来ない女性は人気になれる可能性が極めて低いでしょう。

逆にいえば、キスがすごく上手な女性は他に容姿などのちょっとしたマイナスポイントがあったとしても、そのマイナスを大きく乗り越えられる可能性も多いにあります。

一言で言うと、事務的なキスではなく本気モードのエロいキスをお客様は求めています。

セクキャバは通常、1セット40分として最低2人以上の女性が一人のお客様に付きます。

ということは、お客様は40分の間に複数の女性のキスを比較することが出来るのです。

比較

稼ぐためには絶対に必要な本指名を取るには、他の女性より魅力的なキスをすることが一番の近道です。

容姿は好みの部分もあるので、努力ではどうにもならない部分もあったりしますが、キスはご自身の努力でいくらでも魅力的にすることが出来ます。

お客様は、容姿が同じぐらい好きな女性が複数いたとして本指名をどちらにするか決めるポイントはキスだ、という場合が多いのです。

 

 お客様の責めに対するエロい反応

キスで興奮したお客様は、女性のことを責めてきます。

そこでエロい反応が出来るかどうか…ここも大事なポイントです。

セクキャバはヘルスなどの風俗とは違い、基本的には下は使いません。

なので、おのずと胸への責めが中心になってきます。

胸

ちなみに、キスも胸を責められることも本当に好きな女性なら何の問題もないのですが、特に好きではない女性の場合は、演技が求められます。

キスで上手く濃厚な演技が出来たとしても、胸を責められたときに真顔に戻ってしまってはせっかくのキスの演技があまり意味がなくなってしまいますので、やるなら最後までしっかり演技しましょうね!(笑)

なんだかんだ、男性は自分の責めに対してエロい反応をしてくれる女性が大好きです。

その特性を知り、本指名をどんどん増やしていきましょう!

 

お客様のことを積極的にエロく責める

逆に女性がお客様を責めるパターンも、責められるのがどうしてもダメな一部のお客様を除けば基本的に喜ばれます。

責めると言ってもセクキャバではお客さまの衣服を脱がすわけにもいかないので、衣服の上から、もしくは衣服の隙間から手を入れるだけなど風俗店に比べると極めてソフトなものになります。

しかし、セクキャバというシチュエーションのおかげで効果は想像以上に大きいのです。

効果大

それにお客様を責めている間は、キスも胸舐めもされることはありません。

お客様が喜ぶだけではなくご自身が楽になることにもつながりますので、覚えておいて損はないでしょう。

風俗と同じでバリエーションが豊富なサービスが出来る女性は、お客様からの人気を得ることが出来ます。

 

セクキャバで稼ぐために!貴女の容姿を活かす簡単なコツ

セクキャバで働く時にしろプライベートな時にしろ、自己プロデュース力というのは結果を出すための大事な要素の一つです。

自己プロデュース力というと難しそうに聞こえますが、決してそんなことはありません。

一番簡単な自己プロデュースといえば、「ギャップ萌え」です。

人というのは男女問わず、見た面からは想像できない他人の姿を垣間見るとキュンとくるものです。

キュンとくる

男性のギャップ萌えとして定番なのは、怖そうな見た目の男性が高齢者や子供や動物といった力の弱い相手に優しくしてる姿に萌える…といったのがありますね。

そういった類のギャップ萌えを、セクキャバでの仕事中にも狙っていくのです。

この章では大事なポイントに絞り、容姿の系統別にギャップ萌えの作り方をお話します。

セクキャバで稼ぐためには必見ですよ!!

 

清楚系の容姿→エロエロなキスや責めに対する反応

清楚系とは、簡単に言えば黒髪・ダークブラウンなどの暗い色の髪見た目が幼そうなどの系統の容姿の女性のことを指します。

男性はそういう見た目の女性に対し、勝手に「エロいことは苦手そう…」というイメージを持ちがちです。

そのイメージを逆手にとり、濃厚なエロいキスや、責めに対しエロい声を出したりなどの反応を意識して実践すると、男性はギャップ萌えを感じてくれます。

そして、「こんないい子だったら本指名したい!」と思ってくれる可能性は高まります。

お客様は本指名をするときは、通常料金にプラスアルファしてお金を払わなくてはなりません。

お客様の本音は1000円でも安く遊びたい!です。

安く

その本音を破って本指名料を払っていただくには、ある種感動に近い感情を持ってもらうのが一番です。

ギャップ萌えは、一種の感動をお客様にもたらしてくれるのです。

 

派手系の容姿→恥じらいを見せつつも、エロいキスや反応を見せる

派手系とは、簡単に言えば金髪・明るい茶髪などの明るい色の髪気が強そうなどの系統の容姿の女性のことを指します。

男性はそういう見た目の女性に対し、勝手に「しょっちゅうエロいことをしてそう…。恥じらいなんかないだろうな…」というイメージを持ちがちです。

そのイメージを逆手にとり、恥ずかしがりながらのエロいキスや、責めに対し控えめなエロい声を出したりなどの反応を意識して実践すると、男性はギャップ萌えを感じてくれます。

お客様が払う本指名料は2000円辺りが相場です。

たがが2000円、されど2000円です。

お客様にとって本指名料の2000円は決して低いハードルではないのです。

ハードル

逆に本指名のお客さんを掴んでしまえば、仕事が楽になり稼ぎも増えます。

いろいろ工夫して努力する価値はありますよ!!

まとめ

この記事ではセクキャバと容姿の関係性についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

セクキャバに限らず、男性のお客様に対して何らかの性的なサービスをするお仕事というのは、容姿も少なからず大事なのは間違いありません。

しかし、容姿だけでは売れっ子になることは難しいのです。

売れっ子になるために必要なのは、容姿のように大きく変えることが難しいものではなく、エロさ・気遣い・ちょっとしたコツなどです。

ご自身の意識次第で今日から変えられるものなのです。

そう。簡単なのです。

 

容姿に今ひとつ自信が持てない女性でも、意識次第で売れっ子になれる世界がセクキャバなのです。今回の記事が皆様の参考になれば嬉しいです。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング