週5出勤、週休2日が普通の昼職!風俗はこんなに違う!

一般的にお仕事をすると、正社員でもアルバイトや派遣などの非正規雇用でも、週5出勤以上、週休2日までが普通の社会人ですよね。

学生のアルバイトや主婦のパートを除けば、大半の人がフルタイムで働いています。

ところが風俗嬢の場合、週5日出勤は

よく働くね~

と周りから言われるレベルです(笑)

昼職と風俗のお仕事では、色々と違いがありますが、やはり大きな違いは

休みや自由時間が多い

高収入

この2つですね。

風俗未経験・初心者の女性は昼職の感覚で

 

1日8時間?いや、ずっと接客しているわけでもないみたいだし、多めに10時間にしようかな?

前のお仕事が週休1日だったからなあ…週5出勤にしようか週6にしようか…

と風俗の感覚ではハード出勤を組んでしまい「鬼出勤」扱いされがち。

風俗で働く女性たちの平均的な出勤量、出勤を増やすことのメリット・デメリットについて考えてみます。

JDリフレ

風俗では3、4日出勤が一番多い

多くの風俗店では週1日、月1日の出勤でも働くことができます

本業の昼職や学校がある女性なら、週1、2日だけの出勤も珍しくありません。

風俗専業またはメインの仕事にしている女性でも、週に4日ぐらいの出勤が多いですね。

もちろん週5出勤やそれ以上出勤する女性もいますが、平均すると3、4日出勤が一番多いです。

週5日出勤またはそれ以上の女性が少ないお店だと、週休1日や週休2日の女性は出勤スケジュールを見た時にかなり目立ちます。

昼職とこんなに違う理由

なんでそんなに出勤が少ないの?と思うかもしれませんが、これにはちゃんと理由があるんですよ。

高収入なのであくせく働く必要がない

まず風俗のお仕事は、昼職の4、5倍のお給料が稼げます。

最も標準的なデリヘルの平均日給は40000円

一般のバイトの平均時給は1000円で実働7時間でも7000円

OLさんが月に20日~25日ぐらい働いてもらう月給は約200000円

1日40000円稼げる風俗なら、たった5日で同じ金額を稼げます。

これだけ高収入だと、あくせく働かなくても十分並以上の生活ができちゃうんです。

もちろんせっかく稼げるんだから、もっと高収入を目指そうと、週5出勤またはそれ以上働く頑張り屋さんの女性もいますよ!

将来のために貯金したり…

普通の女の子ではできないリッチな生活を楽しんだり…

ただ収入と自由になる時間は反比例してしまうので、程ほどに稼ぎ、旅行や趣味などを満喫している女性も多いんです。

体を労わることも大切

風俗のお仕事は体を使います。

まさに体が商売道具

体を壊しては元も子もありません。

そのため体を労わる、無理をし過ぎないことも、高収入を稼ぎ続けるためにとても大切なんです。

急いでお金を作らないといけない事情があって、休みなしの鬼出勤や生理をピルで止めての鬼出勤をする風俗嬢もいます。

緊急手段としてはありですが、これをずっと続けることはオススメできません。

鬼出勤だと思われる

不思議ですよね~。

週5出勤・週休2日

世の中では当たり前のことなんですが…

中にはこれを「鬼出勤だね」「そんなに稼いでどうするの?」なんて言う人がいるんです。

基本的には放っておけばいいんですよ、そんな人(笑)

でもなんとなく嫌な気持ちになったり、気にしてしまう女性も少なくないようです。

周りがうるさい(笑)

お店のスタッフや周りの風俗嬢に

「よく働くね~鬼出勤じゃん(笑)」

「そんなに稼いで何に使うの?」

なんて大きなお世話発言をされるケース。

いつも「疲れた」「寝ていない」とネガティブ発言をしている

髪の色がプリンになっていたり、自分磨きができていない

まったく指名がとれず、フリー泥棒になっている

自分がこんな状態になっていないか振り返ってみる必要があります。

こんな風になっていたら周りも「もう少し出勤を減らせばいいのに」「鬼出勤より1回1回の仕事をちゃんとしてくれよ」ってなってしまいますよね。

そうでなければ、気にしないことです!

まず女性同士の場合…

人が頑張ると「そんなに頑張らなくていいじゃん」って言って足を引っ張る人って必ずいるじゃないですか?

あれです。

スタッフの場合…

軽い気持ちで冗談を言っているのでしょうが、あまりいいスタッフではないですね。

お店側としてはたくさん出勤してくれる女性はありがたい存在です。

ただしアナタが全然指名を返せない、アンケート結果が最悪なんてことがなければの話です。

そういう女性の場合は、スタッフの言葉の裏に「鬼出勤するより、ちゃんと接客して欲しい」という意味が隠されている可能性が!

客ウケが微妙な場合も?

週5出勤だろうが鬼出勤だろうが、その分お客さんがついて稼いでいるなら問題はありません(´▽`)

出勤時間数から考えてあまりに客つきが良くない場合は、少し考えてみる必要があります。

まず考えられるのは上にも挙げた、ちゃんと仕事ができていない女性ですね。

もう一つは、お店やその女の子のカラーによって、出勤が多すぎると客ウケが悪くなる可能性です。

俗にいう「鬼出勤は客ウケが悪い」ですね。

確かに多くの男性客は、風俗嬢に素人感を求めます(^^;)

そういう男性の頭の中では

鬼出勤=バリバリの風俗嬢

レア出勤=価値がある

になりやすいかもしれませんね。

馬鹿じゃないの?!とイラッとするかもしれませんが(笑)男性は手に入りにくいものが好きなんですっ(汗)

出勤を減らしたくないならこんな方法も

鬼出勤と思われて客ウケが悪いのは困る(-.-)

でもたくさん働きたい!休んでばかりなんてもったいない!

そう思うなら掛け持ちで出勤を分散させる方法もあります。

他の風俗店と掛け持ち:客層が被るのでエリア、業種は変えるのがオススメ☆

働いている風俗店の系列店にも出:他店との掛け持ち禁止の風俗店もあります。そんな時はお店に相談してみると、系列店への出勤も可能かも♪

業界を上がる時に備えて風俗以外のバイトと掛け持ち:いざ昼職に就こうとした時に、経験・スキルがないので仕事が見つからない…なんてリスクが無くなります!

まとめ

昼職と違い、風俗では週5出勤・週休2日が標準モードではありません。

働く曜日・時間はアナタの自由♪

とことん高収入を稼ぐも良し

自分のやりたいことのために最高の効率で最低限働くも良し

高収入も自由時間も風俗なら手に入りますよ♪

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す