ももジョブブログ

風俗で稼げない女性の特徴はコレ! アナタも稼げない共通点に当てはまってませんか?

風俗稼げない

稼げない風俗嬢の特徴や共通点はなんなのか? 

一般的なお仕事の5倍~10倍近く稼げるはずの風俗嬢という職業ですが、「売れない」「稼げない」女性はどんなお店にも少なからず存在します。

年間で、何百人もの女性を見てきた元風俗店店長の西海が、風俗で稼げない女性の特徴や共通点を解説していきます。この記事で説明する特徴に該当していたら注意が必要です。

また、稼げない風俗嬢から→稼げる風俗嬢になるための実践的な方法もアドバイスしていきます。

チェック

ももジョブお店マッチング

最初に「稼げる」の基準を説明します

稼げる

【風俗店に在籍している女性の中で平均以上が稼げると言える】

月100万円以上稼いでいる女性の中で、「稼げない」と嘆く女性はほとんどいないと思います。

「稼げる」という言葉は少しだけ曖昧ですので、まずは基準をお伝えします。

例えば、週3~4日出勤。
1日6時間~8時間前後働いた女性の場合なら、

・月収10~40万円 
→ 稼げない風俗嬢です。

・月収40~80万円 
→ 平均的な風俗嬢です。 

・月収80万円以上~ 
→ 稼げている風俗嬢です。

もちろんお店やバック率などによって稼げる/稼げないは若干違ってきますのが、ざっくりと説明すればこうなります。

パーセント

また、「本指名される率」で言えば10人新規のお客を接客して

・1人本指名で返ってくる
→ 稼げない風俗嬢です。

・3人本指名で返ってくる
→ 平均的な風俗嬢です。

・5人本指名で返ってくる
→ 稼げている風俗嬢です。

こういった基準で見ることも出来ます。

週1日。1日4時間しか働かない女性でも本指名率が高ければ、「稼げる風俗嬢」と言えます。

【看板レベルの風俗嬢はこのライン】

ざっくり月収80万円以上は、「稼げる風俗嬢」です。そして、稼げる風俗嬢から看板レベルの”かなり稼げる風俗嬢”のラインは以下です。

・ソープ → 月200万円 
・ヘルス(デリヘル&ホテヘルなど) → 月100万円
・ソフト系風俗店 → 月80万円

非常にザックリとした基準ですが、概ねこの様なイメージを持って下さい。

【月30万円以下or本指名率10%以下が稼げない”風俗嬢”】

ボーダー

稼ぎたいと思っている女性で、「月収30万円以下or本指名率10%以下」であるなら、稼げない風俗嬢になってしまっている可能性が高いです。

私西海の経験上、こういった女性には共通点があります。

以下の章で、それらを説明していきたいと思います。

稼げない風俗嬢の共通点と改善案

共通点
この基準に達していない女性は稼げない風俗嬢の仲間入りかもしれません・・・!

【接客内容】

接客内容
「容姿がダメでも接客良ければ全て良し」←こういった事がプラスに働き次もまた本指名してくれるお客さんが多いのが風俗業界ですから接客内容は本当に大切です。

・挨拶が出来ない。

お客さんと対面してから最初にする事は、「挨拶」ですね。

  1. 「はじめまして。りさです。 本日はご利用頂きありがとうございます。」
  2. 「こんにちは。りさです。 よろしくお願いします。」
  3. 「お待たせしました。 りさと言います。 呼んで頂きありがとうございます。」

どれも無難な挨拶です。もちろんどれでもOKですが、雑にするのだけはNGです。

「こんにちは~。よろしくお願いします。」 ← 実はNGです。自分の名前を言っていません。

風俗嬢に限らずですが日本では挨拶が普通に出来ない人=ダメな人という印象を持つ人が少なくありません。

このお仕事に慣れてくると、ある意味流れ作業や単純作業の様に振る舞う女性がいます。

気付かないうちにこういった挨拶をしている女性は徐々に稼げない風俗嬢の仲間入りをしてしまうかもしれません。。。

☆改善案

お客さんと対面した時は、①~③の様な挨拶をするだけ。

普通の事を普通にするだけでマイナスな印象を持たれなくて済みます。

「挨拶をしっかりしましょう」なんて、なんだかバカにされていると思う女性もいるかもしれませんが、出来ていない女性も少なくないんです。

・だるそうにしている。

だるい女性
だるそうな女性と一緒にいて楽しいと思う男性は少ないです。

以前働いていたお店では、お客さんにアンケートを実施していたのですが、「女性がだるそうにしていたので楽しめませんでした。」という声を頂くことがありました。

  • 「女性が疲れている様子だった・・・」
  • 「女性がだるそうだった・・・」
  • 「体調が悪いなら出勤しない方がいいのでは?・・・」

こういった声が実際にお客さんから寄せられていました。3つ目に関しては、実際に体調は悪くなかったのですが、だるそうにしていたが為にそう見られてしまった例です。

そして、こういった声を頂く時は出勤の後半が多かったです。1人目の接客では問題なくても、3人目、4人目あたりで気が抜けてしまう女性もいますから注意が必要ですね。

☆改善案

無理してノリノリで接客したほうが良いという意味ではありません。実際にだるくてもそれを相手に見せなかったり、少しだけでもいいので楽しい雰囲気を出すことが大切です。

特に1日の接客人数が3人を超える場合は、気をつける必要がありますね。

・返事をしない。

沈黙
例えば、デリヘルの場合は入室してから最初に料金を受け取る事がほとんどですが、お客さんからお金を頂いた時に「無言」の女性は結構いるんですよ(^_^;)

これは、常識的に考えてアウトです。

料金の高い風俗店を利用するお客さんほどこういった一般常識の部分を見ていますので、後々「指名数が減る」という形で自分に返ってこないようにしましょう。

☆改善案

「ありがとうございます。」と一言添えるだけで良いのです。すごく簡単ですよね。

・会話のキャッチボールが出来ない。

会話大切
「返事をしない」と少し似ています。 会話のキャッチボールは別に難しいことではありません。最低限の事でいいんです。

例えばですが、お客さんが話している最中に「上から被せて話し始める」だったり、サービスの時間を出来るだけ短くしたいからという理由でずっと話し続けるなど、自分を優先させる事はNGになります。

一般的に、8割は聞き役。残り2割は話し役が良いと言われています。(本当にそうです。)

お客さんの話がどんなに支離滅裂で、的外れで、面白くなくて、耳障りだとしてもしっかりと聞いてあげられる女性はやはりモテます。

稼げない風俗嬢さんの場合は、こういった部分をナイガシロにしがちですので注意が必要です。

☆改善案

多くの人達が認識している会話の基本を分かっておくことです。 「会話術」とう非常に親切な会話の基本を学べる可愛いサイトがありましたので、時間があればぜひ一度覗いてみてくださいね。

こちら→「会話の大原則」

【サービス】

サービス
実際のプレイの部分です。

いわゆる「手抜き」をしすぎる女性は稼げなくなる傾向にありますが、具体的にどこを手抜きするとダメなのかを説明していきます。

・フェラ

フェラ

ヌイて差し上げる時に「フェラ1割:手コキ9割」の割合だと、稼げない風俗嬢になる可能性が高いです。

フェラよりも手コキの方が楽なので気持ちはとても分かるのですが、残念ながらお客さんにもそれはバレています。

最低でも「フェラ5割:手コキ5割」です。

お客さん側から手コキを希望しない限りは、最低でもこの比率にしておく事が無難です。

・全身リップ

全身リップ

全身リップは、お客さんの身体をくまなく愛撫してあげるサービスになりますが、これをしっかりとしている女性は本当に少ないですね(^_^;)

店長をしていた時に、競合調査としてそれなりに風俗を利用しましたが、50人中4人くらいの割合でした。(あくまで西海の実体験)

とはいえ、こちらはお店のコンセプトによって大きく別れます。

例えば、素人系・学生系の風俗店では素人っぽさをウリにしているので、そんな女の子がいきなり指の間まで舐めてきたらちょっとコンセプトとズレる可能性があります。

多くのお店で、基本サービスに含まれておりますが、実際には「部分リップ」です。

乳首や腹回りをほんのちょっとリップして終了してしまう女性がほとんどですので、逆を言えばここをしっかりとサービスすれば(非素人店で)一生懸命さがお客さんに伝わり本指名に繋がる可能性がアップします。

・ディープキス

ディープキス

こちらは経験者なら知っていると思いますが、口臭がクサイお客さんは結構いますよね(^_^;)

タバコを吸ったり、コーヒーを飲んだりする男性は特にクサイ傾向ですので「ディープキスしたくない」と思っている女性も多いです。

だからといって、まったく「キス」しないのは手抜きになりますし、実際にお客さんからもそう思われます。

例えば、少しディープキスをしてみて→「口が臭くてやっぱり無理!」と思ったら普通のキスに移行する場合なら、お客さん側も「あれ?俺の口クサイのかな?」と思いますが、最初からキスを一切しない事は、相手に伝わりますので注意が必要です。

☆改善案

サービスに対する改善案ですが、 もちろん「手抜きをしない」とうアドバイスになります。

しかし、実際に手抜きをしない風俗嬢さんは稀ですので、少しだけ楽をする方法を教えます。

・フェラ

玉舐めしつつ、手コキ」

これがオススメです。 竿の部分をフェラしているとやはりアゴも首も疲れてきますが、玉舐めと手コキのセットなら疲労を軽減出来ます。 ちなみに、玉舐めの時は口に含んで口の中でコロコロするともっと疲れなくて済みます。

・全身リップ

乳首や腹回りだけをリップする場合は、たっぷりと唾液を含ませて舐めてあげるのがオススメです。唾液と舌を使って一瞬でも良いので濃厚な全身リップをしてあげましょう。相手の印象がだいぶ違います。

・ディープキス

普通のキス→ディープキスと少しだけでも良いのでお客さんにしてあげましょう。例えどんなに口が臭くてもです。凄く嫌だと思いますので、ちょっとでいいです。(15秒くらい)

ちょっとだけしてあげたら、自分から全身リップへ移行してください。男性側が積極的な場合は、乳首かクリトリスを男性に舐めてもらえるようにリクエストしてください。(他の部分でもいいですが)

【笑顔】

笑顔

どんな女性でも笑顔は大切です。 ギャル系、人妻系、お姉さん系、キツイ顔の女性やボーイッシュな女性も全員です。

笑顔が1番ナイガシロにされがちな要素なのですが、「キレイ事じゃなくて本当に大切なんです。」物静かで、クールなキャラの女性でも笑顔は絶対に必要です。

接客中ずっとニコニコしている必要はありません。 挨拶やシャワープレイ中などに時折見せる程度で大丈夫です。

ダメなパターンは、終始「ムスっとしている顔」です。リアクションが全く無かったりするのも同じですね。

お客さんとの会話がいくらつまらなくても「へぇ~。そうなんですね~。」と言いながら笑顔でいる事はこのお仕事ではとても大切な事です。

☆改善案

笑顔を意識する事と習慣の問題ですので本人の気持ち次第という事になります。 ただ、本当に楽しくないと笑顔になれない。とう女性もいると思いますので、そういった方は「やはり笑顔の練習しかありません。」アナウンサーがやっているように鏡の前で夜な夜な練習です。

もしもアナタが性格の悪い女性なら、「面白くない話をしているお客さんを心の中で憐れむように」見下してあげると自然と笑顔になれるかもしれません。 

【性格の部分】

性格
少し表現が難しい部分になりますが、「姿勢の問題」ですね。お客さんに楽しんでもらいたいと思う女性は、それが態度に出ますしサービス内容にも影響してきます。

「言葉遣いは敬語。でも話し方は上から目線。」 

対面しているお客さんに対しての話し方はもちろんですが、会話のネタとしてその場にいない誰かを持ちだしている時にも注意が必要です。 

「お客の話を聞いてあげる側じゃなくて、何故かアドバイザーになっている。」

お金を頂いている場になるので、自分は控えたほうが無難ですね。

「皮肉や嫌味を交えならが笑いを取る話し方。」

洋画によくあるシーンですが、これは多くの場合マイナスになります。

例えば、こういった性格の女性で稼げている人はほとんどいませんでした。 本人が自覚しずらい部分なので難しいのですが、お客さんをどう捉えているかは重要になります。

☆改善案

「演じること」←これに尽きます。

サービスを提供している時間内は、お客さんに交換を持ってもらえる様に「良い女性を演じることです。」 素の自分で指名を獲得出来ているなら何も変える必要はありませんが、指名が全く取れないならマイナスを1つ1つ消していくアプローチはとても有効ですよ。

【大事なこと】

大事なこと
全て『お客さんがどう思うか?』が重要になります。

お店側やお客さん側からしたら、「基本サービスなんだから全部しっかりするのが当たり前でしょ?」 という事になります。

 

しかし、私も長年多くの女性を見てきていますので実際に、全部しっかり出来る女性が少ないことも知っています。

「しっかりやりましょう」というのは正論ですが、女性からすれば「はいはい。分かったよ~。」となってしまうかもしれませんね。

現場を経験してきた私が思うに、「手抜きは毎月調節しながら加減を覚える」しかありません。

 

男性との相性だったり、女性の容姿だったり、少しくらい手抜きをしても相殺される場合がありますから、この加減は女性ごとに違います。

手抜きを推奨するわけではありませんが、結果お客さんからまた指名を貰えればOKです(また遊びたいと思っているわけですからね)

毎月もしくは、2週間毎に調節していくのも1つの手です。

 

人気風俗嬢に共通するのは、本指名の数

まとめ

上の章で説明した稼げない風俗嬢の特徴に該当しないだけでも“本指名は確実に増えていきます”

稼げない風俗嬢から脱却するには、本指名を増やすしか方法がありません(ほとんどの場合)

※新規客が毎日沢山利用するような繁盛店は、数えるほどしか存在しません。また。そういったお店に在籍していても稼げるのは最初の3ヶ月くらいまでです。

  • 入店1ヶ月目:新人期間でお客さんから注目もされやすく写真されやすい。
  • 入店2ヶ月目:徐々に新規客が減っていく。
  • 入店3ヶ月目:新人期間として認識してもらえなくなる頃。本指名がゼロならどんどん稼ぎは減っていく。

急激に稼げなくなる事はありませんが、毎月徐々に数字は落ちていきます。(本指名が無ければ)

1日8時間出勤する場合に接客人数の上限は大体5人です。

例えば、週4日出勤するなら1ヶ月で80人くらいの新規客に接客する計算になります。

例えば、本指名率が10%なら2ヶ月目には、8人のお客さんを確保出来ます。

本指名率が、20%なら、2ヶ月目には、16人のお客さんを確保出来ます。

本指名率の平均は、30%ですから普通にお仕事をしていれば24人のお客さんを翌月以降確保出来ます。

1人あたり、1万円のバックと計算しても毎月24万円はお給料が増えます(低めのバックで計算しています)

1ヶ月目は、毎日5人の新規客がいても4ヶ月目になると1日1人~2人に落ち着いています。

つまり、お給料が3分の1前後になってしまいます。

そうなる原因をお店側に求めるのはとても簡単ですが、まずは上の章で説明した共通点から見直すことをオススメします。

まとめ

まとめ2
いかがでしたか?

ちょっとした事を意識するだけでも、稼ぎにダイレクトに影響しますので意識してみる事をオススメします。

仮にですが、それでも稼げない場合は、お店のコンセプトや客層との相性が悪い場合もありますので、お店のスタッフさんと相談してキャラを微調整していくのか、いっそのことお店を移るもの有りかもしれませんね。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング