風俗嬢さん!アナタのホスト通い、人に言わないのが身のためです!

アナタはホストクラブに行ったことがありますか?

「俺か俺以外か」のローランドがTVに出演したり

ホストクラブを舞台にした乙ゲーやドラマが流行したり

ホスト自体も昔の「どこから見ても普通の人じゃない」ギラギラ感がなくなって、「お酒飲めない」「スーツ着ない」ネオホストが現れたり

敷居が低くなったので、普通のOL、美容師、看護師、学生、主婦でも

 

初回だけなら数千だし…

1回2万円で飲めるし…

 

と女子会やストレス解消に利用するようになりました。

実際、ホストクラブも昔のように景気が良くないので、クリーンなイメージをアピールして

アイドルユニットもどきを立ち上げたり

読書会や自己啓発系セミナーを開いたり

ボランティア活動をしたり

してますもんね。

ですがやはりホストはホスト。

ホストに嵌って未収(売掛)を払えなくなり、風俗デビューする女性はやはりいます。

LOVERS-A (ラバーズエー)

風俗嬢=ホス狂はウソ

風俗嬢を貶したい人の中には

 

イマドキ、普通に働いても生活はできるんだから、風俗嬢なんて贅沢したいだけ

風俗嬢なんてどうせホス狂いだろう

 

と決めつける人もいます(^^;)

極論ですよね。

実際には

 

奨学金返済や学費のため

夢や目標のため

家族を支えるため

人生を変えるため

 

頑張っている女性がたくさんいます!

馬鹿にすんな!って思います。

もちろん

 

ブランド物を買ったり、ワンランク上の豊かな生活がしたい

お気に入りのホストの太客をしている

 

という風俗嬢もいます。

私は個人的には、そういう女性がいてもいいと思います。

自分のためにも程良くお金を使っていて、ある程度貯金もできているなら、何を楽しむか、何にお金をかけるかはその人の自由です。

ただホストにはまることで

 

借金が増える一方

心身の健康が損なわれるような鬼出勤や乱れた生活

メンタル不安定からのリスカや摂食障害

貯金ゼロ

自分にかけるお金がなくボロボロ

 

という女性がいることは事実です。

そういう女性、通称ホス狂を見てしまうと、ホスト通いする女性にマイナスの目が向けられるのは仕方ないところもあると思います。

ワケアリさんが多く他人に寛容な風俗業界でも、ホス狂は一部の女性だけで、しかも周りからあまりよく思われないことは確かです。

男性は女性のホスト通いに否定的

節度を持ってホストクラブに行くのは女性の自由です。

男性なんて

クラブ、ラウンジ、キャバクラ、ガールズバー、スナック、風俗に行くし

AVやアダルト動画も観るし

ライブチャットや出会い系も愛好してるし

女性がホストクラブで

きゃ~イケメン♡

とはしゃいでお酒を飲むくらい、かわいいもんです。

私達、電車で痴漢したり、生徒にわいせつ行為したり、部下や取引先の女性にセクハラしたりしてませんから!

ところが、世間の男性は女性のホスト通いにとても否定的です。

正確には、女性も男性も一般的に、女性のホスト通いには否定的です。

【夫のキャバクラ通いを許せるか許せないか】

という調査では、半数の女性が「問題ない」「許せる」と回答しており、「嫌だ」「許せない」と回答した女性も相当数が

「仕事の付き合いなら仕方ない。自腹は嫌。そんなお金があるなら、家計に回せ。」

「1人で通っていないなら、許せる。気に入ったホステス目当てに通い詰めているなら、許せない。」

というもので

「許さない。浮気と見做す。」

という意見は反対に

「厳し過ぎる。」

「理解がない。」

と批判されていたんです。

ところが同じように

【妻のホストクラブ通いを許せるか、許せないか】

というアンケートでは

「許せない」が8割

理由は

 

そんなことに金を使うなんて、絶対に許せない。

非常識。

「世間体が悪い。」

妻じゃなくても、許せない。

浮気と同じ裏切り。」

「自分に不満があるから、ホストと浮気したくて行くのだと思う。」

「一言、あばずれ。」

男のキャバクラとは絶対に違う。許すわけがない。」

 

と全力で否定です。

残りの2割には

 

「自分の収入で行くこと、僕と同じまたはそれ以上に稼ぎ、家計は折半なら許す。」

「俺もキャバクラなどに行くし浮気もするので、お互い様。」

「1回くらいお遊びで行くなら。」

 

と条件付、理由ありのOKがほとんどでした。

残念ながら

「気分転換やストレス解消なんだから、何も問題ない。」

というような意見はほぼありませんでした。

この差…すごくないですか?

いや、思いますよ、私だって。

不公平過ぎるだろ(-_-;)

「妻じゃなくても、許せない。」

「男のキャバクラとは絶対に違う。許すわけがない。」

は?何なの?

って思います。

ただこれが現実なんです。

しかもこの意見に反発する女性の多くは

 

自分もホストクラブなどを楽しむ女性

男女は全てにおいて完全に対等であるべきだと思う女性

 

です。

そうでない女性のほとんどは、女性のホスト通いに否定的です。

お店変えるならももジョブ!

風俗でストレス少なく稼ぎたいならホスト通いは伏せる

男尊女卑じゃん!

と怒るのもよし

私は私のしたいことをする!それだけ稼いでるし!

と自由を満喫するのもよし

ただし風俗嬢としてストレス少なく稼ぎたいなら、ホスト通いは伏せておくのが賢いです。

何故ならアナタがホス狂宣言してしまうと

 

お客さん

男性スタッフ

ホスト嫌いの同僚女性

 

この3方向から悪い印象を持たれてしまうからです。

風俗嬢のお仕事は、いかに男性客から

価値のある女性として好まれるか

の勝負ですよね。

男性から安く見られたり嫌悪感を抱かれるような側面は、見せないことが大切です。

そしてお客さんだけでなくスタッフも間違いなく男性です。

上のアンケートで答えている男性達と同じです。

内心そういう風に思われながら、お仕事を一緒にしていくのは損はあっても得はないと思います。

お客さんの前ではもちろん、待機場でも、ホストの話をしないこと

もし聞かれても

知らない

と答えるか、せいぜい

「前に友達からどうしてもって誘われて、1回行ってみたことがあるw」

位に留めておきましょう。

最後に

待機場でのちょっとしたお喋りから、噂が広まることってあります。

仲がいいと思っていた同僚女性が、他の人に色々言っていたり、それがスタッフやお客さんにまで伝わって気まずい思いをすることも…

風俗のお仕事は、できるだけストレスやトラブルなく、楽に効率的により高収入を稼ぎ、早く目標を達成することが最も大です。

 

仕事に集中したい

余計なせんさくや気遣いが面倒

 

という場合は、個室待機の風俗店で働くのもいいですよ。

個室待機のある優良風俗求人はこちらから

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

   人気グループランキングTOP5

NADIAグループ
スパークグループ
シンデレラグループ