甘い物はやる気が出る♪でも食べ過ぎはうつになるの知ってた?

甘い物はやる気が出る♪でも食べ過ぎはうつになるの知ってた?スイーツ大好きな女子って多いですよね。

可愛くって、甘くって…

仕事の後のごほうびスイーツ、月1回のスイーツビュッフェ、または週に1回、カフェでのパンケーキやデパ地下で買う高級チョコなど

甘い物が仕事を頑張るモチベーションになっている人も、少なくないのではないでしょうか?

天使

正にスイーツは女子の癒しでやる気の元♡

でもこのスイーツ、食べ過ぎはとても危険なんです。

「知ってるよ~デブになるんでしょ?」

「私、12月はスイーツビュッフェやアフタヌーンティー行き過ぎて、3kg増えたwww」

あ、確かにその危険もありますね(^^;)

でも今回お話するのは、体重増加よりもっと怖い

甘い物を食べ過ぎるとうつになる

というお話です。

 

オナクラ バージン

スイーツ効果でやる気アップ

スイーツ効果でやる気アップこう書くと

ほら!スイーツなんて体に毒なんだよ!
デブになってうつになる!いいとこなし!

と死にかけのカラスのように痩せたい人達が、ほれ見たことか!とスイーツ女子を批判しますが…

実はスイーツ(甘い物、糖分)は少量摂れば、薬並みに効果を発する素晴らしい食べ物です。

どのような効果があるかというと

 

疲れが取れる!

糖分は吸収が早く、脳や体のエネルギー源として最適です。

頭が働かない時、体がクタクタに疲れている時、寝不足の時、体調が優れないけれどちょっと頑張らないといけない時

最もオススメの栄養素は糖分(糖質・炭水化物)です。

もちろん、おにぎり食べてもらっても、うどんを食べてもらってもいいんですが、もっと簡単に、少量で、疲労回復してくれるのが甘い物です。

雪山で遭難した人が、1枚の板チョコで死なずに済んだなんて話もありますよね。

 

セロトニンが分泌される

ストレスを感じたり不規則な生活が続くと、脳内ホルモンであるセロトニンが減ります。

セロトニンは別名、幸福ホルモン。

これが減ってしまうと

気分が滅入る。

やる気が出ない。

免疫力低下。→病気にかかりやすくなります。

ひどくなるとメンタルが不安定になったり、うつに。

という大変な結果を惹き起こします。

セロトニン大事です。

実は大好きな甘い物を食べると、驚くほど素早く脳内からセロトニンが分泌されるんです。

元気が出て、やる気が出て、笑顔が出ます!

接客業である風俗嬢にとっては、スイーツって神みたいな存在じゃないですか。

ところが食べ過ぎると…

ところが食べ過ぎると…そんな素敵な神スイーツですが、食べ過ぎると、悪魔の毒スイーツと化します。

セロトニンを分泌してくれてやる気をくれるはずの甘い物が、どうしてそんなことになってしまうのか、説明しますね。

甘い物の砂糖によって分泌されるのは、セロトニンだけではありません。

血糖値(血液の中の糖の量)が急上昇すると、脳から多量のインシュリンが分泌されます。

そしてビューンと上った血糖値は、またギューンと急に下がります。

まるでジェットコースター。

そうなると今度は低くなった血糖値を回復させようと、ノルアドレナリンという別のホルモンが分泌されます。

ノルアドレナリンというのは本来、ストレスを感じた時などに感情をコントロールするホルモンです。

甘い物を食べ過ぎたがためにドバドバ出てきたノルアドレナリンのせいで、何も起きていないのに、焦燥感やパニックのような感覚を覚えることがあります。

またしょっちゅうこのノルアドレナリンを出していると、本当に必要な時に足りなくなり、すると

判断力低下

ストレスを解消できない

といった、うつそのものの症状が起こるようになるんです。

ちょっと難しい話になりましたが、まとめると

 

悪魔

甘い物を大量に食べる

血糖値がジェットコースター

ホルモンバランスも大混乱

メンタルジェットコースター行き

ということになります。

風俗嬢は特に気を付けて

風俗嬢は特に気を付けて実はこの【スイーツ脳でメンタルジェットコースター】問題については、風俗嬢の皆さんは特に注意して欲しいのです。

スイーツ大好きな女子は風俗嬢に限らず、世の中にたくさんいますが、風俗嬢の場合

 

昼夜逆転生活になる人が多いです。

やはり昼勤務より夜勤務が忙しいですし、デリヘルは夜8時~深夜3時頃までが稼ぎ時です。

 

いつお仕事が入るか分からないので、きちんと食事、がっつり食事がとりにくいです。

スタミナ抜群大盛り弁当平らげて、お腹パンパンに膨らんでゲップが出てる状態で、プレイできませんからね(^^;)

どうしても、手軽に食べられるコンビニスナック類や一口で食べられるスイーツが人気です。

 

お客さんからの差し入れスイーツも多いです。

結構な数のお客さんが「皆で食べて」とホールケーキやドーナツ1ダースとかくれたりするので、重なると待機場の冷蔵庫が大変なことになります。

でも看護師、キャバ嬢、飲食店、コンビニなども夜勤だよね?

と思うかもしれませんが、普通のお仕事は勤務中に何度もちょこちょこ食べることができないですよね。

OLさんをイメージしてもらうと分かり易いですが

 

朝:出社前に朝食。食べ損ねたら、ヌキ。

始業前にデスクで食べてると、何か言われるかも。

昼:ランチはまあ普通に食べる。

夕方:残業。お腹空く。本当はおにぎりか肉まんでも食べて、やる気とエネルギーチャージしたいんだけど、誰も何も食べてない。

夜:自宅に着いたらもう21:30。お腹空き過ぎて胃が痛い。

私はOL時代、繁忙期に、1時間早く出社してデスクでサンドイッチ、退社して岩盤浴に行く前におにぎりを食べたら、「食ってばかり」と言われ…

翌日15時頃に、デスクから出したローソンスイーツでコーヒータイムにしたら、「就業中に物を食べるのをやめろ」と叱られた経験があります…

しかし風俗嬢は待機中に食べられます。

むしろ暇だから、待機場で食べてばっかりの風俗嬢とかいるよね?

まとめ

上手に食べれば、幸せ気分でやる気もアップのスイーツ

でも食べ過ぎは、太ったり肌荒れするだけでなく、うつなどメンタルの不調の原因になることも。

食べ過ぎないよう、スイーツはあくまでごほうび程度にしておいて下さいね☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す