風俗嬢が店を移籍する理由!稼げないからだけじゃなかった

風俗嬢が店を移籍する理由!稼げないからだけじゃなかった

 

お茶を引くことが多いのですが…

全然稼げなくて、支払いができません…

移籍したほうがいいですか?

この相談、よく受けます。

風俗で働いているのに、生活費に困る

風俗嬢なのに、昼職と同じ、またはそれ以下しか稼げない

私からのアドバイスは当然

新しいお店を探しましょう

です。

だってそこで働いても、意味なくないですか?

時間の無駄だと思うし、状況はますます悪くなるばかり。

でもそうアドバイスしながら

どうして、この女性は移籍をためらうんだろう?

何が、辞めてはいけないと思わせているんだろう?

と不思議に思ってたんです。

もしかして

 

一度始めた仕事(お店)を辞めるのは、良くないこと

移籍は稼げないダメな風俗嬢の証拠

なんて思っていませんか?

 

エテルナ

稼げないお店は辞めるのが、風俗の常識

稼げないお店は辞めるのが、風俗の常識皆さんのご両親世代なら

学校を卒業したら、正社員として就職

結婚退職または定年退職まで、同じ会社で働き続ける

これが正しい道

中途採用?転職?

フリーター?

それってつまり「失敗」よね~

と思っている人がいるかもしれません。

そしてこれだけ転職が普通になった今でも

転職回数が多いと、なんとなく後ろめたかったり…

面接で突っ込まれて、嫌な思いをしたり…

することもあります。

ですがそれは、あくまで昼職の世界の話です。

風俗は一生する仕事ではありません。

高収入を短時間または短期間で手にするために、最も効率の良い働き方

それが風俗です。

なので

稼げるか

稼げないか

これが全てだと言っても過言ではありません。

もちろん高収入を稼げても

体を壊したり

ストレスが耐えられない程ひどかったり

というのはアウトです。

ただ稼げない風俗は、する意味がありません。

残念ながら、世の中にある全ての風俗店に、お客さんがどんどんやって来て満員御礼というわけではありません。

自分が働いてみたお店が暇

最低限これだけは稼ぎたいという金額が稼げない

そんな場合は、さっさと辞めて次のお店を探す

今よりもっと稼げるお店がある

そんな時も、辞めて移籍する

これが風俗業界では当たり前です。

 

移籍してきた経験者は、稼げない風俗嬢だったの?

移籍してきた経験者は、稼げない風俗嬢だったの?風俗では辞めることに罪悪感を持つ必要がないことは、分かって頂けたでしょうか?

もう1つ、移籍に消極的になる原因は、心のどこかで

辞めて風俗を上がるのではなく、他のお店で働くのは、前のお店で稼げなかったから

という思い込みがあるからではないでしょうか。

皆さんの中には、「転々虫」という言葉を聞いたことがある人もいると思います。

テントウムシじゃないですよ、テンテンムシです。

稼げなかったり居心地が悪くなり、数日~数ヶ月以内に辞めて別の店へ…

これを延々繰り返す風俗嬢を揶揄する言葉です。

「あの子は人気がないし、転々虫だから」

なんて貶す時に使います。

確かにそういう風俗嬢も一部存在します。

ですが、移籍する=前の店で稼げないとは限りませんし、移籍する=どこのお店でも稼げないでも決してありません

ランキング上位の女性が移籍することも、自分のカラーに合うお店や忙しいお店に移籍した途端、今までの倍くらい稼げるようになる女性もいます。

たまに待遇や環境の悪いお店が、女性を辞めさせないでおこうとする時にも

「すぐ辞める子は、覚悟が足りない」

「転々虫はどこに行っても稼げない」

と言うので要注意です。

質の良くないお客さんに当たってしまったから、きれいさっぱり忘れたい

質の良くないお客さんに当たってしまったから、きれいさっぱり忘れたいでは、風俗嬢は

稼げない

以外にどんな理由で、移籍するのでしょう?

よくある理由を3つ、ご紹介します。

1つめは、お客さんとのトラブルです。

しつこい過剰要求や、悪質な本番強要

営業のためLINEやメールを交換したら、度を超えて、連絡が頻繁、内容が不快、店に来ず外で会おうとするなど

ストーカー化

モンスタークレーマー

暴言

運悪くこういうお客さんに当たってしまうと、精神的にとても消耗します。

お店は女性を守るため色々力になってくれますが、不快感、不安、恐怖心などがぬぐえ無い場合、いっそお店を変えてしまったほうがスッキリする場合もあります。

たまに、お店を通さず直引きしてトラブルになるケースもあります。

これは自業自得と言えますが、お店にバレるのを心配して移籍する風俗嬢もいます。

いずれにせよ、できるだけストレスは少なく安全に働くことは大切です。

一身上の都合で…

一身上の都合で…就職活動の時期になった

学校を卒業して社会人になった

本業の仕事内容や勤務時間が、転職・異動などで変わった

彼氏と結婚を考えるようになった

結婚した

子どもが小学校に入学した

引越した

などプライベートの生活に変化があれば、今までのお店で働き続けることが難しくなることもあります。

例えば

離婚後、子どもは保育園に預け、ヘルスで集中的に働いてお金を貯める

上の子どもが小学校へ入学したのを機に、回春マッサージ店のお昼勤務に変更

高級デリヘル勤務

彼氏と婚約したので、モニターでお客さんの顔をチェックできるホテヘル型のエステに移籍し、顔出し完全NGに

こんな風俗嬢は割合よくいます。

自分の都合に合わせて働けるのが、風俗ワークの良いところです。

スタッフと合わなかった

スタッフと合わなかった3つめの移籍理由は、スタッフやお店の方針・雰囲気が合わなかったというものです。

店長やスタッフと合わなかったから移籍したという風俗嬢は、少なからずいます。

もちろん

仕事は仕事

お互い人間なのでミスもあれば、合わない人、合わない部分もあるので、妥協と大人な対応は必要です。

ですが

生理的にどうしても苦手で出勤が嫌になる

何度考えても、納得できない

理不尽なことが多い

スタッフやお店に明らかに問題がある(悪質店ですね)

といった場合、店長など上の立場の人に相談しても解決しないことがあります。

日々、ストレスを感じながらでは、伸び伸びと働くことができません。

まれにですが、露骨にお気に入りの女性だけひいきしたり、そうでない女性には厳しい態度を取る、干すといったスタッフも残念ながら存在します。

そんな時に、我慢してズルズル働くくらいなら、サクッと辞めて、もっと居心地の良い環境で働くほうが、本来の接客に集中できます。

接客以外の余分なストレスは、少ないに越したことがありません。

まとめ

より多く稼ぐため

安全優先で働くため

自分の都合によりマッチする環境で働くため

ストレスフリーで自分の実力が発揮できる職場で働くため

これらの理由で、風俗嬢は移籍します。

効率とハッピーな毎日を重視する女性ほど、絶えず

もっといいお店はないかな?

とアンテナを張り巡らせて、求人サイトのチェックも怠りません。

実はこれは風俗だけでなく、キャバクラなど水商売の世界でも同じなんです。

夜の世界で、移籍はステップアップです☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す