お仕事を探す
地域から探す
仕事内容から探す
こだわりから探す
お役立ちコンテンツ
女の子リアルインタビュー
お店動画
お悩み相談Q&A
風俗用語集
ももジョブブログ
サポートメニュー
ももジョブとは?
よくある質問
プライバシポリシー
お問い合わせ
トップページ
戻る

ホテヘルの仕事内容とは?

ホテヘル
仕事内容を詳しく解説

お客さまは店舗へ行き、まずはカウンターで女の子の写真を見て選びます。そして受付が終わったら近くの提携ホテルやレンタルームに移動してもらいます。その後にお客さまが入った部屋に女の子が入室し、お客さまにヘルスサービスを提供するというのが一連の流れになります。

①立地
ラブホテル街が近くにある歓楽街や風俗街に店舗があります。代表的な繁華街である新宿、渋谷、池袋はもとより、近くに大きなホテル街がある五反田にも多くの店舗があります。

②お店の雰囲気
お店はお客さんが訪れる受付のあるカウンターのあるところと、女の子が待機するスペースで構成されています。女の子のバレ対策のために受付と女の子の待機スペースは別の部屋なことも少なくありません。店内は一緒であってもお客さんと女の子では出入口が別であるなど工夫されているケースもあります。

ホテヘルの仕事内容をもっと詳しく

利用者が一番多い60分コースを例にお仕事の流れを説明します。

STEP 1挨拶&トークタイム(5分~10分)
自己紹介や世間話をしながら初対面のお客様と距離感を縮めます。
お部屋に入ったことを、お店に電話で報告します。
利用料金をお客様から現金で受け取り、タイマーをセット。
お仕事スタートです。(電話受付の段階で決まることもあります。)
※事前に渡されるお仕事バックの中に釣り銭などが入っているので、お釣りがある場合はそれを使用します。

STEP 2シャワー(5分前後)
お互い綺麗に歯磨きをしてからイソジンうがい液を使って口の中を消毒します。
次に、グリンスという消毒用石鹸水を使ってお客様の脇の下や陰部周辺を綺麗にしてあげます。
※ロングコースの場合は一緒にお風呂に入るのを希望するお客様もいます。

STEP 3ヘルスサービスを行う(30分~40分)
基本的なプレイ内容はお店によって多少の違いはあります。
一般的なホテヘルでは、「キス・混浴・全身リップ・フェラ・手コキ・素股」などを行います。
お客様の要望で「コスプレ・バイブ・ソフトSM」などの有料オプションを行うこともあります
※基本プレイとオプションプレイは、女性側が嫌ならNG設定にする事が出来ます。

STEP 4シャワー(5分前後)
歯磨き以外は最初のシャワーと同じ事をします。
プレイが終わった後も衛生面に配慮してお互いの身体を綺麗にします。

STEP 5名刺を渡してお別れの挨拶(5分~10分)
今回呼んで頂いたお礼を伝えてから、名刺を渡して自分を覚えてもらえるようにしましょう。
次また指名してもらえるようにお客様の事を知ったり、自分の事をもっと知ってもらう為の時間です。
時間になると、最初にセットしていたタイマーが鳴りますので”名残惜しそうに”お客様にお別れの挨拶をしましょう。

※それぞれの時間は目安です。
※上記はホテヘルの一般的な流れです。店舗によって多少内容に違いがある場合もございます。

待機について

待機中の過ごし方

お客様から予約もはいっていない時間は、指名などが入らないかぎり待機中は何をしていてもOKです。
もちろん店舗スタッフさんとしっかり連絡が取れるようにしておけば、コンビニ程度の外出なら問題ありませんよ。

待機室での過ごし方例
・テレビを見る(たいていの待機所にはテレビがあります)
・雑誌を読む
・ゲームをする(ゲーム機やスマホなどは自分のものを使います)
・漫画や本を読む(店内に漫画を多数揃えているお店も多数あります)
・お化粧直しをしたりケアをする。
・お店の女の子どうしでおしゃべり
・仮眠を取る(指名が入ったら店舗スタッフさんが起こします)
・音楽を聴いている
・資格取得に向けて勉強する
・友達や彼氏とメールやLINEする


いざお仕事が入ったら?

実際にお客様からお呼びがかかると、「○○○さん指名入りました♪」と店舗スタッフさんからアナウンスが有ります。
仮に仮眠していたとしてもちゃんと起こしてもらえますよ。
お仕事バックをスタッフさんに渡してもらい、お客様の入っているホテルやレンタルームへ行きます。

ホテヘルで働くメリット

1明らかに不潔・泥酔している人は受付でシャットアウト
万が一とても変なお客さんや不潔な人がお店を利用しようとした場合でも、店舗受付の段階で断られてしまいます。
なのでお客さんのところに行ってビックリ…という可能性はかなり低くなります。
受付のカウンターに来たお客さんの顔をTVモニターで見て、知り合いでないことを確認できるお店もあります。そうした設備のあるお店の場合には、万が一知り合いがお客さんとして入るというようなケースを未然に防げます。
2移動時間が比較的短い
店舗は大抵ホテル街から近い場所にあります。ですから歩いて5分くらいの移動時間になります。
店舗型ファッションヘルスなどに比べると移動時間はありますが、それでもかなり効率的にお仕事することができます。
3盗撮などの心配が無い
接客はすべてホテルかレンタルルームで行い、お客さんの自宅に行ってサービスをすることはありません。
なので、万が一盗撮されていたらどうしよう…というような心配をしなくても大丈夫なんです。
4ネットで顔出しをしなくても写真指名がもらいやすい
デリヘルでは女の子を知るのはお店のホームページだけです。在籍写真に顔を出さないと、かなり指名されにくくなります。
ぼかしなど画像加工をするにしても抵抗のある女の子もいるでしょう。ホテヘルではお客さんが受付カウンターに来て、そこで写真を見て指名することも少なくありません。
ネットでは顔を全くださない女の子でも指名されることが多くなります。

ホテヘルで働くデメリット

1働ける時間が限られてしまいます
店舗型の場合には12時以降は営業できません。夜型の生活をしていたり、ダブルワーク希望で、夜に稼ぎたい人は仕事をする時間がどうしても限られてしまいます。
2接客が始まったら店舗スタッフを呼ぶことが出来ない
受付の時はともかく、実際の接客はホテルの室内で行います。
なので万一何かトラブルがあった場合には、店舗スタッフを呼ぶ場合に時間がワンテンポ余分にかかります。
3お店の数がそれほど多くないので選択肢が少ない
ホテヘルは受付だけとはいえ店舗を実際に構えた風俗店を新規開業することが、現在は大変難しくなっています。
このためお店の数は既存から増えることはありません。なのでお店の選択肢がデリヘルより狭い傾向にあります。

こんな女性はホテヘルに向いている!

  • 深夜の仕事はしたくない女性
  • 仕事に出ている間は集中して効率的に稼ぎたい女性
  • お客様をたくさん確保したい女性

ホテヘルの給料目安

バック金額の目安
60分 8,000円~11,000円
ホテヘルの平均給与
日給 49,000
※1日6時間勤務した場合

月給 686,000
※週3~4日平均の場合
給与の傾向
コース金額の40%~60%がバック率の平均となります。

60分9,000円のバック金額で計算すると、3人接客して27,000円が1日のお給料になります。
デリヘルに比べるとお店によってはロングコースは少ないこともあります。
なお、車での移動がないので、稼ぎにつながらない移動時間があまり無いことが特色です。
お客さんが多いお店の場合は、かなり効率的に稼ぐことができます。

ここが知りたい!ホテヘルQ&A

  • Q.
    ホテヘルとデリヘルは似た仕事ですが、どちらが稼げますか?
    A.
    確かに女の子がホテルに入った後のサービス内容という意味では、差がすくないですよね。デリヘル、ホテヘル双方にメリット・デメリットがありますが、いずれにしてもお客さんが多く入る方が稼げるという事実は変わりません。業態の違いよりも「自分のキャラにピッタリ合ったコンセプトのお店」を選んだほうが稼げる確率は高まるでしょう。
  • Q.
    ホテル街を移動しているときに知人に会ったらどうしようと心配です
    A.
    入る前に心配するほど、実際に知人にばったり会ってしまうことは無いんですよ。家族や彼、友達の行動範囲からなるべく離れたエリアを選ぶこと、そして普段と違う服装をするなど、細かい点にまで気をつかえば大丈夫です。
  • Q.
    入店のときに実技講習は必ずあるのでしょうか?
    A.
    現在は実技講習を行うお店と行わないお店で半々くらいです。最近はDVDやマニュアル本、口頭などで仕事の流れを教えるお店が増えてきました。苦手な女の子は講習なしのお店を選びましょう。

働いた人の声


  • 23歳/Yさん
    移動時間がほとんど無いので、短い時間出勤して集中的に稼ぐことができます。

  • 21歳/Sさん
    同じホテルで3人の接客を連続してするなんてこともあります。そうするとわずか3時間の仕事で3万円…というように、稼ぎがとっても効率的です。

  • 24歳/Rさん
    体質的に夜は10時くらいには眠くなってしまいます(笑) なので昼間に稼ぎやすいお仕事なのでとっても助かります。