夜バイト始めるけど、キャバ、ガールズバー、風俗…どれがいい?

お金が欲しいから夜のバイト(ナイトワーク)を始めよう

そう思ったナイトワーク未経験の女性の皆さん

夜のお仕事と聞いて思い浮かぶのは何ですか?

色々あると思いますが、最もメジャーなのは

キャバクラ

ではないでしょうか。

クラブ、ラウンジ、ニュークラ…

キャバクラと同じお酒を飲むカンパイ系ワークなことは分かるけれど、あまり違いはよく分からない

ちょっと敷居が高い?本格的?

そんな感じだと思います。

また少し夜遊びに詳しい人なら、ガールズバーというのも耳にしたことがあると思います。

これらのカンパイ系ワークと並んで代表的な夜のお仕事といえば、風俗です。

でも未経験の女性にとって、風俗というのは何か性的なサービスをする場所だということは分かっていても、お店の種類や細かいサービス内容まではよく分からないかも。

そんなアナタは

キャバ、ガールズバー、風俗

どれがいいのかな?

私にはどれが合っているのかな?

と決めかねているでしょう。

この記事をしっかり読めば、自分にはどれがいいか分かりますよ☆

LOVERS-A (ラバーズエー)

水商売と風俗の違い

まず水商売と風俗の違いを知っておきましょう。

男性客がお酒を飲みに来店し、女性がお酒を作ったり会話をして楽しませる

これが水商売のお仕事です。

風俗は性サービスが仕事内容です。

男性を、手や口を使って射精させることが主な仕事です。

キャバとガールズバーの違い

同じ水商売でもキャバとガールズバーは大きく異なります。

キャバクラは、クラブやラウンジのカジュアル版として始まりましたが、現在では大衆的なお店から高級店まで様々です。

店内にはソファ席(ボックス席)が複数あり、キャバ嬢は男性の隣に座って、おしぼりを渡したりお酒を作ったり、一緒に飲みながら会話します。

指名を取り高いお酒を飲むなどお金を使ってもらうことで、お給料がアップします。

一方、ガールズバーは本来、バーテンダーが女性という設定の普通のバーです。

なのでキャバクラに比べて料金も安く、女性もカウンター越しの接客になります。

お酒を作る

お客さんからお酒をおごってもらうと売上になる

会話で楽しませる

というところはキャバクラなどと同じですが、普通の飲食店バイトに近いです。

ヘルス系風俗とエステ・オナクラの違い

初心者の女性が多い風俗といえば

ファッションヘルス・ホテヘル・デリヘルなどのヘルス系風俗

エステ・オナクラなどのソフト風俗

です。

この2つの大きな違いはプレイ内容です。

ヘルスサービスは、普通の恋人同士がするエッチと同じです。

ただし本番(挿入行為)は禁止されています。

最後は素股・フェラチオなどの疑似性交(SEXではない行為)で、男性を射精させます。

ヘルス系風俗は、日本の風俗店の多数を占めています。

一方エステ・オナクラなどは、手コキ(ハンドサービス)で射精させることが最大の特徴です。

お店によってプレイ内容には若干の違いがありますが

・脱がない:真っ裸にならなくて済む

・舐めない:フェラなし、キスもないお店もある

・触られない:お客さんから女性へのお触り禁止、もちろん舐められない、女性がお客さんを一方的に触るだけ

という超ソフトサービスのお店もあります。

私にはどれが向いている?

私にはどれが向いているのかな

と困っているのなら、シンプルに考えてみましょう☆

水商売の必要条件

ナイトワークの中でも水商売で働いて稼ぐには、最低限これだけは必要です。

容姿は人並みかそれ以上

いきなり見た目の話で申し訳ないのですが…

キャバ嬢として働き高収入を得たいのであれば、ある程度の容姿は必要です。

モデル体型やめちゃくちゃ美人でなくてもOKですが

体型で言えば、普通体型かそれよりスレンダー

ルックスはメイクをばっちりした状態なら並かそれ以上

これより太っていたり、キレイに見せる技術がない場合、採用されないか採用されてもなかなか稼ぎにくいでしょう。

また歌舞伎町や六本木などのキャバクラで未経験で働きたいのであれば、20代前半まででないと難しいです。

中には

ぽちゃ専・デブ専キャバ

熟女キャバ

といったジャンルのお店も存在しますが、その数は風俗のぽちゃ専・デブ専店、人妻・風俗店に比べると圧倒的に少ないです。

需要があまりないんですね。

お酒が飲めること

お酒を飲むのはお客さん

なんて思っていると痛い目に遭うのが水商売のお仕事。

普段の生活では考えられないくらいの量のお酒を飲む日も、絶対にあります。

有名キャバ嬢が

「お酒は飲まない」

と公言していることがありますが…

彼女達も最初からお酒を飲まなかったのではなく、売れっ子になって指名のお客さんを手のひらで転がせるようになったから、飲まずに済んでいる

ほぼこのパターンです。

「飲めないならつかなくていいよ」と席にも座らせてもらえなかったり、お店の常連にショットなど強いお酒を勧められることもあります。

キャバ嬢のSNSなどを見ていると、高級シャンパンをラッパ飲みしたり、何本も空けたり…

お酒が強い

お酒が好き

という女性なら転職ですが、飲めない女性にとっては厳しいお仕事です。

トークスキルがあること

家で飲めば1000円のお酒が10000円近くするのが、水商売の世界。

この価値ギャップを埋めるのが、女性です。

見た目が魅力的なのはもちろんですが、それ以上にトークスキルが必須です。

何しろ他に何もないんです。

お酒を飲んで会話するだけの場所ですから。

初対面の男性とでも楽しく話せる、盛り上がれる、相手を気分よくさせることができる女性は、人気が出ます。

反対に会話が苦手であれば、お客さんをつかむのにかなり苦労するでしょう。

駆け引きや男性をあしらうことが得意

キャバクラなどに来るお客さんのほとんどは

店外デート

枕(SEX)

を狙っています。

疑似恋愛要素が強いので色恋接客ができ、駆け引きで引っ張る、単価(会計)を上げることも大切です。

押したり引いたり

飴と鞭を使い分けたり

もともとそういう駆け引きや男あしらいが得意な女性には、向いています。

ガールズバーのお給料は一般バイト+αくらい

ガールズバーはキャバクラに比べると、一般の飲食店感覚で働けるので楽です。

当然ながら、時給やお給料はそれほど高くありません。

一般の飲食店などで夜働く時の時給

これと同じかちょっと高いくらいです。

忙しい居酒屋、フーターズのようなテーマレストラン、こういったバイトの時給と変わらないと思って下さい。

ですのでナイトワークとは言えど、それほど高収入にはなりません。

キャバは時間外労働が当たり前

キャバ嬢など水商売のお仕事でもう一つ大変なのは、お店にいない時間も仕事をしなければならいことです。

お客さんへの営業LINE・メール・電話

これは当たり前です。

これなしで指名はまず取れません。

同伴・アフター・休日デートなどの店外

これはほとんど全員のお客さんが求めてきます。

同伴に関しては、同伴ノルマや強制同伴日などがお店によって決められていさえします。

お酒を沢山飲んで二日酔いの翌日

ヘアセットサロンでセットしてもらう時間

そして営業連絡に店外

本気でキャバ嬢で稼ごうとすれば、本気の本業を別に持ち続けるのはかなり難しいです。

風俗に抵抗があるならエステ・オナクラから

お酒も飲めないし、自分の時間が自由に使えないのは嫌!

でも高収入欲しい(>_<)

という女性は、風俗のほうがいいでしょう。

でも風俗には抵抗があるという女性もいますよね。

それならエステ・オナクラから始めてみてはどうでしょうか?

脱がない

舐めない

手だけ

触られない

この内容なら、何とかできると思いませんか?

キャバクラで働いても、触ってきたりキスを迫ってきたり、枕を要求してくるお客さんは沢山います。

実際キャバ嬢は、枕営業も仕事のうちと割り切らないと太客を捕まえておくのは難しいようです。

確実に効率良く高収入を稼ぐならヘルス系も検討して

エステ・オナクラも風俗ですから、一般のバイトよりはるかに稼げます。

ですがより確実に効率良く、高収入を稼ぎたいと思うなら、ヘルス系の風俗店も検討してみましょう。

1本のお仕事あたりのお給料バックも、集客度も、やはりヘルス系風俗の方が上です。

デリヘルなどのヘルス系風俗であれば、日給4万円が標準です。

平均的なデリヘル嬢で4万円×20日=80万円を稼ぐことができます。

約8割が30万円~50万円前後、残り約2割が100万円~数百万円稼いでいると言われるキャバ嬢より、安定して高収入を稼げる可能性が大きいです。

初心者なら素人系のホテヘルやデリヘルを選べば、割合ソフトサービスな上に、移動時間に確実に体を休めることができます。

希望の条件で求人を探す

まずは体験入店してみて

まだキャバ、ガールズバー、風俗のどれがいいか決められないという人は、全部一度体験入店してみてはどうでしょう?

色々聞いても所詮は人の意見。

自分がどう感じるかは、体験してみないと分かりませんよね。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  関連記事

ナイトワークで整形は当たり前!整形費用が欲しいならキャバより風俗!... 可愛くなりたい!美人になりたい!女性なら誰でもそう思います。実際ブスかどうかはさておき「ここさえもっと~だったら…」と鏡の前で、ブスコンプレックスにため息をついている女性はとても多いし「整形なんて…」と批判していても本当はお金が...