ももジョブブログ

風俗で1日働いて、お店をしっかり品定めする方法!妥協しなければ稼げるお店は見つかる!

風俗 1日

都内だけでも1500店舗以上の風俗店が存在しますから、自分にピッタリのお店を見つけるのはとても困難です。

しかし、妥協せずにしっかりとお店を見定めれば必ず良い条件のお店は見つけられます。それは、1日の体験入店でもです。

これから風俗店で働こうとしている女性のために体入時に見るべきポイントをレクチャーしていきます。

ももジョブお店マッチング

風俗で1日働いて分かること

分かること
1日の体験入店で分かる事はたくさんあります。

【仕事の流れ】

流れ

①出勤してから退勤までの流れ
②お客さんに接客する流れ

こういった流れを体験入店で確認する事が出来ます。

指名を取る為の流れは、本入店してからお店のスタッフさんが教えてくれることが多いです。

【お店の対応】

対応

面接の時の対応はどうかという部分を見ます。

 ・お給料の説明は明確か
 ・仕事の説明は丁寧か
 ・お店の説明は求人の情報と同じか
 ・出勤確認の説明はバレ対策を配慮しているか
 ・バレ対策の説明は必要十分と思えるか
 ・やってはいけない事の説明はあるかどうか

こういった事の説明が明確だったかとアナタが質問したないようにちゃんと答えてくれたか。

そういった部分を見ましょう。

【本当の集客数】

本当の

 

正確に判断する事は難しい部分ですが、ある程度なら推測出来ます。特に「求人で謳っている集客数が実際あるのかどうか」とう判断はある程度出来るはずです。

・店舗型風俗店なら

ソープ、箱ヘル、イメクラなどの店舗型風俗店の場合は、各プレイルームで女性がそれぞれ待機する事がありますので、その場合に集客数を把握するのは困難です。集団待機だった場合は、営業用ホームページの出勤人数と待機している女性の人数を照らし合わせる事でざっくりと多いか少ないかを知ることが出来ます。

 

・無店舗型風俗店なら

無店舗型風俗店の場合は、集団待機か個室待機(個室も集団待機スペースの近くに併設されている事が多い)が主流です。

ですから、無店舗型風俗店の時と同じように、出勤人数と待機している女性の人数を照らし合わせる事で大体の集客を掴めます。

 

・最低でも8時間出勤しないと分かりづらい

自分が接客している間は、周りを気にしている暇はありませんので、最低でも8時間出勤して接客の合間に確認するしかありません。

・在籍している他の女性に聞いてみる

ちゃんと答えてくれるかどうかは相手次第になりますが、これが1番確実な方法かもしれません。「いつも何人くらいお客さん来るんですか?」とストレートに聞いちゃいましょう。

 

月曜日~水曜日よりも 木曜日~日曜日の方がお客さんは多い傾向ですので、その辺も聞けたらベストです☆

【スタッフの仕事ぶり】

仕事ぶり

スタッフさんの仕事ぶりを確認するのはとても大切な事です。スタッフの仕事ぶりというのは、主にお客さんへの対応と在籍女性への対応です。

お客さんへの対応が雑ならお店への信用は低くなりますし、在籍女性への対応が雑なら定着率などに影響してきます。

※定着率とは、女性がお店で安心して長く働けるかどうかを見るための指標になります。スタッフの対応が雑すぎれば女性は不利を受けますので、他のお店に移店したくなります。そうすると、なかなか女性が定着しない→出勤人数が少ない→お客さんへの印象が悪くなり、集客減少に繋がる可能性があります。

・ざっくりとしか見れない

お客さんの対応で何が正解なのかはさすがに女性に判断しろと言っても無理がありますので、ここは感覚で判断するしかありません。

・敬語を使えているか?
・態度は横柄じゃないか?
・丁寧な接客かどうか?

例えば、上の3つは多くの風俗店では出来ていない部分です(信じられないかもしれませんが本当の話です。)

ですから、最低でもこういった部分が大丈夫かを見る必要はあります。

【客層】

傾向

この部分に関しては、1日の体験入店じゃ分からない部分です。

しかし、1日しか体験入店出来ない/しない女性はそれでもある程度判断しないといけません。

以下を確認しましょう。

・年代の傾向
・お金持ちが多いのか/すくないのか/両方共同じくらいくるのか
・職業に偏りはあるのか
・お客の態度や性格に偏りはあるのか
・利用目的に偏りはあるのか
・新規が多いのか/リピーターが多いのか

1日の体験入店でハッキリと傾向を掴むのは難しいので、自分で接客したお客さんと他の在籍女性に聞いてみて把握するしかありません。

※お店のスタッフに聞いてもちゃんと教えてくれますが、体入の女性に対してお店のマイナス部分をあえて話すスタッフさんはいないので、もしもマイナス部分があってもスタッフさんから確認することは難しいと考えて下さい。

最低でも3日体験入店しないと分からない

必要

風俗で1日体験入店して分かることは沢山ありますが、さすがに知り得る情報に限界はあります。特に客層に関しては、1日で把握する事はともて難しいので最低3日は体験入店してほしい所です。

1つ上の章で説明したように、

・年代の傾向
・お金持ちが多いのか/すくないのか/両方共同じくらいくるのか
・職業に偏りはあるのか
・お客の態度や性格に偏りはあるのか
・利用目的に偏りはあるのか
・新規が多いのか/リピーターが多いのか

自分で接客できる客人数は1日5人~6人が多くの女性にとって限界ですので、3日体験入店して15人前後は接客するのが望ましいです。

30店舗体入してみるのも1つの手段

くらべる
就職活動中の学生が、2~3社だけ検討したその中からずっと働く会社を探すことは稀です。もちろん風俗はずっとする仕事じゃありません。短期間だけしか働かないという女性もいます。

ですから、そこまで真剣に比較検討する時間が逆に無駄と考えてる女性もいると思います。

この部分に関して否定しませんが、半年以上風俗店で働くことになりそうな女性は真剣に比較検討したほうがトータルで間違いなく得をしますのでその方がオススメです。3~5店舗比較するんじゃなくて、可能であれば10店舗・20店舗比較検討するのも有効な手段です。

30店舗ほど比較検討出来るならとても理想的だと思います。

働くお店が違うだけで、稼ぎは2倍~3倍変わります。これは大げさではなく実際にこれくらい変わってしまうんです。ですから、1年以上働いた時には、300万円貯金出来るはずだったのに、80万円しか結果的に貯金できなかったなんて事がよくあります。

まとめ

matome

風俗で1日体験入店した時の、見るべきポイントを説明していきました。

本当なら稼げるはずだった金額を、稼げなくなることを”機会損失”と言います。 

本来、しっかりとお店を選んでいたら普通に稼げていたお給料を、妥協してお店を選んでしまったがために、半分のお給料になってしまった。都内だけでも1500店舗以上風俗店がありますから、こういった事は頻繁に起こっています。

それを回避するために、より多くのお店に体験入店して比較検討する事はとても有効な手段です。1日の体験入店で知り得る情報に限界はありますが、それでも1日体験入店をしないよりは遥かに良いです。

また、1日体験入店をするなら最低8時間出勤する事が望ましいです。より情報を得るという意味で。

これから風俗で働く女性も、これから別のお店へ移動する女性も、妥協さずに1日を積み重ねて頂ければと思いますm(__)m

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング