営業してるつもりが時間と労力の無駄!風俗嬢の正しい対お客さんLINE

   - 働き方 , , ,

風俗店では、キャバクラやラウンジと違い、お客さんとの連絡先交換や店外での個人的なやり取りを禁止している場合が多いです。

もちろん同伴・売上・指名ノルマなんてものもないので、仕事が終われば完全にプライベートの時間です。

この出勤時間外の営業不要なところも、風俗の長所ですよね。

同じナイトワークでも、起きたら営業LINE、暇があれば営業LINE、それでも溜まっていく未読…

というキャバ嬢やホストは、不自由だなあと思います。

ところが実際には、指名のお客さんとLINEやメールアドレスを交換してやり取りしている風俗嬢も結構います。

デザインプリズム

お客さんとの連絡先は禁止じゃないの?

ここで

あれ?お店で禁止されているのに、連絡を取り合う人がそんなにいるの?それっていいの?

風俗未経験者や初心者はもちろん、真面目な風俗嬢さんなら、こう思ったかもしれませんね。

まず何故風俗店が、働いている女性にお客さんとプライベートで連絡を取り合わないようにしなさいと言うのか

その主な理由をご説明しましょう。

お客さんの主な最終目的は、直引き・無料会い・恋愛。

直引き防止:高い宣伝広告や求人広告を出して集めたお客さんと風俗嬢。お店を通さない交際をされてしまうと、お店には二重に損失が発生します。

犯罪やトラブル防止:援助交際は言い換えると売春。金銭トラブル、暴行(レイプも含みます)、つきまといなど危険の温床です。お店は守ってあげることができません。

女性が他店に移籍すると、本指名のお客さんもついて行くので売上がごっそり奪われてしまう。

・出勤時間外まで、四六時中、「風俗嬢」をやっていると、風俗バレの原因にもなるし、リフレッシュできない。この仕事はONとOFFの切り替えが大切。

こんな感じです。

ですから

お店にお客さんを呼ぶために

何度もリピートしている安心できるお客さんに限って

連絡を取り合うならOK(お店に要報告)

という形を取っているお店は多いです。

実際、風俗業界には昔から「姫予約」という制度が、普通にあります。

これは常連のお客さんがお気に入りの風俗嬢に直接予約を入れ、女性がお店にそれを伝えるというものです。

姫予約って?

いきなり初回でLINE交換を求めてくるお客さんも

世の中にはいろんな人がいますが(笑)、キャバクラや風俗に来る男性も本当に様々です。

指名なしフリーや写真指名といった初対面でいきなり

連絡先の交換
店外

を要求してくる人がたまにいます。

キャバクラなどの水商売ならともかく、風俗でこれははっきり言って厚かましいです。

こういうお客さんは

・フリー、ショートで本強、店外要求も当たり前。勝手に女性の下着や持ち物を手にとって見ようとしたり…とにかく厚かましい。

・風俗はあまり利用せず、飲みに行くことが多いキャバクラ脳。

・イケメン自慢orステイタス自慢のナルシスト。

が多いです。

やんわり断っても、繰り返し要求する
要求が通らないと、拗ねる

のも特徴です。子供かっ(笑)

そしてLINE・メールや店外のお誘いはマメにきますが、あまりお店でお金を使ってくれません。

お金持ちで遊び慣れている男性や、押しの強そうな自営業の男性でも、紳士的な人は…

 

何も要求せず通い続けてくれるか、少なくとも必ず数回以上本指名で通ってから連絡先交換できるか聞いてこられます。

それ、私に何のメリットがあるの?

風俗ではお客さんに営業連絡する必要がありません。

それでも指名を少しでも増やしたいと思い、いわばオプション的に連絡をこなすなら、無駄な時間と労力を使ってはいけません

高収入のためにこのお仕事を選んだ風俗嬢たるもの、仕事絡みでしなくていいことをする時は必ず

それ、私に何のメリットがあるの?

こう考えて判断して下さい。

もうこれ、紙に書いて壁に貼るか、携帯の待ち受けにして欲しいくらいです。

時間と労力を無駄にしない、正しい営業LINEのやり方

連絡先を交換したお客さん全員が

お金をいっぱい使ってくれる太客

金額や頻度はそれほどではないけれど、困った時や暇な時には必ず来てくれる都合のいいお客さん

のどちらかに育つわけではありません。

中には

・1日に数回LINEがくるなど、連絡頻度が高い。

・彼氏気取り。

・返信しない、または遅れると機嫌が悪くなる。

・風俗を辞めるように言ってくる。

・プライベートや仕事に口を挟んでくる。

・店に来ない。

・店外の誘いばかり。

これらのどれか、または複数に当てはまるお客さんも絶対に現れます。

正直、面倒臭い、ダルい、ウザいのトリプルコンボでしかありません。

キャバクラなどの水商売でもこの手のお客さんはいますが、風俗でこれをやる男性は本当に痛いし、やり取りは無駄でしかありません。

風俗嬢の営業連絡の心得7ヶ条

①指名で来てくれる気がある人とだけ、やり取りする。

② メールなら短文でいい。写メ日記程度の長さで十分。

③ LINEもダラダラとラリーしない。

④ 太客さんでも、お礼、必要な連絡、お正月や誕生日など大切な日の連絡はきちんとするが、その他の雑談はあくまでお店に来てもらうためのやり取り+おまけというスタンスでOK!

⑤ 全然お店に来ない人に頻繁、長々とLINEする必要なし。それで切れるならそこまでのお客さん。

⑥ メル友のようになってしまうと、そこで疑似恋愛が満たされ満足してしまうことが多い。がっつり恋人プレイはお金を払ってもらったコース時間内で。

⑦ 連絡先交換しなくても、リピートしてくれる人はしてくれることを忘れないで!

お店変えるならももジョブ!

連絡先交換するならここに注意

時間と労力を無駄にしない

都合のいいメル友やLINE友達にされない


この2つの他にも、風俗嬢がお客さんと連絡先を交換して個人的にやり取りするなら、気をつけたいことがあります。

連絡先を交換することで起こる主なトラブルとしては

身バレ

風俗バレ

自己中な相手の要求や執着がどんどんキツくなる


この3つが考えられます。

これらを防ぐためには、次の対策が有効です。

メアドは営業用の捨てアドで

営業用の捨てアドを持つ。お客さんにはこれを教える。

まずこれが考えられますね。

普通のお客さんはこれでも満足するのですが、中には

「フリーアドレスなんて捨てアドじゃないか(ムッ)」

「メールは面倒臭いからLINEで!」

「文章を打つのが面倒臭い。電話にしよう!」

と言う男性もいます。

私的にはここで

「私、LINEしないから。」
「電話は嫌いだから、出ないよ〜w」
「じゃあ無理だねw」

と言ってしまってもいいと思わないでもないのですけど

切れたくないお客さんなら、仕方ないですよね。

携帯二台持ち

LINEや電話番号を求められたら、携帯やスマホを二台持ちするのが一番です。

今は格安スマホもあるし、複数持てば割引もありますよね。

キャバ嬢やホストも二台持ちが当たり前です。(中には本当のプライベート用、プライベートに見せかけた太客・色恋客用、その他のお客さん用の三台持ちというツワモノも)

そしてプライベート用のスマホがあることは、お客さんに知られないようにしましょう。

二台持ちができない場合は

二台持ちができると一番楽なのですが、できない場合は色々と注意が必要です。

サブ番号を持つ。050で始まる番号で知られるSMARTalkが有名ですが、他にも色々あります。

LINEはトップ画、ホーム画面、タイムラインに注意。写メ日記の写メ同様、些細なことから身バレするものです。

また、タイムラインは、投稿時に「友達にだけ公開」を選んだり、最悪ブロックしても、大元の設定が限定公開になっていなければ…

なんと他の人のタイムラインやハッシュタグ検索からアナタの投稿を閲覧可能なんです。

これ、怖いですよね。

知らない人が多いんですけど、アナタは知っていてましたか?

知らなかった人は、公開範囲をダブルチェックして下さいね。

また電話番号・メアド・LINEを1つでも教えると芋づる式に、他のSNSを発見されてしまう可能性があります。

・連携していないか。
・IDが同じでないか。

そして

・LINEをはじめとしたSNSを本名でやっていないか。

確認して下さい。

ちなみに友達から

「ミキぷ〜、元気にしてる?会いたい〜」
「りりちゃん、かわいい♪」

なんてコメントがきて、アナタの本名がバレてしまうことも。

お客さんに本名を訊かれて、「嘘の本名」を教えている場合は…面倒なことになりそうです。

営業連絡にプライベートを食われないために

1日中、即返信を求められたら、彼氏や友達でも大変です。

自分の活動や生活に悪影響しかないですよね。

ましてそれが風俗のお客さんなら、なんでこんなことしないといけないんだろう?というフラストレーションがすごいです。

と揉めたり指名を失ったりしたくないという気持ちから我慢しても、ストレスだし、お客さんのことも嫌いになりそうです。

また昼の職場・学校・家庭で風俗に関する仕事をするのは、それがメールであっても風俗バレにつながるリスクを高めることになります。

こうならないためには

・最初に、マメな連絡は無理と予防線を張っておきましょう。

忙しい、睡眠が浅く体調に差し障るので寝てる時は電源を切ってる、仕事中や学校ではスマホを見ない…

それでもいいなら連絡先を交換できると、最初に宣言しておくべきです。

特に即返信する必要のないものや来店につながらない、おはようLINEや雑談メールなら、チェックするのは通勤中や仕事の合間で十分です。

毎日の連絡、日課報告が当たり前にならないようにするには、お客さんを過剰に甘やかさないことです。

まとめ

風俗では必要とされていないお客さんへの営業連絡

敢えて貴重なプライベートの時間を使ってするのなら、後で

しなければ良かった
無駄だった

と後悔したくないもの。

営業メールやLINEをする価値があるかの見極め

身バレ、風俗バレの防止

この2つはしっかりして下さいね。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

風俗嬢が知っておくと便利な営業メールのコツとNGなお作法事例!... 風俗嬢のお仕事に、お客さんへの営業メールは含まれていないことが多いですね。キャバ嬢として働くなら営業メールは避けては通れませんが、風俗嬢ならほとんど営業メールに気を配らなくてもOKです。ただし!今より沢山指名が欲しい風俗嬢さんや、色恋管理出来そうなお客さんのリピート回...
美人・不美人じゃない!風俗客に人気の見た目は作れる!... 人は見た目だけじゃないとはいうものの…合コン・街コンなど第一印象が勝負の場や、キャバクラや風俗などのナイトワークでは、見た目はとても大事です。風俗でもやっぱりルックスやスタイルが特にいい女性は、ネット指名(写真指名)が入りやすい。これは事実です。実際に接客した...
女子の嗜み「経験人数は少なめに言う」は客の「俺何人目?」にも有効... 風俗で働いていると、「は?」と言いたくなるような質問をお客さんから受け鬱陶しいな…と感じることがあると思います。それ訊いてどうするの?と言いたくなるような質問のひとつが「今日、何人接客したの?」「俺で何人目?」というように、それまでの接客人数を...
風俗嬢だって疲れる!こんなお客さんの延長は断ってもいい!... 接客中にお客さんから「延長できる?」と言われることってありますよね。やったー!ラッキー♪と思える時はいいのですがああ、嫌だな…でも我慢しなきゃと感じたり接客が終わった後でこれなら延長してくれなくて良かったと感じることも残...