ももジョブブログ

セクキャバの時給システムが複雑すぎるからシンプルにまとめました!

セクキャバ 時給

セクキャバくの時給について詳しくまとめました。

キャバクラよりもエッチで、オナクラよりも紳士なセクキャバですが、時給システムはとても複雑に出来ています。

キャバクラほどじゃないにせよ、一般的なお仕事と比較してもかなり煩わしい仕組みになっています。

今回は、複雑な仕組みで時給が決定する理由をシンプルに解説していきます。

ももジョブお店マッチング

セクキャバの時給と日給

セクキャバの稼ぎ
【時給相場はこれくらい】

  • 地方のセクキャバ:2,500円~3,500円 
  • 都内のセクキャバ:3,000円~5,000円

↑都内/地方の相場は、概ねこの様な形になっています。

最終的にはお店次第という形になりますが、都内でセクキャバの求人を探すと保証時給5,000円と書かれているお店が多いのが特徴です。(この部分は後ほど詳しく)

【日給相場はこれくらい】

  • 地方のセクキャバ:15,000円~25,000円
  • 都内のセクキャバ:20,000円~40,000円

↑1日働いてこれくらは平均で稼げるのがセクキャバの仕事です。

※セクキャバでは、キャバクラと同じように1ヶ月/2週間単位でお給料が支払われますから、毎月16日前後もしくは月末時点で最終的な時給が決定してお給料が計算されます。 その最終的なお給料を出勤日数で割ると↑のような金額になります。

セクキャバの体入時給について

体入
【そもそも体入とは?】

「体入」→体験入店の略称です。

試しに1日~3日前後、実際にお店で働いてみて良さそうだったら正式に入店する流れなります。実際に働いてみて何か不安が残ったり、微妙と感じたり、他のお店の方に入店したいと思った場合は、入店しなくても良い制度です。

【体入時給はこれくらいが相場】

  • 地方のセクキャバ:3,500~4,000円
  • 都内のセクキャバ:5,000円前後

これが、セクキャバの体入時給の相場です。

【体入時給はいつまで続くの?】

体入の日数は、1日~3日とお店によっても違います。

例えば、女性側が「1日だけじゃ客層も把握出来ないから、3日は体入したい」という希望があったとします。

3日間体入で、その3日は時給5,000円出してくれるお店もあれば、体入1日目は5,000円だけど、2日目以降の体入は時給4,000円になるお店もあります。

【体入→本入店すると時給は変わるの?】

本入
お店次第になります。

体入時給というのは、体験入店時の臨時時給という扱いですので体験入店している時の働きぶりによって変更する可能性があります。

体験入店時の働きぶりが、

  • 高評価→体入時給よりも500円~1,000円アップ。
  • 並評価→体入時給に変動なし。
  • 低評価→体入時給より500円~1,000円ダウン。

と一般的にはこういった評価になります。

セクキャバもビジネスでやっていますので、お店側は「採算が取れる時給で採用したい」と考えます。

この採算とは、容姿、スタイル、接客内容、女性自身の性格、出勤日数、出勤時間、お客さんを持っているかどうか。こういった部分を見て判断されます。

セクキャバの時給が決定する仕組み

仕組み
セクキャバとキャバクラの給料システムにとても似ています。

水商売未経験の女性は最初「なんでこんなに複雑なの?(><)」と感じる方が多いと思います。詳しく仕組みを説明していきますので、是非覚えていって下さいね。

【給与システムは大きく3種類】

3種類の給与システム
売上時給制、給率時給制、ポイント時給制の3つで大きく分類出来ます。

多くのお店では、 この3つのいずれかで時給が決定しそこから本指名バック、場内バック、同伴バック、ボトルバック、ドリンクバックというバック金額がプラスされていきます。

・売上時給制

売上によって時給が変動するスライドシステムです。

1ヶ月の売上が、

  • 0~50,000円:時給2,500円
  • ~100,000円:時給2,700円
  • ~150,000円:時給3,000円
  • ~200,000円:時給3,200円
  • ~500,000円:時給4,500円

↑こういった形で時給が変動します。(数字の部分はお店によってまったく違う)

 

・給率時給制

給率→ 売上に対していくらお給料を支払うかの比率です。 前月の指名売上が100万円。女性に支払うお給料が70万円なら給率は70%です。

健全なセクキャバ経営をするなら、給率は50%前後がボーダライン。 早い話しが、女性とお店とで利益を折半する感覚です。

ですから上の様に給率70%だと女性側にちょっと支払い過ぎている=お店が損してる事になります。給率時給制とは、お店側が損をしないようにする為のシステムでもありますので以下の様に時給が調節されます。

給率が、

  • 30%~40%:時給1,000円アップ
  • 40%~50%:時給500円アップ
  • 50%~60%:時給変動なし
  • 60%~70%:時給500円ダウン
  • 80%~100%:時給1000円ダウン

※一般的には前月の確定された時給で一旦給率を計算して、そこから時給を調節する事が多いです。

 

・ポイント時給制

ポイント時給制とは、女性の売上や指名本数、ボトル、ドリンクなどの成績をポイントに換算して、ポイントの合計数で時給が決定するシステムです。

本指名1本:2P 場内指名1本:1P 同伴1本:3P

  • 0P~10P:時給2,500円
  • 11P~20P:時給2,700円
  • 21P~30P:時給3,000円
  • 31P~40P:時給4,000円

↑月間/半期のポイント累計数によって時給が決定するシステムです。

【とにかく複雑なのがセクキャバの給与システム 】

複雑
こうった給与システムを見て女性が感じる事は「訳が分からない(><)」という事だと思います。

キャバクラ/セクキャバではこういった複雑な給与システムが一般的で、昔からの慣習となっています。

水商売の給料システムが複雑な理由は諸説ありまして、

  • 昔からの慣習で、そうすべきものとお店側が考えている
  • わざと分かりづらい給料システムにしてお店側が儲かるように作っている
  • 近隣エリアにあるお店が給料システムを変更する事によって、在籍女性がそのお店に流れない為

こういった事が言われています。

【50店舗あれば50店舗全部違う給与システム】

50店舗のセクキャバがあれば、キレイに全店舗違う給与システムを採用しているのがこの業界です。これはセクキャバだけじゃなくキャバクラも同様です。

どのシステムでも稼げる金額に違いはない?

ちがい

実は、どの給与システムを採用していても女性の稼ぎに「大差はありません

大差がないならなんでこんなに複雑な給与システムなんだろう?と疑問を持つと思いますのでお答えします。

「給与システムを作っている側もあんまりよく分かっていないのが実情です」

↑ここだけの話ですが、これが事実です。(ほとんどのお店で)

水商売のお店では、給与システムが頻繁に変更される事は少なくありません。半年~1年の間隔で、給与システムに微調整が加えられていますが、それは利益の基準と採算を合わせる為のルールが明確に決まっていないからです。(分からないから)

セクキャバの給与システムの基本的な考え方は、給率50%前後で女性をより長く働かせる事です。売上で時給が決まっても、給率で時給が決まっても、ポイントで時給が決まっても全部辿り着くところは、給率50%前後です。

ですから、自分が作った売上に対して50%前後お給料として貰えるのがセクキャバという仕事です。この50%前後に関しては、キャバクラも風俗も全部同じです。ただ、そこまでの計算の仕方が違うだけ。

【とてもお得な情報をお伝えします。】

お得

上で、セクキャバのお店の多くは給与システムの作り方がよく分かっていないと説明しましたが裏を返せば、給率50%以上のお給料を貰えちゃう事が多々あるという事です。

指名売上とは、自分を本指名してくれたお客さんが使ったお金の合計です。今セクキャバで働いてる女性もこれからセクキャバで働く女性も、この指名売上は必ず記録しておいたほうがいいです。

月間80万円の指名売上がありました。

アナタが受け取ったお給料は、50万円でした。(控除される前の総支給額)

この場合の給率は、62.5%になります。

健全なセクキャバ経営では、在籍女性全体の給率平均50%前後です。※地域によって、50%~60%前後と若干差異はあります。

こういった形ならアナタはちょっと得している事になります。

もしも給率70%だったなら!?

お店側は完全に損をして、アナタだけが得をしている状態になります。

セクキャバで働くスタッフさんの仕事ぶりが雑な事は少なくありませんのでお店を選ぶ時の参考にしてくださいね☆

例えばこれを知らずに給率をキッチリ計算しているお店に移動したら適正値である50%に調節されちゃいますよ(^_^;)

まとめ

まとめ

以上、セクキャバの時給に関する正しい知識とちょっとズルいお店の選び方を説明しました。

お仕事をお探しの時は是非ももジョブをご利用下さい。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング