眠れない…体調が…悩む風俗嬢にぐっすり寝る方法教えます

眠れない…体調が…悩む風俗嬢にぐっすり寝る方法教えます

夜職という言葉が示すように、風俗嬢は夜、働いている人がかなり多いです。

もちろん、朝から、または日中営業しているお店もたくさんあります。

ほとんどのお店が夜だけ営業するクラブ、ラウンジ、キャバクラ、ガールズバーなど、いわゆる水商売とは、そこが違いますね。

 

ただ風俗もやはり、忙しくなるのはです。

 

そのため

より多く稼ぐことを優先している女性

昼間は他に本業の仕事や学校がある女性

は、夜から深夜または朝方まで出勤します。

 

そこで問題になるのが

生活リズムの乱れ

 

そして

睡眠不足

です。

 

夜の仕事を始めてから、ぐっすり眠れない

という悩みを抱えている人は、案外多いんですよね。

JDリフレ

しっかり眠れない原因

しっかり眠れない原因

風俗嬢がしっかり眠れなくなる原因は、主に次のようなものです。

 

夜出勤のため、昼夜逆転

朝方まで働くので、寝る時間は既に朝日が輝いている

疲れているような疲れてないような…

色々考えて、リラックスできない

仕事が終わるとドカ食いしてしまい、寝つきが悪くなる

ついダラダラとスマホを見たり、ゲームしてしまう

 

アナタも思い当たることありませんか?

眠れないとこんな悪影響が

眠れないとこんな悪影響が

よく1日7-8時間の睡眠が理想的だって言いますよね。

もちろん、それだけ寝ることができればベストかもしれませんが、必要な睡眠時間は個人個人で異なります。

また睡眠は、長い時間ダラダラと質の悪い睡眠をとるよりも、短めでもぐっすりと寝る方効果的です。

なので大切なのは、睡眠の質を上げることなんです。

 

残念ながら

眠れない…寝つきが悪い…

という人の睡眠の質は、悪いです。

 

このような寝方しかできないと、次のような悪影響があります。

 

昼間、絶えず眠い

起きている間、集中力が働かない

疲れやすい

免疫力が下がり、風邪などを引きやすくなる

色々と体調が悪い

事故や怪我の原因になる

肌が荒れる

眠いのに寝れないというムダな時間を過ごすことになる

スムーズにぐっすり眠る方法

スムーズにぐっすり眠る方法

寝たいのに寝れないと、睡眠導入剤など薬に頼ろうとしてしまう人がいますが、あれはあまりオススメできません。

 

なぜなら睡眠薬には

薬が切れるまで起きられない

無理に起きても頭がボーッとしたまま

癖になる

といったマイナスの面もあるからです。

なのでまずは、次にご紹介するよりナチュラルな方法を試してみてください。

入眠儀式でリラックス

寝る前にやって欲しいことを、順に紹介しますね。

 

①お風呂に入り、お湯に浸かる

朝シャン派の人も、寝る前にお風呂に入る癖をつけましょう。

そしてシャワーだけでなく、ぬるめのお湯に肩まで浸かりリラックスします。

好きな入浴剤を入れたり、体をマッサージしたりするのもおすすめです。

②遮光カーテン&アイマスク 

昼間に寝るなら、遮光カーテンは必需品です。

日中の太陽光が入ってくると、なかなか寝付くことができません。

同時にアイマスクも使用すると、落ち着いて眠ることができます。

特におすすめなのは、あずきのチカラ。

程良い圧が疲れた目を休めてくれます。

またアイマスクの良いところとして、スマホが見れないということも挙げられます。

寝る前のスマホは、ブルーライトのせいで眠れなくなってしまいます。

横になってスマホでネットやSNSを見ているうちに、何時間も経っていたなんてことも。

強制的にスマホデトックスできるので、睡眠で悩んでいるのなら、是非試してみてください。

③癒しの音楽を聞く

できれば癒しのBGMを聴きながら眠ると良いでしょう。

アイマスクで視界が遮られるので、逆に耳からは音が入ってきたほうが落ち着くかもしれません。

Youtubeなどでも、様々な癒しの音楽があります。

 

海の波や小鳥の声などの自然音

ヒーリングミュージック

オルゴールの音色

 

色々なものがありますよ。

④寝る時の服装と寝具

寝る時にはどんな服装をしていますか?

パジャマなど、体を締め付けない楽な服装に着替えてください。

また肌触りも重要です。

ゴワゴワ、チクチクするような服装では、快適に寝ることができません。

 

なお服装だけでなく、寝具も快適なものを選びましょう。

自分の体に合う硬さや高さのマットレスや枕を選ぶだけで、睡眠の質や体調が格段に良くなります。

毎日毎日、相当な時間を寝て過ごすのですから、寝具には少しくらいお金をかけても罰は当たりませんよ。

 

また肌触りの良いリネン(シーツ)や枕カバー

暑くもなく寒くもない掛布団

枕やリネンにつけるアロマミスト

 

こういった物も睡眠の質をぐんと上げてくれます。

⑤入眠儀式

入浴→アイマスク→リラックスできる音楽

こういった一連の習慣を、入眠儀式と呼んだりします。

 

毎日、同じ流れで寝ると、脳は反対に

天使

これとこれをしたから、寝る時間だ~

と判断するようになるんです。

 

入浴、アイマスク、リラックスできる音楽の他にも、お風呂からあがったら、ハーブティーを飲んだり、アロマを焚いたり…

いろんな入眠儀式があります。

まとめ

眠れないと、体調も悪くなり、仕事にも悪影響がでます。

かと言って、いきなり薬に頼るのはおすすめしません。

 

まずは上記に挙げたような、よりナチュラルな方法を試してみてくださいね。

 

それでも解決しない、昼夜逆転の生活はキツイという場合、風俗水商売と違い、朝または昼間から営業しているお店はいくらでもあります。

中には、コンセプトや立地から、むしろ昼も夜と同じくらい集客数があるんじゃない?っていうお店だってあります。

そういうお店に移籍すれば、アナタの眠れない悩みも解決するかもしれませんね。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す