デリヘルとソープで決められない!どちらで働くのがいい?

風俗でガッツリ高収入を稼ぎたい!

こう思った時に「稼げる風俗」として挙げられるのが

デリヘル

ソープ

です。

風俗店は業種に関わらず、一般バイトの何倍ものお給料を稼ぐことができます。

ですがその中でもデリヘルとソープは、本気で高収入を稼ぎたい女性にお勧めです。

デリヘルとソープでは

サービス内容

お給料体系

お客さんが求めているもの

お仕事のやり方

働く時間帯

など様々な点が異なっているので

どちらで働くのがいいのか

自分にはどちらが合っているのか

悩んでしまうのではないでしょうか。

デリヘルとソープ、それぞれのメリットとデメリットを、その特色を交えながら解説したいと思います。

自分に合うお店を選ぶことは、スムーズに高収入を稼ぎ続けるための絶対条件!

アナタに合うのはデリヘル?それともソープ

LOVERS-A (ラバーズエー)

風俗で稼ぐならデリヘルかソープ

えっ?同じ高収入なら、手だけのサービスで済むエステかオナクラで働こうと考えていたんだけど…

デリヘルよりホテヘルがいいって、スカウトに勧められてるんだけど…

なぜデリヘル?箱ヘルもホテヘルも同じヘルスでしょ?

とこの記事を見つけて不思議に思っている風俗未経験・初心者の女性のために、なぜ風俗で稼ぐならデリヘルかソープがいいのかについて、まず説明します。

デリヘルとソープなら高級店~格安店まで揃う

風俗店は業種別に分類することもできますが、価格帯で分類することもできます。

一般的には

高級店

中級店

大衆店

格安店

に分けられます。

お客さんの支払う料金が異なれば、当然女性の取り分であるお給料バックも異なります。

1本のお仕事(1接客)あたりのお給料バックが高い高級店で、効率良く稼ぐか

お客さんが多い大衆店や格安店で、回転数(接客本数)の多さでサクサク稼ぐか

どちらが合うかはその女性によります。

ただし高級店ないし超高級店~格安店まで幅広くお店が揃っているのは、基本的にデリヘルとソープだけです。

箱ヘルやホテヘルで高級店というのはまず耳にしませんし、オナクラやピンサロもほぼ同一価格帯です。

エステで「当店は高級店です。」と謳っているお店を時々見ますが、その料金やお給料バックをよく見てみると

エステにしては高い

または

エステにしてはサービスがハード

というだけで、ヘルスでいうところの一般店レベルの金額であることが9割以上です。

1本お仕事をすれば3-4万円のお給料が入る、本当の意味での高級店

女性の容姿・体型などについて要求されるクオリティがほぼ何もない、こんな女性でも風俗で稼げるんだ?!と未経験・初心者なら驚くような激安店

こういった【ピンからキリまで】の選択肢が用意されているのは、ほぼデリヘルとソープだけです。

デリヘルは最も店舗数=客数が多い風俗

デリヘルは、お客さんが来店する店舗を持たない無店舗型風俗店です。

風営法の改正で既存の風俗店への規制が厳しくなり、反動でデリヘルタイプの風俗店が急増しました。

今現在、日本で最も店舗数が多い風俗はデリヘルです。

お店の数が多いということは、それだけお客さんの数も多いということです。

そうでないと儲からないのでお店は減っていきますからね。

沢山のお客さんが利用する=沢山の諭吉さんがやって来る

ということです。

デリヘルの求人を見てみる

ソープは風俗の王様

ソープの別名は風俗の王様

昔からある風俗で、最後までのサービスが受けられることもあり、根強い人気があります。

例えば外国人観光客が

折角日本に来たんだ。一生に一度くらいソープというところで、日本にしかない泡踊りというマットプレイを受けて帰りたい!

と張り切ったり…

普段はピンサロの最短コースでちゃちゃっと済ませている男性でも

ボーナス出たし、ソープでも行くか♪

とウキウキしたり…

そんな男性の夢の国がネズミーランドならぬソープランドです。

デリヘルとソープ、それぞれのメリット・デメリット

では次にデリヘルとソープを比較するために、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

デリヘルのメリット

デリヘルのいいところです。

移動時間があるので、お客さんが続いてもある程度体を休めることができる。体に優しいのは、風俗初心者には重要なポイント。

移動は基本的にお店のデリヘル専用車で送迎。帰りも家まで送ってくれる。仮眠もとれるし、楽。

最後までのサービスがない。これだけで体力的にも精神的にもかなり負担が軽い

・マットプレイ、浴室プレイなどテクニックが必要ない

・デリヘルのお客さんは素人好きが多く、恋人接客が一番ウケる。イチャイチャや会話の時間も結構多く、最初から最後までがっつりサービスという感じではなく、体力的に楽

ロングコース(90分以上)が多い。

お給料から引かれるのは、基本的に10%の雑費のみ

完全自由出勤欠勤へのペナルティなし。当日急に時間ができたから出勤も歓迎。

体力がない女の子はココ

デリヘルのデメリット

デリヘルのデメリットです。

移動時間のロス遠方デリが入ってしまうと、往復で、1本お仕事が出来るくらいの時間がかかることも。

忙しいのが夜~朝方。昼間はあまり忙しくないお店が多い。

・ドアの向こうにスタッフがいてくれる店舗型と違い、お客さんと2人きり。

・自宅デリは必ずある。汚い家は稀だが、1度は必ず出会う。ハウスダストや猫にひどいアレルギーがある人は心配かも。

恋人接客や会話が不得意な女性は、時間を持て余し、指名の戻りが良くない。

ソープのメリット

ソープのメリットです。

お給料単価が割高

移動時間のロスがないので、予約や指名で全枠埋めることができれば、ほぼ60分のバック×出勤時間数が日給。めちゃくちゃ稼げる。

・車酔いや寒い・暑いとは無縁。出勤したら退勤まで、箱の中。

個室待機が多いので、人間関係のわずらわしさがない。

・営業時間が24時までなので、終電までに帰ることが可能。昼夜逆転が苦手な人、朝型の人には楽。

・確実に最後までして抜いて帰ることができるからか、割り切って遊べるお客さんが多い。

・一生懸命プレイやサービスをすれば、それを評価してくれるお客さんも多い。

ソープのデメリット

ソープのデメリットです。

・月1の性病検査が義務。

・忙しいとインターバル10分で片づけ・準備→接客が延々続く。体力的にキツイ

体力的な負担が大きい

・暇だと、窓のない部屋でベッドに座り浴室を見つめ、他の部屋から聞こえるいろんな音(お仕事が入ったコール、喘ぎ声など)を聴きながら1人過ごすことに。結構病んでくる。

マットプレイがあるお店や高級店では、技術を身につけないといけない結構難しい。

・仕事終わりに個室のお掃除がある。デリヘルでは雑用は全てスタッフがやってくれる。

・高級ソープでは、即即(即尺・即プレイ)やNS(ノースキン)など、ハードなサービスもある。

10%の雑費以外に、タオル代・税金・ボーイへのボーナスなど他の名目で更にお給料から引かれることが多い。

 

・部屋数に限りがあるので、出勤シフトの縛りが厳しい遅刻・欠勤が多いと、干されたり出勤調整される。

大変だけど一気に稼ぐ!

まとめ

デリヘルとソープを比較するため、それぞれのメリット・デメリットをざっと並べてみましたが、かなり色々違いますよね。

これだけ違うと

私にはソープは合わない

デリヘルは嫌だ、ソープがいい

と人それぞれ合う合わないが出てくるはずです。

風俗で、ストレス少なく高収入を稼ぎ続けるためには、自分に合うお店を選ぶことが何より大切です。

目先の1本あたりの単価や、求人に書かれている平均日給に振り回されることなく、自分にはどのお店がベストか考えて選んで下さいね☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す