まだホスト行ってるの?今が卒業のチャンスだよ?

まだホスト行ってるの?今が卒業のチャンスだよ?

風俗嬢の中には、いわゆる「ホス狂」「ホスト狂」と呼ばれる女性が一定数います。

もちろんホストクラブ(ホスクラ)なんて、全く縁のない風俗嬢もたくさんいます。

 

ですが

無理なシフトで鬼出勤したり

稼いでいるにもかかわらず、いつもお金がなかったり

高収入の風俗嬢でありながら、自分磨きに全然お金がかけられない

そんな女性は、ホストにはまって未収(売り掛け)の支払いに追われていることが

結構あります。

 

今まだホスクラに行ってる

ホストお金を使おうとしている

そんな女性は少し待って。

キャンパスNight

ホストにはまってる女の子って、危機意識がない

ホストにはまってる女の子って、危機意識がない

 

どうしてわざわざこんな記事を書こうかと思ったのか

それはですね…

ホス狂の女の子って

 

毎朝、パチンコ屋の前で長い行列を作っているオジサン並み

危機感がないからです(笑)

 

ここ数週間の私の経験を2つほどお話します。

どこか営業してないかな

申し遅れましたが、私は某風俗店店長として働いています。

場所は新宿、歌舞伎町に近いです。

家も近くです。

つい最近歩いていると、前を歩く2人連れの女の子がこんな会話をしていました。

 

「え~、今日は店営業してないってLINEきた(>_<)」

「うっそ、どうして?」

いや、営業自粛なんじゃない?

「初回行く?」

「どこか営業してないかな?」

 

いや、大好きな担当ホストの店閉まってるなら、もう今日はいいんじゃない?

歌舞伎町のきちんとしているホスクラは、自粛要請に従ってるみたいよ?

キャバで稼げないから、風俗?

求人を見た女性からの問い合わせが、メールやLINEでやってきます。

それに返信するのも私の仕事の1つです。

 

銀座のキャバクラで働いている女性から問い合わせがあり、まあキャバ嬢をやっている女性は

容姿が良い

トーク力、コミュニケーション能力がある

男性の扱いがうまい

ので、是非面接に来て欲しいといつも思っているのですが、

質問が「お金」「お給料」のことばかりだったので、ふと気になり…

 

どうして風俗で働きたいのか

を訊いてみました。

 

そうするとオープンな性格なのか

ホストにはまっていること

担当ホストの太客だということ

今まではキャバクラのお給料で、未収もこぼさず払えていたけれど、厳しくなったので風俗で稼ぎたい

とのこと。

 

確かに今、お店が営業をやめて仕事が無い状態のキャバ嬢やホステスさんは多いです。

そういう女性が風俗や他の仕事に転職してきているのは、事実です。

皆が皆、売れっ子で貯金がたくさんあって、

何ならお店が閉まっていても支援してくれるお客さんがいるわけじゃないですもんね。

 

ですが、生活やローン返済などではなく、

この状況でホストにこれからも使うため...

となると、ちょっと引きましたね。

自粛するホスト、営業かけてくるホスト

自粛するホスト、営業かけてくるホスト

現在、ホストホストクラブの状態がどうなっているかというと…

 

ちょうどそんな時に、歌舞伎町の某グループのホストが大挙して、名古屋へ移動

名古屋で出稼ぎ営業をするというニュースが入ってきました。

 

あまり派手に宣伝しないほうがいいのでは?

と思っていると案の定、大炎上してしまいましたね。

結局、ホスト大移動は中止になったようです。

まあ、ホストも生活があるから稼げないと困るのかもね…

と思っていたところ、ホスクラなど歌舞伎町のカンパイ系業種に詳しい人からこんな話が入ってきましたよ(^^;)

 

余裕がある店は慰安旅行中?

その人が言うには、営業できないこの時期店ごと慰安旅行に行ってしまうのだそう。

普段儲かっているホスクラ、稼いでいるホストにとっては、ちょうど良い骨休め(肝臓休め?)になっているようです。

 

逆にこの時期に、こっそり営業しているようなら…

余裕がなくガツガツ煽られる

そもそも違法営業や違法行為が平気な悪質店

の可能性が高いかもしれないということです。

「お金貸して」なんてお客様には言えない

ホストからコロナを理由に、「お金貸して」「お金に困っている」と言われている女性はいませんか?

 

早くもこれを言い出しているホストは

これまでも平気でお金を借りては返さない

今回も結局返さない

一度お金を貸すと、次からも言ってくる

とのこと。

 

お給料がほとんどない新人ホストならともかく、それなりに長く働き役職もついている身なら

 

「お客様にお金を貸してなんて、恥ずかしくて言えない」

のが普通なのだそう。

 

お金にだらしない借金魔の口癖

 

本当に困っている
必ず返す

です。

もちろん最終的にどうするか決めるのはアナタ次第ですが、貸したお金は返ってこないということは知っておいたほうがいいです。

本当に困っているホストは実は少ない

お金貸して

と言ってくるホスト大抵、本当には困ってません。

 

大体はそのお金は即

裏スロ、オンラインカジノ、パチンコなどのギャンブル

キャバ、風俗か本命の女性

家賃や食費ではなく、今どうしても必要ではないぜいたく品

に使われます。

 

実家もあれば、お店や先輩に相談することもでき、日雇い短期のバイトもあるんです。

また今の日本では本当に食べていけなければ生活保護債務整理などの制度もあります。

 

要は

お金が手に入ったらラッキー

ぜいたくが止められないから、お金を出して欲しい

疲れずにお金を手に入れたい

恥ずかしい思いはしたくない、見栄を張りたい

とこれだけのことなんです。

今は借金を作ってはいけない時期

今は借金を作ってはいけない時期

もちろん、アナタにお金の余裕がたくさんあれば、適度な息抜き程度にホスクラに行くのは自由です。

あまりオススメできないことではありますが、いわゆるダメンズ的な男性を金銭的にサポートすることも、絶対ダメではありません。

 

ですが!

今は良くないです。

今はどんな形でも借金を作ってはいけない
できるだけ出費を抑え節約して欲しいんです。

 

風俗のお仕事が完全になくなることはありません。

ですがしばらく自粛ムードが続き、風俗のお客さんは増えないでしょう。

 

しかも今回の新型コロナは、いつ収束して社会が元通りになるか、まだ誰も正確にはわかっていないです。

いつもの連休後の閑散期(数週間~1-2ヶ月)とは、ちょっと事情が違います。

まして借金危険です。

ホスクラの未収(売り掛け)立派な借金です。

最後に

ホストにはまっている風俗嬢の女性の中には、これまで何度も

 

調子に乗ったり見栄を張って、お金を使い過ぎた

煽られたりして、自分は使いたくない金額を使わされた

未収(売り掛け)を返すため、とてもツライ思いをした

心身が不調になった

本当なら、今頃風俗は卒業していたはずだったのに

本当なら貯金はこれくらいあったはずなのに

と考えて、ホスト卒業を考えたことがある人が少なくないと思います。

 

確かにホスト遊びははまってしまうと、ギャンブルなどの依存症と同じで、なかなかやめられないものです。

ですが、ずっと風俗嬢の仕事を続けるのかと考えると、いつかは卒業しなければならないですよね。

 

特に

担当ホストから連絡がない

寂しさからアチコチ飲み歩く

なんて悪循環を繰り返しているなら

その悪癖サヨウナラです!

 

このホスクラに行きたくても行けない時期に、思い切って

ホス狂卒業

しませんか?

今まで以上に

まだホストなんて行ってるの?

という風に、周りもなっていきますよ。

 

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す