ももジョブブログ

風俗の悩みを元風俗店長が解決します!風俗嬢プチ悩みランキング!

風俗 悩み
こんにちは西海です。女性が風俗店で働き始めて実際に感じる悩みについて店長経験を活かして説明していきたいと思います。

風俗に限らずどんなお仕事をしていても悩みは付き物です。

ファーストフードやコンビニのアルバイトにも悩みはありますし、上場企業のサラリーマンだって毎日色んな事で悩んでいます。

店長時代によく言っていたのは、「何事も前向きに」という事でした。悩んでいる女性にはこれが口癖だったかもしれません。

ももジョブお店マッチング

解決に向けて悩まない女性が意外と多かった

前の風俗店で働く女性の多くは、「解決に向けて悩まなかった」女性が多かったです。

例えば、お客さんがずっと乳首ばかり舐めてくるから乳首がスレて痛い(><)という悩みに対して「どうやったら痛くならないか?

もしくは「少しでも痛みを軽減する方法はないか?」という方向に考えない女性が多かったので、私の口癖は「何事も前向きに」という事になってしまいました。

以下の章では、実際にどんあ悩みが多かったかを解説していきます。

前の風俗店で多かったプチ悩み

店長をしていた2012年から2014年までの2年間で多くの悩みを店長として聞いてきたなかで多かったものをピックアップしてみます。

【悩み第1位:ずっと乳首ばかり舐められて悩む女性】


これが最も多い悩みでした。

風俗を利用するお客さんというよりも男性全般に言える事ですが、ほとんどの男性がプレイの時に乳首を舐めます。こればっかりは致し方ない部分があります(^_^;)

特に週4日以上出勤している女性に多い悩みでした。1日3人~5人接客するのが平均的ですから間をとって1日4人で計算すると4×4で1週間に16人接客する事になります。

 

ただ、不思議なことに週3日出勤する女性にはこういった悩みが少ない傾向にありました。(あくまで印象ですが)

週3日×4人だと1週間で12人接客しますので、週4の女性と比較した時にこの4人という人数は意外と大きな境界線なのかもしれません。(もちろん個人差はあると思いますが)

・ワンポイントアドバイス

①接客する上限を調節する

もし可能なら出勤日数を調節して1週間で接客する上限を12人~14人にしてみたら改善される可能性があります。

②シャワー中に工夫する

シャワー中に体をベタベタ触ってくるお客さんは意外と多いので、なるべく正面で向き合う時間を減らす。

男性の脇を洗う時にテキパキと腕を動かすと触る隙が無くなります。アソコを洗う時は、基本的にしゃがんで洗います。

そして、ボディーソープ、イソジン、歯ブラシを取る時はカダラを反対に向けて取ること。

こうするだけで、乳首をベタベタ触られる回数が減ります。

それでも頑張って触ってこようとするお客さんに対しては「シャワーが終わったらね♥」

と言いながらキスしてあげるのがオススメです。(これが出来る女性は少ないですが出来たら最高です)

【悩み第2位:口臭がクサイ客】

同じ男性としてお客さんを擁護するわけではありませんが、風俗を利用する前に飲み食いしている男性だとやはり口臭がクサい傾向にありますのでこちら”も”ある程度仕方ない部分があると思います。

また、タバコを吸う男性で+αコーヒーをよく飲む男性も口臭がクサイ傾向にありますね。

 

・ワンポイントアドバイス


正直相手の事ですので、どうにもならない部分なんですがもしも口臭がクサイお客さんが指名客になってしまったらどうにかしたいですよね。

成功する見込みは低いかもしれませんが、遠回しに教えてあげる事は出来ます。

「コーヒー好きなんですか?」と質問してみてください。「ん、なんで?」と返してくると思いますので、「キスした時にコーヒーの臭いがしたから好きなのかな~って思って(^^)」というイメージです。

他にも色々と聞き方はあると思いますが、1つの例として今度使ってみてください。 鈍感な男性じゃなければ、きっと気付いてくれるはずです。

【悩み第3位:本番強要してくる客】



風俗嬢にとっての定番の悩みですね。風俗を利用するお客さんの1/3以上は本番強要をしてきます。

この本番強要にも色々とあります。

  • 「挿れさせて下さい」とストレートにお願いされるパターン。
  • 「あ、入っちゃった」と事故を装ってそのまま腰を振るパターン。
  • 「挿れてもいい?」と確認してくるパターン。
  • 「いくらならいい?」と買収してくるパターン。
  • 「ヤらせてくれたら次も指名するよ」と交渉してくるパターン。

とこういった本番強要がポピュラーですね。強要という言葉を使っているので何も知らない女性は少し怖いイメージを持つかもしれませんが、ほぼ上の様な形で交渉してきますので心配しなくても大丈夫です。

 

・ワンポイントアドバイス


①「挿れさせて下さい/挿れてもいい?」と言われたら?

「挿れるより気持ちよくなってもらえるように頑張るね♥/頑張ります!」と言って一生懸命フェラor素股をしている事がお客に伝わるように行って下さい。

②「あ、入っちゃった」と事故を装ってきたら?

「あ、抜けちゃった♥」と言って自然に回避するか、①の返しをするのがオススメです。

③「いくならいい?」と買収されたら?

「いくらだと思う?♥」と返すか、こちらから金額を提示するか、「お任せします」と言うか。(買収に応じる場合はですけど(^_^;))

回避するのであれば、「次来た時に指名してほしいな・・・」と言うのが無難ですね。

④「ヤらせてくれたら次も指名するよ」と交渉されたら?

「私まだ3回以上続けて指名してくれたお客さんいないんです。。。」と言うか、「前に同じこと言われたことあるんですけど、指名してくれなかったんです(笑)」と嘆くように冗談で言うのがベターです。

⑤しつこい場合は?

3回くらい言われてもまだ我慢したほうがいいです。しかし、4回以上言ってくる場合は「しつこい」お客さんですので、

「本番はダメなんです(><) お店の人がOKって言えばきっと大丈夫なんですけど。。ちょっと電話してみますね?」と言って下さい。

【悩み第4位:肌が荒れる】



1人接客するのに最低でも2回シャワーをする事になりますから、どうしても乾燥肌になってしまうのが風俗嬢の辛いところですね。衛生上シャワーを省くことは出来ませんので多くの女性が乾燥肌に悩んでします。

こればっかりは日々ボディケアをするしか方法がありません。

 

ワンポイントアドバイス

店長時代に女性たちから聞いたのですが、ワセリンがとても効くらしいです。googleで「ワセリン」と検索すれば沢山出てきますので是非見てみてくださいね。

このワセリンですが、原料が石油なんです。女性のみなさんの方が私よりも詳しいと思いますが、このワセリンを使用する時には注意がありまして、

  1. 低価格のワセリンは、不純物が多くて日焼けとシミの原因になります。
  2. ワセリンには黄色と白色の2種類あって、白色の方が日焼けやシミになりません。
  3. 塗りすぎると逆に乾燥肌を進行させるので、べたつかない量を必ず守って使用すること。

以上が、乾燥肌対策にワセリンを使用する時の注意書きです。是非覚えておいて下さいね。

【悩み第5位:お金が思うほど貯まらない】


風俗に限らずですがお金をちゃんと貯めるのは難しいですよね。

前のお店に在籍している女性で予定通りに貯金出来ていた女性は2割以下だったと思います。特に未経験の女性なんかは、前まで時給1,000円くらいのアルバイトをして1日6,000円くらいの稼ぎだったのに、いきなり1日3万円~6万円稼ぐようになります。

ですから、ちょっとくらい贅沢してもいっか♪となりやすいんだと思います。2日働いて10万円稼げますからね(^_^;)

自己管理が出来ないとすぐにお金は消えてしまいます。

ワンポイントアドバイス

本人の強い意思と定期預金が現実的な方法です。

この件に関しては、是非こちらをご覧ください>>「風俗嬢の金銭感覚が狂いやすい原因は毎日がお給料日だから。」

まとめ


風俗で働く前の悩みと、実際に働いてから感じる悩みは違います。

今回の悩みランキングは、私が店長時代に担当していた女性たちから聞いたものになりますので若干偏りはあるかもしれませんが、それでも多くの風俗嬢さん達が感じる悩み(問題)です。

これから、風俗のお仕事を始める女性も既にどこかのお店で働いている女性も是非参考にしてみて下さいね。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング