ももジョブブログ

ソープランド(風俗店)は、未経験でも稼げる? 働くソープ嬢の仕事内容を紹介します。

花魁
吉原(よしわら)とう言葉で有名なソープ。 昔は花魁(おいらん)と呼ばれ、今ではソープ嬢と言われている職業です。

日本には古くから風俗という仕事がありますが、今もそして昔も一番稼げる風俗の仕事がソープになります。ソープってよく聞く言葉だけどよくわからない・・・。 なんて未経験の女の子も多いと思います。

ウィキペディアにはこう書いてあります。

「湯船のある部屋(浴室)で女性従業員(風俗嬢)が、男性客に対し性的なサービスを行う風俗店である。」 

平たくいうと、「お客さんと一緒にお風呂に入って、性的サービスをする」という事になります。

ももジョブお店マッチング

ソランドープ(風俗店)が、最も稼げる理由

ソープの仕事が他の風俗の仕事と比較して最も稼げる理由ですが、「本番行為」がある。これに尽きます。

デリヘル、ホテヘル、ピンサロ、性感エステ、オナクラなどの風俗の仕事は、本番行為は禁止です。

その為、お客さんが支払う料金も他のお仕事に比較して高くなります。それが稼げる理由です。

ソープランド(風俗店)は、稼ぎが安定している

法律の関係なんですが、ソープランド店自体が今後増えません。

国から「今後、ソープランドの新規オープンは出来ませんよ~」という形で、法律の変更がありました。

日本には、ソープランドは1,000~1,300店舗存在します。これより増える事はありません。

ちなみに、デリヘル(デリバリーヘルス)のお店は、2014年12月時点で、20,000店以上あります。

 

約20倍です。

つまり、お店同士の競争がまったく激しくありません。そうなるとよくある値下げ競争なんかもしなくていいので、女の子の給料が減る事もないのです。

10年以上も前からソープランドの全国店舗数はほぼ変わっていません。高いサービス料金をしっかりと払える常連さんがちゃんとついていて、風俗業界の中でもソープランドはとても安定しています。

ソープランド(風俗店)のランクについて

先ほど、競争はまったく激しくありませんと書きましたが、競争自体はもちろん存在します。

ソープランドでは、お店ごとのいわゆる「ランク」があります。

  • 超高級店  60,000円~100,000円 
  • 高級店    40,000円~55,000円
  • 大衆店    25,000円~35,000円
  • 格安店    10,000円~23,000円
  • 激安店    8,000円~12,000円

風俗業界未経験の女の子からすると違いが分かりづらいかもしれませんが、このように、お店ごとで料金は全く違ってきます。

そして、当然ここから女の子のお給料が発生していきます。ソープの場合は、入力料+サービス料 = お客様が支払う金額 になります。

入力料は、お店の取り分。 サービス料は女の子の取り分となるお店がほとんどです。

サービス料は、入浴料の2倍が主流となっています。入浴料が、30,000円の場合、サービス料は、60,000円ということになります。

そして、この60,000円がそのまま女の子のバックになっていきます。

大衆店~超高級店のソープランドになると、120分の接客時間がほとんどです。

高級店で働いた場合は、2時間で、60,000円前後稼げる形になり、一般的にソープの日給は5万円以上といわれています。

ソープランド(風俗店)の120分って実際にどういう仕事内容なの?

まずは、流れについてです。

  1. 挨拶
  2. 即尺とベッドイン
  3. 休憩
  4. お風呂とマットプレイ
  5. お見送り

高級店では、1人お客さんに対して ”2回” が基本になります。

①挨拶

階段やエレベーターの前などでお出迎えをします。お客さんが1人で、エレベーターや階段を上がってきます。お出迎えをして、一緒に部屋に入ります。

②即尺とベッドイン

部屋に入り、少し会話をしながらお客様に即尺をします。即尺をしてあげながら、すぐにベッドにてプレイを行います。

風俗未経験だと、”即尺”というフレーズが引っかかるかもしれません。即尺とは、シャワーを浴びる前に、お客さんの性器をフェラチオする事になります。

即尺したあとに、一緒にベッドに入ってプレイ(1回目)を行います。

③しばしの休憩です。

お客さんに飲み物を聞いて、ドリンクを出します。ちょっと意外ですが、実はこのドリンク代は女の子のお給料から「お茶代」という名目で天引きされる場合があります。

④お風呂とマットプレイ

お客さんの身体を洗ってあげます。 洗い終わったあとに、お客さんに湯船に入ってもらいます。お客さんが湯船に入っている間に、マットの準備をして(ヌルヌルのローションを作ります)、マットプレイに移ります。

マットプレイで、”2回目”を行います。このマットプレイ目当てでソープランドにやってくるお客さんも大勢います。

未経験だとマットプレイがまったく想像出来ないと思いますが、 泡やローションを使って、空気マットの上でお客さんと戯れる形になります。

未経験の女の子だとマットプレイはプロ向けのサービスに思われがちですが、多くのお店はビデオ講習や講習の先生からの指導があり、実践講習などもちゃんとあります。ベッド上で行うサービスより全身を使うサービスなのでお給料も高めです。

最初は筋肉痛になる女の子が多いですが、一度慣れてしまえばマットプレイの方が”カンタン”

と感じる女の子も多いです。

⑤お見送り

2回目も1回目と同様に、休憩を取ります。 その後に、時間まで会話をしてお客様をお見送りします。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、風俗の王様と言われるソープランドで働いた時のお給料と仕事内容をお伝えしました♪

実際のプレイ内容は、本番とマットプレイ以外はほかの風俗店とそんなに変わらなかもしれません。たくさんオプションがあったりするヘルスと比べるとシンプルなのかもしれませんね。

東京周辺のソープランドだと、吉原と川崎がソープ街として非常に有名で、大衆店から超高級店までいろんなお店があります。

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング