ももジョブブログ

SMクラブの仕事内容を徹底解説! できる子は普通の風俗よりも高収入!

Sm_compressed

SMクラブは、ヘルスよりもサービスが少し特殊ですので、その分お客さんが支払う料金も少し高めに設定されています。

その分、バック単価も高くなりますので、SMクラブのお仕事は風俗嬢さんなら一度は興味を持ったこともあるはず。

そんなSMクラブの仕事内容を徹底解説していきます。

SMクラブに興味のある女性は是非この記事をお仕事選びの参考にしてみてくださいね☆

ももジョブお店マッチング

SMクラブで働くメリットとデメリット

メリット・デメリット_compressed

まずは、SMクラブのメリットとデメリットです。

SMクラブで働くメリット

  • 一般的なヘルスよりも高めにバックが設定されているから稼ぎやすい
  • 難しいイメージを持たれがちだが、近年はソフトSMが主流で未経験の女性でも気軽にスタート出来る
  • サービスが特殊なので、固定客が付きやすく、リピートしてもらえる回数も高い傾向にある

SMクラブで働くデメリット

  • しっかりと技術を身につけるには少し時間がかかる
  • サービスが特殊なので、女性自身がSMプレイにハマってしまう可能性がある

SMクラブのお仕事とお店選び

詳しく_compressed

SMクラブと聞いて、もの凄くダーティーで手の届かないイメージを持つ女性も少なくありませんね。

過激なサービスが怖い/厳しいというイメージを持たれていたり、特殊な性癖のある女性じゃないと務まらないお仕事と思われているかもしれません。

難易度の高いプレイばかりをイメージしがちなSMクラブですが、実はそんな事はないんですよ。

全般的にソフトSMの店が増えている。

近年のSMクラブは、ソフトSMを提供するお店が半数以上です。

昔ながらのハードな調教系SMプレイを楽しめるお店は一部のお店だけで、多くのお店がソフトSMをサービスの中心としています。

ソフトSMがサービスの中心ですから、SMが全くの未経験でも問題なくお仕事をスタート出来ます。

ソフトSMのサービスに慣れてきて、もっと深いSMを知りたい女性などは、ハードなSMプレイを提供するお店に移ったりもしています。

オプションが多数あり、OKにできるものが多ければ稼ぎUP

SMクラブは、とにかくオプションが多いのが特徴です。例えば、こんなオプションがあります。

 

SMクラブのオプション例

ロープ縛り、ローソク聖水。バラ鞭、ストッキング破り、マザコンプレイ、首輪、手枷、首輪付きチェーン手枷などなど。

※ちなみに、SMクラブで使われるローソクは専用の低温ロウソクです。通常のロウソクよりは熱くないですが、全く熱くない訳ではありません。ちゃんと熱さはあります。

オプションの種類や数は、お店によって様々ですが、出来るオプションの数が多いほど稼ぎやすくなります。

 

基本的には、「出来る範囲でOK!!」というお店が最近は多いです。

オプションを全部する必要は全くありませんので安心してくださいね。

「自分のできる範囲内のプレイで稼ぐ」というお店がほとんどですので、未経験の女性はお手軽なオプションから初めて見るのが良いですよ。

また、SMクラブには、S専門店やM専門店があり、お店によって提供するサービスが異なります。

ですので、自分にあったお店選びが特に大切です。

 

お客さんがリピートする回数が多いのもSMクラブの特徴の1つ

通常のヘルスに遊びにくるお客さんよりも、SMクラブを中心に遊ぶお客さんの方が、リピートする回数が多い傾向にあります。

やはり提供するサービスが特殊ですので、その分ハマってしまうお客さんはずっとSMクラブを利用します。

S専門店/M専門店があるから、お店選びがとても大切

S専門店。M専門店。SとMの両方を提供するお店の大きく3種類です。

未経験の女性なら、M専門店かSとMの両方を提供するお店で働き始めるのがお勧めです。S専門店よりは求められるお仕事がカンタンですので、SMに興味があれば誰でも始めることが出来ます。

また、カンタンな言葉攻めが出来れば誰でもS嬢への入門は問題ありませんが、Sの女王様になるには正直言えば、結構大変です。

S女王様になるのはかなり大変

「この無職が~!!(ベシッバシッ)」と言いながら、ムチでお客さんのケツを叩けばいいだけのお仕事ではありません。

例えば、S専門店のSMクラブは、生粋のM男ばかりがお客さんとして来ます。通常のSMクラブではなく、S専門店のSサービスを求めていますから、ちょっと難易度が高くなってきます。

睾丸クラッシャー
例えば、男性の金玉を潰す為の「睾丸クラッシャー」というSM用の器具があります。男性の手足を縛り、睾丸クラッシャーで金玉を潰して痛みつけて、ムチでビシバシ叩きながら、「そんな小さいモノぶら下げてよく今まで生きてこれたな? どうせそんな自分が情けなくてM男に成り下がったんだろ!?」などと言わなくてはならない時もあります(^^;)

 

そんな事を言いながら、睾丸クラッシャーで痛々しい様になっている男性器を専用のハンマーで叩きます。何回も叩きます。 腹や背中もアザが出来るくらいまでムチで何度も叩きます。

。。。と想像するだけで痛々しい光景を自分で演出しなければならないのがS女王様の宿命だったりしますね。

もちろんそういった光景を演出する事を「楽しそう」と感じる女性なら問題なくS女王様のへの道を駆け上がる事が出来るでしょう。多くのお客さんはそんなサービスを求めてお店にやってきていますし、誰も傷つく事はありません(^^)

また、適性があってもS女王様として地位や収入を確立していく為には、それなりに努力(時間的な)が必要です。

S専門店には既にS女王様が在籍していて、コアなM男達はしっかりとその女性たちに調教されていますから、入店してすぐにS女王として稼げるようになる訳ではありません。

先輩女性やお店のスタッフに色々と教えてもらいながら、自分で実践して、M男の男性が心から喜ぶサービスを提供出来るようになるまでにどうしても時間がかかります。

そういった意味で、多くの女性にとってS女王様になるのはかなり大変という意味です。

S女性(女王様)のプレイ内容

S_compressed

ソフトなS女王様プレイ内容(入門編)

縛り

ロープで両手両足を縛るのは序の口ですね。縛り上げた状態で、宙吊りにしたり、手足だけじゃなく男性器をロープで縛り上げたりもします。 中には女性用のスクール水着を着た状態で縛られたいと願望する変態な男性もいます。 ※肥満男性をロープで縛り上げた時の見た目はあまり綺麗ではありません(^^;)  そういう光景を日常的に目にするのに慣れるのもS女王様には必要な事です。

 

ムチ・ロウソク

 男性に罵声を浴びせながらムチで叩き、ロウソクを垂らしたりします。

ムチにも色々と種類があり、乗馬用のムチ/バラ鞭/一本鞭/ケインなどがあります。

ロウソクを使用する場合は、通常は専用の低温ロウソクを使用しますが、SMにどっぷりハマっている男性の中には好んで本当のロウソクを使い方もおります。

 

ハイヒール責め

男性に寝てもらい、顔/乳首/腹/足/男性器をハイヒールの尖った部分でグリグリと刺激しながらイジメ倒します。

 

フィニッシュの方法

Sプレイを提供する時の基本的な考え方としては、「必ず射精するとは限らない。」という事です。

責められ続けてそれに満足して終了というパターンもあります。(昔はこれが多かったらしいですよ)

もちろんお情けで、フィニッシュする場合もありますが、その場合も顔面騎乗をしたり、その状態で聖水をかけて、男性自らが自分でオナニーするというパターンが多いですね。 ヘルスのようにフェラチオや手コキでフィニッシュするかどうかはお店によってルールが決まっている場合もあれば、女性に全部任せている場合もありますので、ここは面接時に確認してくださいね。

男性がフィニッシュしたらプレイは終了です。

本格的なS女王様プレイ内容

浣腸プレイ

浣腸プレイとは、肛門内に液体を注入して、強制的に便意を起こさせ、一気に排出させるプレイの事です。

元々は、アナルプレイを清潔に行うために、予め肛門と腸を綺麗にする事が目的だったのですが、今ではそれ自体がプレイとなりました。肛門内にお湯を入れるのが一般的で、MAX1リットルまでを入れます。 Sプレイになりますので、男性を強制的に縛って、強制的に肛門からお湯を注入して、一気に排出させます。

排出時には、うんちも当然一緒に出てくるので、茶色い液体になりますので、その光景に慣れる必要があります。

ペニスバンドによる責め

ペニスを締め付ける器具、睾丸を締め付ける器具、上の方で説明した睾丸クラッシャーもこういった器具の1つです。

締め付けられている側の男性は本当に痛みがありますので、その様子を見ながら圧迫を加減して責めてあげます。

聖水プレイ

聖水とはおしっこの事です。 男性の顔や体におしっこをかけてあげます。

例えば、ロープで縛り付けて身動きがとれない男性に、ビスケットを食べさせます。飲み込んではダメと命令しておいて、口の中一杯に溜まったビスケットが口内の水分を全て奪っていきます。 そのままだとパサパサで飲み込めなくなるので、聖水を口に入れてあげて、聖水とビスケットを一緒に食べさせてあげたり。。。 こんな事もSプレイの一つですよ。

実は、本格的なS女王様になるのはちょっと厳しい道のりも…

Mの気持ちを知るために最初はM女性からスタート

Mの人が何に喜びを感じるかを知るには、自分がMを体験するのが1番の近道ですね。

S女王様を目指すなら、Mプレイを一通り体験するのは避けては通れない道かもしれません。縛り付けられて、浣腸をされて、男性の聖水をさすがにかけられなくてもいいと思いますが、それ以外は一通り体験しておくとS側になってサービスを提供する時に役立ちます。

絶妙な加減など技術がかなり要求される

M男の性癖も十人十色ですから、例えば同じ縛りプレイでもその加減は人によって違います。お店の講師や先輩にしっかりと教えてもらいながら、自分で実践して感覚を掴んでいくしかありません。

M女性のプレイ内容

M_compressed

縛り・拘束プレイ

SMプレイの基本は、縛りと拘束ですね。ロープや、手枷、足枷を使って縛られます。痛くない縛り方もあれば、キツく締めて本当に痛い縛りもあります。ちょっと痛く縛られてそれに快感を覚えるようならM嬢としての素質があるかもしれませんよ。

バイブ責め

拘束された状態からバイブで責められます。バイブは1本じゃなく、2本、3本と複数使われることが多いです。

言葉責め

色んな言葉で責められ罵倒されますので、心の準備だけはしておきましょう。

ロウソク、ムチ、浣腸プレイなどはSプレイの時とほとんど同じ

ロウソク、ムチ、浣腸プレイは、Sプレイの章で説明した内容とほとんど同じです。 最近のSMクラブで出来る範囲のプレイから始めることが出来るので、慣れるまでは☓にしておいて、慣れてきたら徐々に挑戦するのが良いと思いますよ(^^)

SM系のお仕事への適性を再確認

適正_compressed

今回紹介したプレイが自分の性癖にマッチするか?

上の章で説明したそれぞれのプレイを「面白そう」と感じたり「出来るかも」と思った女性は、SMクラブでスムーズにお仕事をスタート出来ると思います。 逆に、苦手意識を持ってしまった女性はもしかしたらスタートで躓くかもしれません。

お金のためだけでS・Mどちらかの適正がない子は、長続きしない

バックが高いからという理由でSMクラブで働き始めるのは良いですが、SかMのどちらかに適性がないと長続きしない事が多いです。 どちらからのプレイに対して、苦手意識を持っていなければ大丈夫ですので気になった方は体験入店してみるのをお勧めします。

SMっぽいのは好きだが、自分にはディープだと感じたら、SMっぽいイメクラ系などもう少しライトなコンセプトのお店を選ぶ方法もあり

カテゴリはイメクラ。イメクラでちょっとSMプレイを楽しめるお店で働くのが良さそうです。

鞭などのオプションはなく、ロープや手枷が中心で本当にソフトなので、「SMっぽい」プレイが好きだったり、興味のある子には1番向いていると思いますよ。

まとめ

以上、SMクラブのお仕事解説でした。

好き/嫌い。それから適性がハッキリ出るお仕事ですので、向いている女性はガッツリ稼ぐことが出来る反面、向いていない女性は長続きしない事も多いのがSMクラブのお仕事です。

近年はソフトSMのお店が多くなってきているので、まずはソフトSMをウリにしているお店で体験入店をして適正を見極めるのも1つの手ですよ☆

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング