注意!つらい帯状疱疹(たいじょうほうしん)が増加中

注意!つらい帯状疱疹(たいじょうほうしん)が増加中

皆さん、帯状疱疹って知っていますか?

聞いたことがある

帯状疱疹になったことがある

知らない

いろんな人がいると思いますが、最近、帯状疱疹になる人が増加しているんです。

よく間違われるヘルペスとの違いについての説明も含め、皆さんに注意を促したいと思います。

オナクラ バージン

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは、体の中に潜んでいたみずぼうそうウイルスが引き起こす、赤い斑点や水ぶくれです。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状

体の右半身または左半身のどちらかにできます。

また帯状疱疹は顔に出ることもあります。

 

斑点と水ぶくれは、まるで帯のように広がり、強い痛みを伴います。

痛みには個人差があり、軽い人もいます。

ですが強い痛みを訴える患者によると

 針で刺されるよう

 電気が走るよう

 ひりひり焼け付くよう

 頭が痛い

 しびれる

 擦れたり、冷たい風に当たると痛い

と深刻なものです。

 

通常は2、3週間で治りますが、季節の変わり目や、体力が低下した時に、再発する恐れがあります。

また皮膚の症状は落ち着いたのに、痛みが1ヶ月くらい続く人がいます。

強い痛みが続き、また再発して繰り返すかもしれない

この不安はつらいですよね。

 

また人によっては痛みではなく、強いかゆみを伴うこともあります。

典型的な症状の変化は

かみゆ、痛み

赤い点々(紅斑)

水ぶくれ

かさぶた

かさぶたが取れるが、痛みは続く

このようになります。

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因になるのは、みずぼうそうウイルスです。

多くの人は子供の頃に、みずぼうそうにかかります。

この時、みずぼうそうウイルスが神経に入り込みます。

このみずぼうそうはずっと潜伏しています。

普段は症状は出ません。

しかし…

加齢

疲労

ストレス

感染症

紫外線

免疫低下

などによって体が弱ると、ウイルスが活性化し、発症することがあります。

 

2度目以降の発症は、みずぼうそうではなく帯状疱疹と呼ばれます。

つまりみずぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも発症する可能性があります。

ヘルペスとの違い

みずぼうそうウイルスと聞いて、ヘルペスと何が違うの?

と疑問に思った人もいるでしょう。

いくつか違う点があるので、整理したいと思います。

 

帯状疱疹のほうが痛みや皮膚症状が重い。

 

治療法(薬の量)が違う。

 

帯状疱疹の再発率は約4%。

ヘルペスのほうが再発率が高い。

 

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスあって、水痘帯状疱疹ウイルスではない。

(種類が違う)

 

帯状疱疹は、皮膚症状が治まっても痛みが続くことがある。

(後遺症:帯状疱疹後神経痛)

これらが帯状疱疹とヘルペスの大きな違いですが、実際には見た目だけで見分けることは難しいです。

そしてどちらも治療(薬)が必要なので、症状が出た時には速やかに病院へ行き診察を受けましょう。

放置して悪化させると

顔面の帯状疱疹
 →角膜炎、結膜炎

発熱

耳鳴り、難聴

顔面神経麻痺

といった合併症が起こる可能性もあります。

最近、帯状疱疹の患者が増加

最近、帯状疱疹の患者が増加

近年、帯状疱疹の患者が増加しています。

男性より女性が発症することが多いのも特徴です。

研究によると、みずぼうそうが流行すると帯状疱疹は減ります。

 

あれ?みずぼうそうウイルスが原因なんだから、みずぼうそうの人が増えたら帯状疱疹も増えるんじゃ?

って思いますよね。

ところが違うんです。

 

体内の神経節に潜伏しているウイルスが暴れ出すのは、免疫力が低下した時。

なので、周りにみずぼうそうの人がいるとその度に免疫力が活性化されるのだそう。

風俗のお仕事はお休み

風俗のお仕事はお休み

帯状疱疹自体は、うつりません。

しかし帯状疱疹とみずぼうそうは同じウイルスが原因です。

みずぼうそうになったことがない人が、帯状疱疹の人と接すると、みずそうそうになる可能性はあります。

また…

斑点

水ぶくれ

痛み

かゆみ

を伴い、仕事、生活、メンタルにはやはり支障が出ます。

女性の場合、見た目の問題も加わりますね。

特に風俗で働く女性にとっては、症状が治るまでの数週間、仕事はお休みとなってしまいます。

帯状疱疹が発症することで、今月は稼ぎがほとんどなかったなどということになると、辛いですよね。

何か予防策や対策はある?

何か予防策や対策はある?

帯状疱疹自体は、水ぼうそうウイルスが原因なので、誰がなってもおかしくない病気です。

ですが

 

発症しないために、できること

 

発症してしまった時に、できるだけ早期に軽症で治すためにできること

はあります。

それぞれについて、説明しますね。

帯状疱疹発症しないために

体力・免疫力の低下が、体内のみずぼうそうウイルスが暴れ出す最大の原因です。

これを防ぐには

良質な睡眠をしっかりとる。

栄養バランスのとれた食事をする。

ジャンクフードやお菓子は控えめに。

適度な運動をし、体力作りに励む。

ストレスを溜めないように、適宜解消。 

紫外線対策をきちんとする。

体調不良や病気の際は放置せず、早めに病院で診察を受け治療する。

手洗い、うがいで感染症予防。

といった当たり前の生活習慣がとても有効です。 

これらは性病やコロナなどの感染症予防にもなります。

悪化させずに、できるだけ早く治すために

帯状疱疹が発症したら、まずやるべきことは病院での受診です。

帯状疱疹と診断されたら

抗ウイルス薬が処方されます。

 

早く飲み始めたほうが効果が高いです。

途中で飲むのをやめたり、勝手に多く飲んだりせず、必ず医師や薬剤師の指示に従って下さい。

点滴を受ける場合もあります。

ビタミンB12は神経細胞を再生させるので、積極的に摂ります。

 

干しのり、しじみ、あさり、肉に含まれるので、普段から積極的に摂りましょう。

皮膚は清潔にします。

水ぶくれにバイキンがついて、炎症を起こすと大変です。

水ぶくれを破らないように。

痛みは我慢する必要ありません。

病院で処方してもらった鎮痛薬は飲んで下さい。

できるだけ楽でいられるよう、ゆっくり休息し、気分転換することが大切です。

ストレスは悪化の原因になります。

寒いと痛みが増すので、温度調節にも注意しましょう。

これらを心がけて下さい。

まとめ

最近増加している帯状疱疹

かかると、痛み、かゆみなどでつらいですし、風俗嬢の場合、治るまでの期間は働けないので、注意が必要です。

誰でもなる可能性がありますが、発症しにくくすること、早期・軽症で回復することはできるので、1度でもなったことがある人は心に留めておきたいですね。

この記事を読んだ女の子に人気の記事

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す