ももジョブブログ

がっちり貯金したい! 風俗で働く女の子がちゃんと貯金するための冴えた方法

     - お金のこと , , ,

貯金イメージ

風俗のお仕事をして高収入を得ているのですから、しっかりと貯金をして、とっても有効に使っていただきたい!というのがももジョブ運営の偽らざる本音です。

ただどうしても風俗のお仕事をしていると、散財してしまいがちなのもまた事実。

さらには、女の子を見ていると「ちょっとした貯金のコツさえ知っていればもっと貯まるのにな…」と思うことが多々あります。

そこで今回は風俗のお仕事をしている皆さん、そしてこれからスタートすることを考えている女の子のために、しっかりお金が貯まる方法をこの記事で伝授いたします!

ももジョブお店マッチング

確実にお金を貯めるために試してほしい3つの貯金術

豚の貯金箱

貯金をしなくてはいけないのは解っているけど、良い方法は何かわからないと実行に移せませんよね。

そこで風俗ワークをする女の子のために、貯金がどんどんたまるためのアイデアをご紹介します。

ワタシもこの方法で「ももジョブ」運営の薄給でもなんとか貯金を…ゲホ、ゴホ。

1. 現実的な目標をはっきり決めると貯金が捗ります!

貯金の目標ターゲットを決める

やはり漠然と「貯金しなくっちゃ!」という思いだけでは、あんまりきちんとお金が貯まりません。

なぜ貯金をするのかという貯金をする理由をはっきりさせること、そしてそのために幾ら必要なのかという具体的な金額を出しておくことが大事です。

例えば、資格の勉強で専門学校に通う学費が必要という理由、そのための

学費として200万円貯める

というように内容が具体的であればあるほど、ちゃんと貯金するようになります。

伝説の風俗嬢クラスになると貯金が数千万円という例を聞くこともあります。

ですが、そうした高すぎるハードルを設定してしまうと、途中で「やっぱり無理」となってしまい、挫折しやすくなるものです。

自分でイメージしやすい現実的な金額、具体的な理由を持つことが貯金するモチベーションの源になりますよ。

2. 貯金するお金と、生活費を完全に分けておくことが大事です!

貯金通帳

別に風俗のお仕事にかぎらず、しっかり貯金をするな貯めているお金と生活費をバキッと完全に分けておくことがとても大事なんです。

口座も完全に別のものにしてしまいましょう。

例えば1ヶ月に生活費や住居費などで合計15万円支出がある女の子の場合、稼いだお金の中から15万円を生活費口座に。

それ以外のお金は引き出してはダメな貯金口座に入れるクセを着けましょう。

1ヶ月に1度、決まった日にお給料が振り込まれる一般のお仕事なら、決まった額を自動的に定期貯金するようにしておけば良いんです。

でも日払いの風俗の場合にはそれがなかなか難しい。

だから必ず意識して口座を分け、普段の生活費以外の金額は使いこなまいようにすれば自然とお金が貯まります。

例えば今までは1ヶ月に20万円以上使うような生活をしていたとしても、手元に15万円だけ残してそれ以外は使わないようにする。

そうすると、意外になんとかなっちゃうものなんですよ。

ちなみに、1ヶ月に使っていい金額は普通のOLさんレベルを意識しましょう。

普通の女の子はだいたい手取り一ヶ月に16万~20万円くらいの手取り、そこから貯金などもしています。

だからせいぜい13万~15万円くらいが普通の女の子が使う金額です。

3. 天使の分け前を天使から取り戻そう!細かい無駄な出費を抑えましょう

お金と天使

あれだけあったお金が、なぜか無くなってしまっている…何に使ったか思い出せない(泣)なんてことはありませんか?

10万円あって、8万円は何に使ったかわかるけど、残り2万円はなぜか消えてしまった…というような。

何故か無くなってしまうこの現象を「天使の分け前」なんて呼ぶ人もいます。

これって正体は意識していないで蒸発させてしまった無駄遣いなんです。

例えば洋服を買ったとか、バッグを買った…というような大きな買い物って覚えているんです。

でもコンビニでお菓子を余分に買ったとか、スタバでちょっと高めの飲み物にしたというような細かい出費は意外に忘れてしまいがち。

そういう1つ1つは百円単位のお金が、いつの間にか「ちりも積もれば山となる」で、場合によっては何万円もの損になるんです。

風俗の仕事をしていると、1日ごとに多額のお給料を貰えるので、お金がなぜかなくなっても「ま、いいか…」っていう態度になりがち。

それではお金がどんどん逃げていってしまいます。

例えば必ずレシートをもらって1日にいくら使ったか記録しておくクセをつけると、そうした「天使の分け前」がなくなり、それがしっかり自分の貯金になります。

例えば1日に600円無駄遣いをしていると、1ヶ月ではなんと18,000円、そして1年では約22万円というとっても大きな金額になるんです。

ぜひしっかり記録をとって無駄遣いを削っていきましょう!

依存とか要注意!貯金があんまりできない女の子の典型的パターン3つ!

ストレスを抱えた女性

目標をきちんと設定するなど工夫をすれば、普通は風俗の高収入をもらっているなら、かなりしっかりと貯金ができるようになります。

ですが、中には全然貯金できないという女の子も少なくないんです。

目標に向かって貯金を頑張っている女の子は、次のようなことにならないよう、本当に注意してください!

高収入なため、金銭感覚が麻痺してしまう

やはり大金をすぐ稼げるようになると、金銭感覚がすぐ麻痺しがちです。

例えば10万円のお財布のような普通のOLの女の子ならちょっと考えてしまう買い物を平気でしてしまったりしがちです。

お金遣いが荒くなると貯金ができないだけでなく、身内バレ・知人バレの危険に繋がります。要注意です!

ホストクラブ通いをするようになった

実は、ホスト遊びをおぼえてしまって、いくら稼いでもすぐにお金がなくなってしまう…という女の子がすごく多いんです。

もちろん、たまに気分転換で遊びにいくなら良いのでしょうが、毎日のように通うようになると支出も相当な額になります。

自分で自分を上手にコントロールできない女の子は、貯金したいならホストクラブに通うのは要注意です!

ギャンブルに依存するようになってしまった

稼いだお金をさらにギャンブルに注ぎ込む女の子も意外に多いんです。

休みの日に何もやることがないのでストレス解消に…とはじめたパチンコやスロットにどっぷりと浸かるケースが多いんです。

稼いだお金をほとんど使ってしまっているような女の子の話はよく聞きます。

ギャンブルになると眼の色が変わってしまう、いってみれば「依存症」になってしまうとお金がいくらあっても、みるみる無くなっていきます!

手頃なストレス解消・リラックスする手段を持つことがとても大事です

青空と雲

このように、風俗ワークで高収入があるにも関わらずぜんぜん貯金ができていない女の子はストレス解消のために始めたことに「依存」してしまったことが原因です。

そのために、どうしても出費がかさむようです。

やはり風俗ワークは接客業ですから、時にはストレスがたまってしまうこともあります。

そういう時のために手頃なストレス解消法、もしくはそんなにお金がかからない趣味を持っておきましょう。

たとえば、スポーツをするとか、映画を見に行く、ちょっとした日帰り小旅行をする…など。

ストレスを溜めてしまって変な無駄遣いをしないよう、注意していきましょう♪

まとめ

今回の貯金に関する話題、いかがでしたか? ほんのちょっとしたことに気をつけるだけでお金って少しずつ貯まっていくものです。

  1. きちんと具体的、そして現実的な目標を持つ
  2. 生活費と溜めておくお金は違う口座にしてしっかり管理する
  3. 無意識にしている無駄遣いをなくして貯金にまわす

ということをしていけば大丈夫! そして風俗ワークはちょっとハードかもしれません。

でもストレスを解消するための手軽な手段をちゃんと確保して、危ない散財をしないことも大事です!

正直300万円とか500万円レベルの貯金であれば、多くの女の子がしっかり実現しています。

このレベルの金額を若い女の子が貯められる仕事って風俗ワークだけです。しっかり頑張って、ちゃんと貯金してくださいね!!

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング