ももジョブブログ

本指名やロングにも繋がる!「褒める」と「聞き上手」でお客をしっかり掴めるテクニック

     - 接客ノウハウ , ,

聞き上手_compressed

風俗嬢として沢山稼ぎたいと考えるなら、会話が出来るようになる事を避けて通る事は出来ないのかもしれません。

出来る人/出来ない人で大きく分かれる部分ですから、出来るようになるとそれだけ稼ぎやすくなります。

お店のマニュアルなどにはお客さんを褒める事が推奨されていますが、「どうすれば」という部分があまり書かれていないことが多いですよね(^^;)

この記事では「どうすれば?」と悩んでいる女の子のために、お客さんを褒めて会話する方法を紹介していきます。

ももジョブお店マッチング

お客さんと話が盛り上がるとこれだけメリットがある!

会話のメリット_compressed

「風俗だから会話よりも気持ちよさでしょ!?」と考えている女性は多いですよね?

会話で頑張ることなんか意味がないと考えたり、そもそも頑張る意味が分からない人だっていると思います。

でも実際に沢山指名を取れる風俗嬢さんって外見やサービスよりも人柄や会話でお客さんからリピートしてもらっている事が多いんですよ(^^)

30%~40%くらいのお客さんは、擬似恋愛を求めています

エッチしたい男性_compressed

キャバクラで擬似恋愛を楽しむように、風俗でも擬似恋愛を楽しむお客さんがいます。 恋人みたいな関係や雰囲気を演出するには体のサービスだけでは限界がありますので、どうしても会話が必要になってきます。

既に風俗で働かれている女性なら分かると思いますが、キスを長い時間求めてくるお客さんって結構いますよね。フェラや素股の方が性的には気持ちいいはずなのに不思議とキスを大切にする男性が実は多いのです。これは、キスを通じて”何か”を求めています。

もちろんその何かとは、「恋人っぽい関係」です。

「一緒にいて心地よい」は、「気持ちいい」よりもリピートに繋がりやすい

心地いい_compressed

一緒にいて心地よいとは、安らぎや安心や楽しさと繋がっています。 「気持ちいい」よりもインパクトは弱いですが、その分「飽きられる」可能性がとても低いので、リピートに繋がりやすい動機になります。

あの子とまた話したい。あの子とまた会いたい。あの子とまた一緒の時間を過ごしたい。お客さんと話が合えばこういった感情を抱いて貰えてリピートに繋がる可能性はグッと高くになります。

「一緒にいた心地よい」という動機は、ロングコースを利用する理由になります

一緒にいる時間に価値を感じるようになりますので、60分コースなどでは満足出来なくなります。 しっかり抜いてもらって、楽しく会話する時間も確保するなら120分や180分コースを選ぶのが自然です。

とはいえ、お客さんの懐具合も関係してきますので、全部が全部そうなるとは限りません。

ロングコースとまではいかなくてもアンケート等で高得点を貰える

高得点_compressed

ご利用アンケートを実施しているお店だと、その内容が次の指名に影響しますよね。アンケート内容が悪ければお客さんは指名するのに足踏みしますし、アンケート内容が良ければお客さんは安心して指名してくれるようになります。

「会話を頑張ると、サービスがちょっと微妙だったとしても大目に見てもらえることがあります。」

↑↑これ、実は結構あります(^^)

フェラの時の舌使いや、素股の時の腰使いが不慣れで微妙だったとしても、お客さんを楽しませようと頑張って会話をするとアンケートでダメ出しをされない事があります。

最初は、聞き上手になる事からスタートして下さい

聞き上手からスタート_compressed

無理に話題をふわなくても大丈夫です。面白い話がなくても安心して下さい。 そもそも、面白い話ってそうそう出来るものじゃありませんよね。人によって笑いのツボが違いますので、とても難易度が高いです(^^;)

最初は、聞き上手になることを目指して下さい。

聞き上手に徹するコツは相手を褒める事です

ほとんどの男性は女性に比べて褒められる機会が少ないので、相手によって的確に褒める事で色々としゃべってくれるようになります。 人気風俗店のマニュアルには、大抵接客の時に「お客さんを褒めるように」と書いてあります。

しかし、一体どんな褒め方をしたら良いのかまでは書かれていません。

次の章ではその辺を解説していきいます。

お客さん別の褒め方講座

外見がイケメンな人への褒め方

イケメンへの対応_compressed

1番楽なお客さんですね。外見がイケメンならば、有名芸能人に例えて褒めてあげましょう。

例えば「◯◯◯さんって西島秀俊に似てるってよく言われませんか?」と質問型でもいいですし、「会った時から思ってたんですが、◯◯◯さんって西島秀俊に似てますよね~♡」と伝える形でもOKです。

相手が否定しても気にせず「え~似てるよ~!♡」ともう1回くらい強調するくらいがちょうど良いと思います。

外見が残念な人への褒め方

ブサメンへの対応_compressed

非イケメンの男性は、自分がイケメンでないと自覚していますので、外見を褒める必要はありません。(例えばお客さん側が、芸能人に例えて自虐ネタを使ってきたら控えめに乗ってあげましょう☆)

 

まずは、持ち物やファッションに注目してください

外見で褒めるポイントがなけれ、持ち物やファッションを褒めるのが良いですね。「そのベルトオシャレですね(^^)」とか、「その帽子素敵ですね(^^)」と言うのがベターです。

ちなみにですが、私が店長時代にこのアドバイスをした女性から、「そんな社交辞令意味ないでしょ!?」と言われたことがありますが、そんなことはありませんよ。

思い出してください。そもそも外見が残念な男性は褒められる機会が少ないので、仮に社交辞令だと思っていても感情的に嬉しくなってしまうのです。

 

頼りがいがある。一緒にいて安心出来る。と伝えるのも効果的です

非イケメンで、ちょっとコワモテ系の人なら「◯◯◯さんと一緒にいると、なんか安心します・・♡」と抱きついているタイミングで言うのが効果的です。ただし、あくまでも控えめに。

オタクっぽい人への褒め方

オタクへの対応

 「この人絶対オタクだ!」と思ったらすかさず相手の好きなモノを探り当てて下さい。

オタク=アニメやゲームと連想する人が大半だと思いますが、オタクにも色々とジャンルがありますので、アニメやゲームと最初から決めつけずに質問してくのが良いです。

家電/旅行/パソコン/アニメ/漫画/ゲーム/鉄道/車/バイク/釣り/フィギュア/コスプレなどなど。

 

「休みの日は何をしてるんですか?」と質問

「先週の日曜に、友達と梟カフェに行ってきたんです♪ すっごく可愛くて癒やされました(^^) ◯◯◯さんがまだ行ったことなかったらお勧めですよ♪ 今度是非行ってみて下さいね♡」

と、自分が先週の日曜日に何をしたのかを伝えた後に、「◯◯◯さんは、日曜日はいつも何をされてるんですか?」とニコニコしながら質問。

最初の質問だけで相手が話し始めてくれたら楽ですが、オタクっぽい趣味だったとしても話すのが得意じゃない男性は最初控えめになることが多いので、3~4つほど続けて質問してみるのがお勧めですよ。

 

機械いじりなどが好きな人には、「出来る人ってすごい!私なんか全然ダメで。。。」が鉄板です!

パソコン、車、バイクなど、なんかをいじったりするのが好きな人には「へぇ~凄いですね~(><)☆」と目を頑張ってキラキラさせながら、続けて「私なんかそういうの全然ダメで。。。」とボソッと言うのが鉄板です。

とてもベタですが、ベタだからこそ本気でそう思っている感じにするのが大切です。

オジサンへの褒め方

オジサンへの対応

オジサンは簡単な様で難しい生き物ですよね。

ベタな褒め言葉を営業っぽいと感じてしまう人もしますし、ベタな褒め言葉だと分かっていてもデレ~っと嬉しい顔をする人もいます。 無難な接客をした方が良いお客さんもいますし、無難な接客だとつまらないと感じる人もいます。

相手によって接客方法を分ける事が出来ればいいのですが、慣れるまでは難しく感じるものです。

 

まずは相手の「こだわり」を見つけてみよう!

時計、カバン、ネクタイ、スーツ、喫煙具などをまずはチェックして見て下さい。 何のブランドかまで見分ける必要はありません。 あまり見かけないものや高級そうなものだった場合だけ、「この時計素敵ですね✨」と心を込めて言ってみましょう。

自分がこだわりを持っているものや好きなものに同じく興味を持っている事を伝える事は、お互いの価値観が近い事を伝えることになりますので効果的です。 価値観が近い=自然と親近感が湧いてきますから、会話の最初に持ってくるのが良いですよ。

 

オジサンは、基本的に内面を褒める。外見を気を配っている人ならちゃんと褒める。

オシャレなオジサンってあまり見かけないと思います。知っての通りオシャレなオジサンは世の中にほとんどいませんから、外見で褒められる部分が少ないです。 ですから、内面をしっかりと観察して褒めてあげるのが基本です。

「ちょっとした事で優しいんですね♡」

↑仕草や言葉なんでもOKです。若干無理矢理にでも良いので、ちょっとした優しさに繋がるものを強引に拾ってこう言って下さい。

”ちょっとした事”でというのがポイントで、繊細な優しさ/行き届いた優しさがアナタにはある。と相手に伝えることになります。

 

「無理やりニオイを褒めるのも1つの方法」

男性は30歳を過ぎたあたりから、耳の裏側から加齢臭が出るようになります。加齢臭は自分の娘などと変なコトにならないように分泌されているなんて説もあり、結構クサイです(^^;) ホントに酷いニオイです。

特に30歳~35歳くらいの男性は、自分のニオイに敏感になる傾向があります。しかし、そこから10年くらいの間にあまり気にしなくなります。(傾向として)

自分から良いニオイがするなんて間違っても考えていませんし、自分のニオイを好いてくれる女性がいるなんてほとんどの人が思っていません。 つまりこの認識を利用する訳です。

同じ男性でも人によってニオイは微妙に違いますし、女性の方がその違いを嗅ぎ分けられる人が多いというのは有名ですね。

「なんか好きなニオイ♡」とシンプルに伝えるだけでOKです。

例え「そんな事ないだろ。」と冷ややかに言われても気にする必要はありませんよ。 人によってニオイが違うこと。多くの女性がその違いを嗅ぎ分けられること。 この2つを教えてあげて下さい。

嗅覚という感覚的な話ですので、具体的に説明する必要ななく「なんか好き」と曖昧な伝え方でも好意が相手に伝わるのが最大のメリットです。

まとめ

体を使ったサービスも大切ですが、それ以上に会話などを通じたフィーリングはもっと大切です。次回のリピートだけでなくロングコースにも直結しますので、しっかりと男性を褒めて、ちゃんと指名を掴んで下さいね(^^)

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング