お客さんの質問「本当の年齢は?」に風俗嬢はどう答える?(前編)

   - 働き方 , , ,

お客さんの質問「本当の年齢は?」に風俗嬢はどう答える?(前編)

「本当は何歳なの?

風俗でこの質問をしてくるお客さん

結構いますよね(^^;)

風俗嬢にこんな質問するなんて

本名や住んでいる場所

本当の3サイズ(爆)

を追求するくらい野暮だよな~と思う人も多いと思いますが、何か答える必要がありますよね。

皆さんは何歳だと答えますか?

前編では

風俗嬢に実年齢の質問をするお客さんの心理について

後編では

どう答えるのが良いのか

について解説します☆

エテルナ

風俗の店年齢≠実年齢

風俗の店年齢≠実年齢風俗未経験・初心者さん以外は知っていると思いますが、お店のホームページに掲載される女性のプロフィールはほとんどが架空の情報です。

 

名前は源氏名

年齢は店年齢

身長や3サイズ

出身地

前職

 

など

本当のことをそのまま書いているお店はほとんどありません。

これは

集客効果

ライバル店や他の女性とのバランス

のためだけでなく

女性の身バレ・風俗バレ防止

のためでもあります。

風俗では

実年齢≠店年齢

が当たり前ですが、その年齢差はお店や女性によってかなり違います。

実年齢から10歳以上若い店年齢を設定するお店もあれば、±1~3歳くらいしか差のないお店もあります。

風俗を何度か利用しているお客さんであれば、風俗嬢の店年齢はそういうものだと理解しています。

本当に25歳かどうかが大事なのではなく、25歳に見えるかどうかがポイントです。

24歳って書いてるのに26歳だった!年齢詐称だ!

なんて考えになるのは、風俗童貞か、さもなくば変わり者の男性だけです。

こちらもチェック

年齢を訊いてくるお客さんは多い

年齢を訊いてくるお客さんは多いにも関わらず、実年齢を質問するお客さんって少なくないですよね。

中には

「え?○歳だよ。プロフィールに○歳って書いてあるでしょ?」

と交わしても

「いや、本当は何歳なの?実年齢は?」
「○歳ってことはないよね?怒らないから正直に言ってよ。」

なんて食い下がる面倒臭い男性もいます。

こういう話題って…

恋人ムードが盛り上がる訳ではない

エロに繋がる訳でもない

私は密かに「不毛な会話」と呼んでます。

どうしてこんな質問をしてくるのでしょう?

話題がないから

話題がないからまず考えられるのは

何を話していいか思いつかないから

です。

風俗嬢も会話が苦手な人は、お客さんに

「どこから来たんですか?=どこに住んでるんですか?」
「お仕事帰りですか?お仕事は何ですか?」
「血液型は?」
「何歳ですか?」

って決まり文句のように訊いているのではないでしょうか?

こういった個人情報に関する質問よりも

好きなものやこと

軽い下ネタ

を話すほうが楽しい時間になるので、お勧めです。

話下手な雰囲気のお客さんなら、こちらから話題を振ってあげましょう。

「自分だけは知ってる」が好きだから

「自分だけは知ってる」が好きだから風俗嬢の個人情報をあれこれ訊きたがるお客さんは

知ると得した気分

になる男性です。

他のお客さんが知らないことを知っていると

通(ツウ)

になった感じがするんですね。

また風俗嬢があまり言いたがらないことを聞き出して

自分だけに教えた

と特別感を持ちます。

特別感で気分を良くしてリピートしてくれるなら、それはそれで有難いのですが、こういうお客さんの欠点は…

知ってることを自慢したくなり、ネットに書きこんだり、他の風俗嬢に喋る

これです。

全員ではありませんがこういう人がいるので、風俗の仕事で関わる人達に個人情報を知られたくなければ

実年齢という名目の嘘の年齢

本名ということにする偽名

教えるのはこちらにしておく必要があります。

これは水商売の女性がよく使っている対策です。

見た目と店年齢がかけ離れているから

見た目と店年齢がかけ離れているから

店年齢は

お店が決める

女性が決める

両方のケースがあります。

時々

どう見てもその店年齢には見えませんよ…

という風俗嬢がいます。

風俗とはいえ、あまりに見た目と店年齢がかけ離れていると、お客さんも一言申したくなるのは仕方ありません。

サバ読みは、「まあ、そんなもんか(苦笑)」で済ませることができる程度にするべきです。

何かしら欠点を探したいタイプだから

何かしら欠点を探したいタイプだから最後に、風俗嬢にとって一番嫌なタイプのお客さんを紹介しておきます(笑)

それは

風俗遊びが分かっていない。

→どこぞのお店で、メジャーを持ってきて女性のウエストを測り、表記通りでないとクレームを入れたお客さんがいたそうです。風俗業界の伝説です。

自分の思い描く理想的な商品・サービスが、格安・激安で手に入らないと満足しない。

→格安店で、最短コース、オプション・指名なし、22歳以下、スレンダーでEカップ以上、ガッキーみたいな子希望というお客さんに、スタッフが全力で「いません!!」と言い切ってました。

9割以上の確率で、どこへ行こうが文句や不満がある。

→トリップアドバイザーや食べログなどの口コミサイトでも、毎回、ほとんど全員が4.5~5の高評価をつける中、小さなまたは理不尽な理由で低評価をつける人です。

女性の長所ではなく、欠点を探す。

→「顔は可愛いけど、足首が細くなかった」「見た目もプレイもサービスも良かったけど、25歳過ぎて前髪があるのはダメ」「財布がブランド物だったからアウト」などなど。

まあここまで酷いお客さんはレアですが(笑)

残念ながら風俗のお客さんの中には稀に、こういうネガティブな性格の男性がいます。

このタイプのお客さんは

ほら!やっぱり店年齢より年上だ!

そうだと思った。これだから風俗は…

と思いたいだけなのですが

「ケチをつける口実」

をいつも探しているので、風俗嬢の年齢は格好のツッコミどころです。

まとめ

本来、どうでも良い(言い過ぎ?)なはずの風俗嬢の正確な実年齢

それを、なぜ敢えて質問してくるのか?

その理由を解説しました。

 

他に話題が見つからないから

自分だけ特別に教えて欲しいから

あまりにも見た目と店年齢が違い過ぎるから

年齢詐欺なんて一切許さんぞ!

 

とまあ、こんな感じです。

では一体何歳だと答えるのが、ベストな答え方なのでしょう?

後編で、その点についてお話します。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す