ももジョブブログ

風俗店でよくある罰金について正しい知識をご紹介します。

     - お金のこと ,

風俗 罰金

こんにちは。ももジョブ運営局です。

今回の記事では風俗店にまつわる罰金について、実際に罰金が発生するケースを解説していきます。

前職は、某真面目系風俗店で店長職をしていた西海が罰金についての誤解などを含めて実際の事例をご紹介していきます。

ももジョブお店マッチング

風俗嬢に科される罰金は基本的には存在しない

存在しない

これから風俗店で働こうと考えている女性のみなさんへ。

「風俗店側が働く女性に罰金を科す事はほとんどありません。」

私の前職である某真面目系風俗店でも罰金はありませんでしたし、競合他社さんから移店された女性も多くいましたが罰金があったという話はまだ聞いたことがありません。(都内の話)

ですので基本的に罰金というのは存在しません。という話になります。

 

ネットなどで風俗嬢に科される罰金の記事をまだ見かけますが、”罰金は風俗業界ではよくある”という趣旨ならばそれは10年前の話です。

例えば、ヘブンネットのランキング上位のお店や、カクブツでランキング上位のお店などでは95%くらいの割合で罰金は存在しないと思って大丈夫です。

本当にそれくらい聞かないのが女性に科す罰金なんです。罰金があるお店は本当に少数と思って下さい。

残りの5%の風俗店はどうなのかというと、下記で説明していきます。

女性が罰金を科されるのはこんな時

ケース

当たり前の事なんですが、「お店」もしくは「お客」に迷惑や害を与える場合のみ罰金を請求されます。

【無欠・当欠・遅刻】

あくまで風俗店によりますが、連続で無欠や当欠。それから遅刻によって予約したお客さんに”何度も”迷惑をかけている場合は、”仕方なく”という意味合いで働く女性に罰金を科す場合もあると思います。

これは女性の身勝手によりお店に連続して損害が発生している場合にとられる措置(最終手段)という意味です。

普通は、連続で無欠・当欠・遅刻を繰り返して改善が見られない女性の場合は、”クビ”という対応を取ります。

※一応言葉の意味を補足しておきます。

・無欠→ 無断欠勤の略です。

お店に連絡なしで、急にお休みする事です。

・当欠→ 当日欠勤の略です。

お店に連絡ありですが、当日になって急にお休みする事です。

・遅刻→ そのまま遅刻です。

出勤予定時間が決まっている場合に、その時間よりもお遅れて出勤してくる事です。

【お客さんとの店外デート】

多くの風俗店では、「お客さんと店外で会ってはいけない」というルールが存在します。(店外OKのお店も稀にありますが)

仮に外で会ったなら罰金を請求します。という流れです。

外で会っていた時間を、お店を利用していたならいくらだったか? とう基準で計算して”お客”もしくは”女性に”罰金もしくは損害賠償という形で請求します。

・少し前にこんな事が起きました↓

店外デート罰金30万円 恐喝で逮捕 -札幌-

要は美人局ですね。

①風俗店に働いている女性と店長がグルになって、女性がお客さんに外で合う話を持ちかける

②実際にお客さんと女性が外で会っている場面に、店長が偶然を装って登場

③お客さんに対して、「罰金として30万円だ!」と言う。

という流れです。 結局、恐喝で逮捕になりましたが(^_^;)

【風俗店の掛け持ち】

デリヘルの掛け持ちにより高額な罰金を請求された場合、どうすればよいですか?

弁護士ドットコムという法律相談サイトに寄せられた相談です。

デリヘルと別のデリヘルを掛け持ちしていて、それがお店にバレて罰金を請求された。という内容です。

現場を経験している私からすると、「本当の話なのか?」と少し疑いたくもなりますが、こういった悪徳な風俗店もどこかに存在しているのかもしれません。

下の方で詳しく説明していますが、そもそもお店に罰金を請求されたからといって払う義務はありません。

お客さんに請求する罰金

請求

お客さんに請求する罰金とは、「盗撮」「強姦」「本番強要」「スカウト行為」「店外デート」などが発生した場合にお店側がお客さんに請求します。

お店が定めるルールを守らなかったり、法律を破ったり、働く女性に害が発生する場合に罰金という形でお客さんに対応します。

「本番強要、及び行為そのものが発覚した場合直ちにプレイ中断し、治療費の請求を致します。」

であったり、

「スカウト行為が発覚した場合は、実損害を損害賠償請求させていただきます」

こういった文面がホームページや店舗の入り口付近に書かれています。また、お店を利用する前に利用規約としてお客さんに直接サインしてもらうお店もあります。

治療費や損害賠償という形ですので、盗撮、強姦、本番強要であれば、女性が精神的な傷や負担を負いお店を退店したり、しばらくお休みする事による損害です。
(本来出勤していれば、稼げていたであろう金額がお客さんに請求されます。)

 

スカウト行為であれば、女性の退店に繋がりますので、実際に辞める事になれば「在籍していたら稼いでいただあろう金額をお客さんに請求します」

店外デートであれば、その時間をお店を通じて遊んでいたらいくらだったかというのを基準としてお客さんに請求します。

と以上が一般的な風俗店が行う対応です。※金額の部分に関してはお店によって若干違う場合もあります。

基礎知識。そもそも罰金は法的に義務が無い。

法的

風俗トラブル相談調査センター」に詳しくは書いてありますが、働く女性/利用する男性問わず、風俗店側に罰金を支払う法的義務は存在しません。

理由は、

「罰金というのは、刑事罰なので民間である風俗店が罰金を科す事自体が不可能なんです。」

つまり罰金という名目でお店から何かを言われても何も支払わなくていいんです。(法律的には)

これは誓約書などにサインをしても同じで支払いの義務は発生しません。(そもそも罰金自体を請求する事が出来ないから)

ただし、盗撮などにより風俗嬢が精神的に傷を負ったなら、”慰謝料”という形で支払わなければいけない場合があります。

男子スタッフに請求する罰金

スタッフさん

男子スタッフに対する罰金は、よく聞く話だと思います。

例えば男子スタッフと風俗嬢との間に関係が発生してしまった場合は、多くのお店で50万、100万円などの罰金が科せられます。いわゆる風紀です。

スタッフと風俗嬢の両方に科せられる場合や、スタッフだけに科せられる場合があります。これはお店によって違います。

上で説明したように、そもそも罰金自体を支払う義務はありませんが、風紀が原因となり①風俗嬢が退店する ②風俗嬢の出勤日が減る などの事が発生し、それが誓約書にも書いてあり、合理的に認められる場合は、損害賠償という形で請求出来ます。(弁護士経由で)

多くの場合は、裁判沙汰まで行かずに示談金や代替案によって解決されます。

代替案とは、

  • その後も継続してその風俗店で働く(給料減など)
  • 街頭スカウトに出て女性を別の女性を入店させる

などの事です。 要するに「お店に不利益が発生したんだから、別の何かで穴埋めしてよね」という話です。

もちろん、こういった対応はお店によって全く違いますので実際に罰金を支払うケースや、クビにされる場合もあります。

まとめ

まとめ

2015年7月時点では、ほとんど女性に対して罰金を科すというのは聞かなくなりました。

”ほぼない”と思って頂いて大丈夫ですが、たまにニュースなどで見るようにやはり例外は存在します。(徐々に淘汰されてはいますが)

仮に、風俗店側から不当な罰金を要求されても支払う義務はありません。支払う義務がない事をしっかりと伝えて下さいね。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング