将来や老後のためにしっかり貯金!そんな風俗嬢をご紹介

将来や老後のためにしっかり貯金!そんな風俗嬢をご紹介

風俗嬢は高収入。

でも浪費して、結局貯金できない。

あるいは、高収入といっても、若いうちしかできない仕事だから、将来や老後はお先まっくら。

 

こんなイメージありませんか?

 

たまにこの手の話を、「風俗を知らない人」が語っていたりするんですよね。

私の周りには、風俗で長く働き、8桁~9桁稼いだ女性が複数いるのですが?

 

え?9桁?億?んな、馬鹿な…

と思ったアナタのために、彼女達の話をしようと思います。

JDリフレ

風俗嬢の平均的な稼ぎはいくら

風俗嬢の平均的な稼ぎはいくら

まず最初に、風俗嬢の平均的な稼ぎを説明しましょう。

 

10年前、20年前に比べると、風俗嬢も競争が激しく、世の中の男性の賃金も上がりにくいため、稼ぎにくくなったと言われています。

なので、今現在の風俗嬢の標準的な収入について説明しますが、長く風俗で働いてきた人はもっと稼げていたと思って下さい。

 

風俗業界で最も数が多いのは、一般デリヘルと呼ばれる大衆的なお店です。

一般デリヘルはサービスも難しくなく、素人女性がウケる傾向がありますので、未経験者でも即日高収入を稼ぐことが可能です。

一般デリヘルで、平均的な出勤時間・人気の女性ですと、標準日給が約4万円になります。

仮に週5日出勤し、生理休暇を1週間取ったとしましょう。

月に17日の出勤で

4万円×17日=約70万円

の月収になります。

人気のある風俗嬢であれば、1日に8万円稼ぎます。

高級ソープや高級デリヘルでは、日給20万円稼ぐ人もいます。

こうなると、月収が2倍以上になってしまいます。

 

風俗嬢の月収は、一般のOLの平均月収20万円の4倍以上、時給1000円のフリーターの月収の5倍以上です。

これで貯金できないということは、考えられないですね。

若い時しかできないから将来大変?

若い時しかできないから将来大変?

でも風俗嬢って若い時しかできないでしょう?

2年やそこら、月に70万円稼いだところで、辞めた後は悲惨。

こんな意見も耳にします。

これは色々と違うと思いますね。

 

①風俗業界には、10年選手の風俗嬢なんてザラにいます。

私の知人は20年風俗で働いてました。

②昔のように、学校卒業→正社員として就職→一生そこで働くのが当たり前だった時代は、風俗は安定性に欠ける仕事でした。

が、今や、非正規雇用当たり前、転職当たり前な時代。

むしろ学校卒業から定年まで、同じ職場で安定して働き続けられる人は、ごく少数派です。

風俗だけが「若い時しかできない」仕事ではないです。

こういう風俗嬢、普通にいます!

こういう風俗嬢、普通にいます!

将来や老後のためしっかり貯金して、安心できるライフプランを現実にしている風俗嬢

3人ほどご紹介します。

こういう風俗嬢、普通にいるんですよ。

マンションを買って、老後は安泰

1人目の女性、Xさん。

彼女は5年ほど風俗嬢として働きました。

風俗専業で週5-6日のレギュラー出勤でしたが、風俗嬢は比較的時間に余裕があるため、しっかり働くかたわら、資格も取得し卒業後は昼職に。

 

月収平均80万円

生活費は約20万円

毎年約700万円貯金し、そのお金で郊外に中古のマンションを購入。

郊外、中古を選んだのは、駅近で比較的新しくキレイで広めでも、高くないからです。

そんな堅実なXさん、今後結婚しても独身でも、住むマンションがあるので住宅ローンの心配もなく安心です。

生活費の中で、最も金額が高いのはやはり家賃です。

結婚して子供の教育費がかかるようになると、住宅ローンとの二重苦で苦労する人が多いですもんね。

移住計画、ばっちり

次にご紹介するYさんは、風俗嬢歴10年

実は風俗で働き続けた理由は、旅行が好きだからです。

いわゆるバックパッカーとして世界を旅していたYさん。

いろんなアルバイトをして、旅行資金を貯めては海外へという生活をしていましたが

最も効率よく高収入が稼げる

完全自由出勤なので、数ヶ月休むことも可能

仕事を辞めて数ヶ月ぶりに日本に帰って来ても、いつでも即日働ける

ため風俗1本で働くようになったそうです。

どうせ風俗嬢として働くなら、ただ稼いだお金を全部使ってしまうのではなく、貯金もすることにしました。

最初は北米・オセアニア・ヨーロッパなど物価の高い国も旅しましたが、次第に生活費が安い東南アジアなどに興味がうつり…

将来は海外に移住したいと考えるように。

日本にいる時は、稼ぎやすいソープ・ヘルスなどと、生理中でも働けるエステの掛け持ちで休まず集中的に働き、できるだけ節約するため

月収平均100万円以上

生活費は20万円以下

現在の貯金額は約5000万円になります。

1年の半分は海外旅行してこの貯金額だから、すごいですよね。

豊富な旅行経験を活かして、フリーライターとしての仕事もしています。

物価が日本の3分の1程度の国で暮らせば、老後の資金も大丈夫。

子供の学費は大学まで準備完了

3人目のZさんは、なんと風俗嬢歴約20年弱。

18歳からずっと風俗嬢として働いてきました。

これだけ長い間、体を壊したりせず続けて来れたのは立派ですよね。

続けてこれた第一の理由は、やはりお金が好きだということ。

ソープ、ヘルス、交際クラブなど、様々なお店で働いて稼いだ総額はなんと!

1億5千万円くらいになるのだそうです。

そして現在の貯金残高は約5千万

って、あれ?残りの1億円は?

 

実はZさんには子供さんがいます。

この子供さんは、かつてZさんがはまってお金をたくさん使っていたホストとの間の子。

ホストクラブなどの遊びに2千万円

20年間の生活費として約7千万円

そして残りの1千万円は、お子さん名義の学資保険

にしているのだそう。

普段はあまりケチケチせず、お金を結構豪快に使っているように見えるZさんですが、子供の将来の学費や自分の老後の資金など、しっかり貯金もしています。

現在のZさんは再婚し、自分自身も介護士として働いています。

これから貯金額は増えることはあっても、減ることはなさそうなので、将来もまずは安心ですね。

昼職の感覚でやり繰りすれば、確実に貯金できる

昼職の感覚でやり繰りすれば、確実に貯金できる

Xさん

Yさん

Zさん

に共通しているのは

週5-6日ベースで、しっかり出勤している

生活費は、Xさん20万円、Yさん10万円台後半(日本にいる時)、Zさん30万円と、昼職のお給料額程度なこと

です。

風俗で真面目に頑張れば、昼職の4倍以上のお給料が稼げるのですから、昼職と同じ金銭感覚で生活すれば、当たり前に貯金は増えていきます。

まとめ

高収入でも貯金ができず、将来が暗い

 

そんなイメージで語られることがある風俗嬢

実はそんなことないんです。

 

実際、しっかり稼いで貯金して

マンションを買う

移住計画を立てる

子供の学費をしっかり積み立てる

老後資金を用意する

といったしっかり者の風俗嬢は少なからずいます。

そんな風俗嬢3名に、いくら稼いでいくら貯金したのかその金額を正直に教えてもらいました。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す