ももジョブブログ

性病とは無縁!?風俗エステっていったいどんなお仕事内容なの??

エステは、最近風俗業界で急速に勢力を伸ばしている業種です。

エステがなぜ勢力を伸ばしているかについては、いろんな要因があると思われますが、そのうちの一つには間違いなく入ると思われるのは、性病リスクの低さです。

安心

私は風俗業界に15年以上いまして、10000人以上の女性を面接させていただいた経験がありますが、風俗業界未経験者・経験者問わず、ほとんどの女性が性病の事を多かれ少なかれ心配されています。

しかし!エステにおいては、働く女性も遊ぶ男性も性病にかかる(もしくはうつされる)リスクは限りなく0%に近いのです。

この記事では、エステの特徴を性病リスクの低さを中心に、複数の観点で紹介していこうと思います。

エステを考えていらっしゃる女性もそうでない女性も、ぜひ最後までお読みくださいね!

 

ももジョブお店マッチング

エステにおける性病リスクが低い根拠とは?

まず、基本的な知識・前提として初めにお持ちいただきたいのは、エステはもちろんのこと、風俗=性病ではないのです。

違う

仮にキス・フェラなどの、口を使うサービスをする必要があるヘルスなどの業種で働いたとしても、そこまで頻繁に性病になることはありません。

※そんなにリスクがあるお仕事なら、風俗店はここまで巷に増えないです。

そして、風俗においてかかる性病は、統計的に「クラミジア」「淋病」の2つが大部分を占めています。

これらを確認していただいたうえで、この先に読み進めていただければと思います。

 性病にかかるメカニズムを確認しよう

一言で申し上げますと、性病は原因となる菌やウイルスが粘膜同士の接触により感染するものです。

接触

これはクラミジアも淋病も同じです。

粘膜とは、尿道口の中などのことを言います。

逆に言えば、粘膜同士の接触がなければ性病に感染することはないのです。

性病は風邪などのように、空気感染することはありません。

 まずは、この大原則を確認しておいてください。

エステとはこんなお仕事です

 お店により細かい違いは多々ありますが、大まかな共通点としては以下の順番でプレイが進みます。

  1. 通常のエステサービスとして、体のコリをほぐしてあげたりする、お客様のアソコを触れないサービス
  2. プレイ終盤に手でお客様のアソコを触り、出してあげるサービス

以上になります。

※プレイ前の体を洗う流れは、お客様が先に体を洗って待っているパターンと、女性が体を洗ってあげるパターンがあります。

※女性はオプションでOKにしていない限り、基本的には服を脱ぐことや体を触られることはありません。

そう。エステは基本的には服を脱ぐことが無いので、お客様に膣をさらすことがありません。

そして、基本的にはキスやフェラをしないのでお客様の口の中や尿道に接触することがありません。

安全第一

 つまり、性病になる物理的なメカニズムを満たしておらず、性病になることはほぼ100%あり得ません。

そんなエステについて、さらに詳しくお話していきます。

エステのメリット6つ

 前項と被る所が多いのですが…

メリット

  1. 脱がなくていい→たとえば体にキズやタトゥーなどがあっても、普通のヘルスほどのマイナスにはなりにくいです。
  2. キスやフェラなどの口を使ったプレイをしなくてもいい→風俗未経験の女性にとっても、ヘルスよりかはハードルが低いです。
  3. 触られない&責められない→風俗未経験の女性にとっても、ヘルスよりかは心理的負担が少ないです。
  4. 生理でも働ける→普通のヘルスより、月の出勤可能日数が多く取れます。
  5. 性病のリスクがほとんどない→キスやフェラなどによる粘膜同士の接触がないので、性病にかかる可能性が0に近くなります。
  6. 1人あたりのプレイ時間が長い→オナクラなどのようにショートタイムが無いので、せわしなく接客しなくていいです。1人辺りのお給料が多く、効率が良いです。

これらのメリットから見ても分かるように、エステは女性にとっては体の負担が極めて少ない上に、性病にほぼならない業種なのです。

じゃあ、みんなエステをやればいいんじゃ…?と思うところかもしれませんが、もちろんメリットだけではないのです。

※当然ですが、メリット・デメリットの両方があるというのは、エステに限らずどの業種でも同じことです。

次の項では、エステのデメリットについてお話していきます。

エステのデメリット6つ

デメリットというほど大げさではないのかもしれませんが…

デメリット

  1. 1人辺りのお給料がヘルスよりかは低い→プレイがヘルスよりもソフトなため、当然のことではあります。
  2. マッサージ経験がない女性は、必ずマッサージ講習や必要な知識を覚える必要がある→ヘルスのように、面接後すぐ働けるお店は少なめです。
  3. プレイがヘルスよりかソフトなため、採用基準がヘルスよりも高くなりやすい→プレイがソフトな分、女性からの応募はヘルスよりも多くなりやすく、お店さんはある程度女性を選べる傾向にあります。
  4. マッサージで男性の体を強い力で長時間揉みほぐすため、体力的負担がヘルスよりかは多くなりやすい→その女性のもともと持っている腕力・体力にもよりますが、日常で使わない筋肉を使う事がヘルスよりも多くなりやすいです。
  5. 会話能力がヘルスよりも求められる可能性が高い→序盤のマッサージ中、終始無言ではお客さんは面白くありません。
  6. 基本お客様から責められないため、自分からエロい雰囲気を演出する必要がある→序盤のマッサージ中から、フィニッシュに向けてのお客さんの期待感を高める演出が必要です。

上記に挙げたメリット・デメリットは、もちろん当てはまらない女性もいらっしゃるとは思いますが、ごく一般的に考えられるものとして挙げさせていただきました。

しかし、デメリットというのは、どの業種を選んでも結局は付いてくるものです。

それならば考え方一つで、それをメリットにしてしまえばいいのです。

エステの場合で言いますと…

  1. 1人辺りのお給料がヘルスよりかは低い→とはいえ、普通のお仕事に比べたら格段に高いお給料をもらえる!
  2. マッサージ経験がない女性は、必ずマッサージ講習や必要な知識を覚える必要がある→お金をもらえながら、今後の人生にも役に立つマッサージスキルが身に着く!
  3. プレイがヘルスよりかソフトなため、採用基準がヘルスよりも高くなりやすい→採用されたら、女性として自信が持てる!
  4. マッサージで男性の体を強い力で長時間揉みほぐすため、体力的負担がヘルスよりかは多くなりやすい→お金をもらえながら、体力がつけられる!
  5. 会話能力がヘルスよりも求められる可能性が高い→お金をもらえながら、会話能力が身に着く!
  6. 基本お客様から責められないため、自分からエロい雰囲気を演出する必要がある→お金をもらえながら、男性を魅了するエロさが身に着く!

何事も表裏一体と言われます。

このように、一見デメリットに思えるようなことも発想一つでメリットに変えられるのです。

このテクニックは覚えておいて損はないですよ!

 

エステにもいろいろ種類があるんです!

実は一口にエステといっても、いろんな種類があるんです。

一口にヘルスといっても、いろんな種類があるというのと同じです。

この章では、エステの種類として代表的なものを2つ簡単に紹介させていただきます。

エステを検討されている女性の皆様は、ご自身にどちらが合っているのかを考えながら読んで頂けると幸いです。

回春マッサージ

エステ業界でダントツの人気を誇る業種です。

店舗数も一番多いのではないでしょうか?

回春とは、字面通り「春が回ってくる(巡ってくる)」という意味ですが、それが転じて風俗業界では「精力が衰えたアソコを回復させる」という意味で使われています。

そう。回春マッサージとは「人助け」とも言える高尚なお仕事なのです(笑)

人助け

具体的なサービス内容は、お店により細かいところは異なるのですが、ここではごく一般的な内容を説明させていただきます。

睾丸蟻の門わたり(陰部と肛門の間)などのきわどい部位を、かなりのソフトタッチでマッサージします。そうすると、男性のあそこからはいわゆる我慢汁が溢れだしてきて、芯から元気になってくるような感覚になるのです。

その快感は手コキなどの直接的な愛撫よりか長続きし、どんどん精力が回復していく手助けとなるのです。

女性の皆様も大好きな方が多いであろう「じらし」みたいなものです。

じらされると、女性の皆様も感度が上がってくるような感覚を覚えると思います。

あの感覚をお客様に味わっていただく、というのが回春マッサージになります。

普通に手コキやフェラなどの直接的な愛撫をするよりも繊細な力加減が求められるので、多少コツが必要かも知れませんが、一度覚えてしまえば女性の皆さんにとっては、エロの強力な武器が増えることになります。

回春マッサージにより快感が極限まで高まった後の手コキは、かなりの快感となってお客様を大満足に導くのです。

※手は粘膜ではないので、お客様のアソコに直接触れても性病の心配はありません。

アロママッサージ

 こちらも回春マッサージと共に、人気のマッサージとなっております。

アロママッサージをした後に、回春マッサージもやるといった合わせ技を提供するお店も数多く存在します。

感覚的には、回春マッサージ前のマッサージといいますか…前戯の前戯みたいな感じです(笑)

ただ、性的な快感は回春マッサージの方が強いと言えるでしょう。

アロママッサージはどちらかといえば、全身のコリをほぐすなどの性的ではない意味合いの強いマッサージと言えるかもしれません。

アロマ

そのため、お客様に少しでも性的な興奮を覚えていただけるようコスチュームをエロくしたり、体勢をエロくしたりなどの工夫を凝らしているお店が多いです。

使用するアロマオイルはお客様に選んでいただくシステムを採用しているお店が多いです。

普通のカイロプラクティックのような、おっさんの力強いマッサージとは違う、違った種類の気持ちよさがアロママッサージにはあります。

アロママッサージも回春マッサージと同様に、多少コツが必要かも知れませんが、一度覚えてしまえば女性の皆さんにとっては、エロの強力な武器が増えることになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は徐々にメジャーになってきたものの、意外と詳しくは知られていないエステのお話を性病関連から始まり、いろいろとさせていただきました。

最後に一言お伝えしたいのは、エステはヘルスよりかは1本辺りのお給料は確かに少ないですが、努力次第で風俗並にたくさん稼いで頂く事が出来る!ということです。

そして、改めて強調したいメリットはエステは性病とは無縁に近い!というところですね。

 

性病というのは、風俗業界を考えるほとんどの女性が心配していることですので、性病の心配がほとんど無いということだけでかなりの安心感を得られると思います。

エステは、ヘルスと比べて仕事を覚えるまでに多少時間がかかるかもしれませんが、それも結局は時間が解決してくれます。

ヘルスもエステも、どのぐらいのお給料が稼げるかは、最終的には本人の工夫次第と言えるでしょう。

逆に言えば努力が報われる世界なので、普通の時給制のお仕事よりもやりがいはたくさんあると思います。

努力が報われる

皆様も、性病とは無縁に近くプレイもソフトなエステでのお仕事を、一度検討されてみてはいかがでしょうか?この記事が皆様の参考になれば嬉しいです。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング