ももジョブブログ

デリヘルをサラッと辞める方法と、人生設計にフル活用する方法

%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%83%87%e3%83%aa%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95

何事も始まりがあれば終りもあります。

デリヘルのお仕事も同じです。勇気を持って始めたデリヘルのお仕事もいつか引退する時が来ます。

そのタイミングというのは女性によりバラバラですが、業界歴15年以上・10000人以上の女性を面接させていただいてきた私がよく受ける質問の一つに、こんなものがあります。

「デリヘルって、辞めたいと言ったら普通に辞めさせてもらえるもんなんですか?」

 そう。デリヘルは一回始めたが最後。そう簡単には辞めさせてもらえない…。

 

答えはNOです!ただの都市伝説に過ぎません。

このご時世そんなことをやっていたら、あっという間にネットで告発されてそのお店は終了となってしまいます。

しかしながら、こういったよくないイメージが、未だにデリヘルには付きまとっているのです。

結論から先に申し上げると、デリヘルは普通のお仕事と同じようにご自身の意思で辞められます。

今回の記事では、デリヘルを辞める時、そして辞める時に心がけておいてほしいことについて書いていこうと思います。

デリヘルを今から始める女性にも、そして現役の女性にも。

どちらの女性にも役に立つ情報が満載です。

どうぞ、最後までお付き合いくださいね!

 

ももジョブお店マッチング

デリヘルで働くときに心がけて欲しいこと

今からお話しすることは、すごーく長い目で見た時に必ず必要な事ですので、ぜひとも覚えていてください。

それは…

金銭感覚を狂わさないように注意してください!

ということです。

デリヘルは、短時間で効率よく高収入が得られるお仕事です。

一日に5万以上稼げる事も普通にあります。

しかも日払いで、毎日少なくないお金が手元に入ってきます。

これは、気を抜くと完全に金銭感覚が狂います。

金銭感覚が狂うと、何が良くないのか?

そう。デリヘルを辞めた後、普通のお給料相場のお仕事を始めた時に、デリヘル時代のお給料とのギャップに苦しむことになります。

苦しむ

このような事態に陥ったことがある女性に話を聞いたことがありますが、とにかくストレスがたまってしまい、大変だったそうです。

このような事態を防ぐ方法はただ一つ。

デリヘルをしてお金に余裕がある時も、むやみやたらにお金を使うことは辞めておきましょう。

稼いだお金はどんどん貯金して、将来の人生に役立てていきましょう。

もちろん、多少の贅沢だったりお買い物はしてもいいと思います。

大事なのは加減です。ぜひ、覚えておいてください。

デリヘルの上手な辞め方

さて、本題に入ります。

繰り返しになりますが、デリヘルは辞めようと思えば簡単に辞められます。

ですが、それはいわゆる「飛ぶ」という意味ではないですよ!(笑)

ここでは「簡単に辞める」よりもう一つ上のレベル「円満に気持ち良く辞める」ための方法をご紹介いたします。

在籍中はきっちり結果を残す

結果を残すとは、なにもナンバーワンになれとかいう難しいことを言っているのではありません。

最低限、自分を選んでくれた目の前のお客様に対して常にその時出来るベストを尽くす、ということです。

これを繰り返して、お店からもお客さまからも一定の評価を得ていれば、辞めるという意思を示した時に全力で引きとめられるようになります(笑)

止まれ

しかし、これこそが円満に辞める秘訣なのです。

デリヘルに限らず、どのお仕事も辞める時は全力で惜しまれるぐらいでなければ、次のお仕事でも成功出来ないと言われます。

考えてもみて下さい。

もし貴女がお店に「辞めます」と言ったときに、「あ、そうなの?ふーん。まぁお好きなようにどうぞ~」と言われたらそれはそれで嫌じゃないですか?

「ええええ!辞めちゃうの??ちょっと待ってください!なんか嫌な事でもあったんですか?解決するので話してください…」などと引きとめられる方が嬉しいのではないでしょうか?

そしてきっちり頑張る子が辞めるとなれば、お店さんは最後の一日まで少しでも稼げるように全力で応援して下さいます!

逆に稼ぎが増えて辞めづらくなってしまうかもしれませんね(笑)

なるべく早く辞めるという意思を明確にしておく

これはデリヘルというよりかは、一般常識に近いものがありますが、お仕事というのは「明日辞めます」と、いきなり宣言しても通常はそれは許可されません。

それなら、飛んじゃえばいいじゃん!…とは思わないようにしてくださいよ!(笑)

出来れば1か月前ぐらいに宣言しておきたいところです。

これは最低限の常識…というよりかはお世話になったお店さんに対するマナーみたいなものかと思います。

なるべく早く宣言しておけばお店さんも辞めるというのを受け入れやすくなるのが普通です。

そして、最後の1か月はお世話になったお店さんのためにもラストスパートでガッツリ稼ぎましょう!

ガッツリ稼ぐ

 

デリヘルを辞めた後のための準備をしておきましょう

ここからは、デリヘルを辞めた後に少しでも金銭面でギャップを感じないようにするための方法を伝授いたします。

ちょっと小難しい話になるかもしれませんが、人生設計の一つの手助けになれば幸いです。

ズバリ!オススメはデリヘルに勤めながら待機時間などでいろいろ勉強することです!

※とあるお店のNo.1の女性は、働きながら空き時間で簿記の勉強をしています。

 

勉強のやり方はいろいろです。

たとえばデリヘルを週4できっちり働いて、残りの日を勉強する日に当ててもいいでしょう。

逆に、デリヘルを週6でガッツリ働いて、勤務中の空き時間に少しずつ勉強するでもいいでしょう。

デリヘルは自分のやりやすいペースで仕事が出来るという便利なお仕事です。

しかも高収入を稼げます。

そういう好条件をフル活用しながら、次の人生のステップに向けて専門的な知識や資格を身につけておけば、デリヘルを辞めた後の転職先にも好条件で就職出来ることは間違いありません。

専門的な知識や資格があるのとないのとでは、デリヘルを辞めた後の人生の充実度が違ってきます。

専門的な知識・専門的な仕事が出来る、ということは簡単に貴女の変わりは見つけられないということです。

変わりがいない人材には、通常は相場より高いお給料が支払われるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ほとんどの女性にとって、デリヘルで働いている期間より、辞めた後の人生の方が遥かに長いので、自由なペースで働けるデリヘルにいる期間をフル活用して、上手な人生設計をしていきたいですね!

デリヘルは自分のペースで高収入が得られる素晴らしいお仕事ですし、辞める時もごく普通のマナーを守れば、何の問題もなく普通に辞められるのです。今回の記事が皆様の参考になれば嬉しいです。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング