話題のAirbnbは出稼ぎでも使えるが注意が必要!ネカフェはNGの理由

遠方への出稼ぎ風俗をする時には、必ず宿泊場所が必要です。

また通勤できるけれどかなり遠いエリアのお店で働いている場合、出勤シフトや時間によっては、お店の近くで1泊してしまいたい時ってありますよね。

働いているお店に寮があればそれが一番です。

お店から近いし、ホテルなどに泊まるより割安です。

ところが

寮がないお店

寮がいっぱいで使えない

寮はあるけれど汚い

時には、自分で宿泊先を確保しなければいけません。

泊まれる(寝ることができる)場所とそれらの比較

そして今話題のAirbnbはどうなのか

について

趣味は貧乏旅行

地元では絶対働かないと決めている

私が解説します☆

LOVERS-A (ラバーズエー)

寮がない時に泊まれる場所

お店の寮が使えない時に泊まる場所と一口に言っても

・働いているお店が店舗型かそうでないか→ソープやマットヘルスであれば、お店の広いお風呂を使えるので、宿泊先はシャワーだけでも問題なし。

 

・翌日も仕事なのか→寝るだけでいいのか、荷物を置きたいのか。仮眠でいいのか、ぐっすり寝るのか。1泊だけか連泊するのか。

によって選び方が異なります。

また

安さ

清潔さ

寝心地

 

のどれを優先するかも大切なポイントです。

店泊

お店の個室や待機場で寝る店泊。

価格は0円で済むので、金欠風俗嬢にはありがたいのですが…

昔の風俗店ではあったようですが、最近は法律上や防犯上の問題でほとんどのお店が店泊NGです。

ホテル

出稼ぎで、お店に寮がなかったり寮がいっぱいだった時には、近くのホテルに泊まる女性が多いです。

ホテルの価格はピンキリですが、出稼ぎ風俗嬢が多いお店なら近くの比較的安いビジネスホテルを紹介してくれます

そういうお店の場合、ホテル代を一部お店が負担してくれることも多く、5000円台のホテルが自己負担3000円で泊まれたりもします。

ラブホ

風俗街の近くにはラブホテル街があることが多いですよね。

普通はカップルで利用するものですが、お店が普段から利用しているホテルであれば、女性1人でも泊まれ、なおかつ格安料金になることがあります。

風俗店が利用する安いラブホですから、古さは否めません。

彼氏と行くようなキレイなラブホとは大違いですが、寝るだけならアリではないでしょうか。

壁が薄いと、隣の声に悩まされるかもしれないので、耳栓またはイヤホンが必要です。

カプセルホテル

自分で安く寝る場所を探すなら、カプセルホテルも選択肢に入りますよね。

都心であれば、キレイなカプセルホテル(レディースカプセル)も増えています。

私も東京・千葉・大阪・名古屋・那覇で利用しましたが、キレイでお得です。

ドアはありませんが、セキュリティボックスが備え付けられているので貴重品は安心です。

周りの物音や気配をあまり気にせず寝ることができる人で、1泊程度の滞在ならアリだと思います。

サウナやスーパー銭湯

サウナやスーパー銭湯の仮眠室で寝る方法もあります。

広いお風呂やサウナでサッパリできるのはいいですよね。

ただし仮眠室での雑魚寝はプライバシーが一切ありません。

「仮眠」スペースというくらいですから、寝心地という点では微妙です。

また途中外出ができないところが多いので、その点も不便です。

じゃらん

楽天トラベル

一休

予約コム

など宿泊予約サイトの割引を使えば、深夜料金が加算されるサウナと変わらない値段で泊まれるカプセルホテルやホテルもあるので、よくチェックしてみてください。

ネカフェ

友達と遊んで終電を逃したから始発待ちでネカフェ

このパターンならまあいいと思うのですが、出稼ぎ風俗などでがっつり働き疲れ切った状態で寝るには、ネカフェはオススメできません

セキュリティ面でも安心できませんし、フラットブースでも大柄な人は足が延ばせません。

ぐっすり寝ることは難しいでしょう。

また値段面でも、8時間、10時間と長時間滞在してしまうと、結構な金額になります。

ネカフェに3000円近くを払うなら、あと1000円か2000円プラスしてカプセルホテルか安いホテルに泊まる方がいいですよ。

寮完備の求人✨

Airbnbはどう?

貧乏旅行好きの私が最近嵌り出したのが、Airbnbの利用です。

ホテルの場合、国内だろうが海外だろうが、安いといっても5000円~とそこそこの価格ですし、それ以下のホテルとなると…

本当に安いホテルは汚いです。

汚いのは嫌です。

また散々動き回った後は、ベッドで大の字になってイビキをかいて寝たいので(笑)、他人を気にしないで済む個室がいいです。

女性ですから安全面も大切です。

風俗で働けば、1日3-4万円が稼げるのに、その1割以下の金額をケチって、盗難に遭ったり怖い目に遭うなんて馬鹿らしいじゃないですか。

というわけで絶えず

安くて

安心で

キレイな

寝床を探している私ですが、Airbnb、オススメです!

お部屋はピンキリですが、上手に探すことができれば、同エリアのホテルの半額から3分の2程度の金額で快適なお部屋を利用できます。

Airbnbとは

Airbnbって聞いたことがあるけど、あまりよく知らない

という人のために説明しますね。

Airbnbというのは、宿泊施設・民宿を貸し出すホスト(貸主)と利用者をつなぐサイトです。

最近は民泊という言葉で知られています。

192か国、33000の都市で80万以上の宿泊施設を提供している有名サイトです。

検索・予約もとても簡単ですよ☆

ここに注意

民泊ということは、知らない一般人が家やマンションを貸しているってことでしょ?

危なくないの?

トラブルはないの?

Airbnbを利用したことがない人は、必ずそう言います。

なので注意点を挙げておきますね。

優良認定されているスーパーホストを選ぶ

知らない土地へ行く場合

Airbnb初心者の間

必ず優良認定されているスーパーホストを選んで下さい。

スーパーホストであれば間違いありません。

Airbnbにはたくさんのホストがいますが、中にはいい加減なホストもいます。

また口コミや評価もしっかりとチェックして下さい。

支払いはカード

支払いは直接ホストとやり取りするのではなく、Airbnbを通してします。

その時にはクレジットカードかデビットカードが必要です。

両方持っていないという人

何らかの事情でクレカは持てないという人

せめてデビットカードを1枚作るといいと思います。

まとめ

寮がない風俗店への出稼ぎはちょっと大変ですね。

できれば寮があるに越したことはないです。

ですが風俗のお仕事は

最も標準的な一般デリヘルで普通に働いても、日給4万円(平均)

と高収入が稼げるので、汚い寮で我慢するくらいなら、自分の気に入った場所で寝るのもアリだと思います。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

今気になるのは風俗出稼ぎ あなたは地方へ出稼ぎ派?都会へ出稼ぎ派?... 風俗業界では数年前から出稼ぎが注目されています。景気の悪化や雇用の不安定さから、風俗も昔ほどには簡単に稼げないといわれています。景気のいい数十年前は、本当にきれいな風俗嬢なんて珍しかったんです。ハードサービスになればなるほど、レアでした。それが現在では、一部の稼ぐ女性...
風俗で出稼ぎに行くとき、荷物に入れておきたいモノを集めてみました!... 地方から大都市に少しの間だけ風俗のお仕事に行く。逆に大都市から近郊や地方への働きにいくなど、出稼ぎをする女の子たちが増えています。短期間でまとまった稼ぎができますし、知り合いのいない場所でバレの心配なくお仕事をできるのが人気のポイント。私も実際にしてみようかな?という出稼ぎ初...
出稼ぎ風俗の交通費支給!新幹線や飛行機代、本当に出る?... 在籍店は閑散期で稼げない…まとまったお金が急に必要になったから、集中的に働きたい…風俗を始めたいけれど、誰にも絶対バレたくないから、知っている人がいない土地で働きたい…そんな女性にぴったりなのが、出稼ぎ風俗です。出稼ぎ歓迎と求人に記載している風俗店の中には、保...
初めて出稼ぎ風俗するならこれだけは訊いておこう!お店への確認事項... 出稼ぎ風俗嬢や出稼ぎ風俗という言葉を聞いたことはありますか?TwitterなどのSNSや風俗求人サイトで、よく目にしますよね。風俗の出稼ぎというのは、家から通勤できない遠い地域の風俗店で、短期間集中的に働くことです。地元の在籍店の稼ぎに不満足…急にまとまった金額が必要...