性病検査の費用って自己負担?お店は出してくれないの?

性病検査の費用って自己負担?お店は出してくれないの?

風俗で働く時に心配なことのひとつが

性病

です。

そして風俗求人には

定期性病検査あり

衛生対策あり

などとよく書かれているのも目にします。

 

  • 性病検査って無料?
  • 費用はお店が負担してくれるの?
  • それとも自腹?
  • いくらかかるの?
  • 求人に性病検査のことが書かれていないお店ってどうなの?
  • 自分で検査を受けるならどうしたらいいの?

風俗未経験・初心者ならわからないことがたくさんあって、不安かもしれませんね。

でも大丈夫です♪ここで全部解説します!

天使のうたたね

定期的な性病検査が義務のお店

定期的な性病検査が義務のお店

一部の風俗店では、働くにあたって毎月の性病検査が義務付けられていることがあります。

お客さんにとっても働く風俗嬢の女性にとっても、性病は怖いです。

性病になった女性がそのまま出勤して、お店の新規客や常連客にうつったら。お店の評判ががた落ちです。

またそのお客さんも気付かずに、同じお店の他の女性に入るかもしれませんよね。

性病でお客さんが減っても、出勤できない女性が増えても、困ります。

毎月の性病検査が義務付けられている風俗店としては

ソープランド

高級デリヘル

が挙げられます。

これらのお店では

お店と提携しているクリニックで検査を受ける

自分で検査を受けて毎月決められた日までに結果をお店に提出する

のどちらかになっています。

検査結果を提出しなければ、出勤ストップがかかってしまうので要注意です。

一部のお店では、提携クリニックであれば割安で検査を受けられるようになっています。(お店が費用を一部負担)

検査費用を全額負担してくれるお店は、なかなかありません。

性病検査が任意のお店

性病検査が任意のお店

性病検査を受けることを推奨はしているけれど、強制ではなく任意という風俗店の方が多いです。

この場合はお店に検査結果の報告義務もありません。

費用も自分持ちです。

性病検査は自分のため

性病検査は自分のため

「性病検査なんて今まで受けたことがないんですけど、方法は?費用は?」

と頭の中がクエスチョンマークだらけになっている人も…

「病院の性病科へ行くのは抵抗があるなあ」

とためらっている人も…

性病検査は是非受けて欲しいですね。

実は近年、日本では性病感染者の数が増えています。

しかも20代を中心とした若い世代、そして風俗嬢ではなく一般人に感染者が増加しているんです。

性的なことをしている回数・頻度ってどう考えても風俗嬢の方が上だと思うんですが…

風俗嬢はやはり体が資本・商売道具ですから、性病・感染症・健康について意識が高いのでしょうね。

一般の人って、オープンでしっかりした考えを持っていないと、明らかに症状が出ないと性病検査なんて受けない人が多いのかもしれません。

私自身、風俗のお仕事を始める前に、超遊び人の彼氏ができたことがあり…

安全日に

「安全日でもコンドームなしでセックスするのは嫌。するなら性病検査してからね。」

と言ったところ、勝手に所謂やりまん認定されてしまったことがあります(-.-)クダラナーイ!

自分の体は自分でしっかり守りましょう!

ほとんどの性病は定期検査で早期発見し、きちんと治療すれば簡単に完全に治ります

少なくとも悪化して後遺症が残ったり致命的になることなんて、定期検査をしていればまずないんです。

虫歯と同じで、定期的に検査してもらって初期のうちに治療すれば

あまり痛くない

費用も安い

早く治る

ですから性病検査代は必要経費だと思って、自分のために受けて下さいね☆

性病検査を受ける方法と費用

性病検査を受ける方法と費用

病院で検査を受ける場合

性病検査は性病科・婦人科のいずれでも受けることができます。

診療時間内ならいつでもきちんと検査してもらえます。

気になる症状が既にある場合は、皮膚科・内科などで受診し性病検査に回してもらうこともできます。

特に症状のない定期検査の場合は費用がかなりかかる点と、診察(内診など)が必要な点がデメリットです。

1項目の検査の金額が2000円~4000円前後です。

自己負担(病気ではなく検査)の場合は全額、症状があり診察・治療のためであれば国民健康保険適用で3割負担です。

通常、複数の項目について検査を受けますので、2万円~3万円になることも

またこれに病院での診察代と初めての病院では初診料がかかります。

保健所で検査を受ける場合

特定の性病(HIVなど)については全国の保健所・自治体の施設でも、無料で検査を行っていたりします。

無料というのが何とも嬉しいですよね。

そして完全匿名です。

病院のように待合室で名前を呼ばれることもありません。

ただし日時が限定されており、検査の種類も限られているのが欠点です。

基本的な種類の性病すべてについて検査しておきたい場合には、保健所の検査では不十分です。

郵送検査という手も

この他に、郵送で検査してもらうという方法もあります。

検査を受けに行くこと自体に抵抗があるという人にはぴったりですね。

しかも匿名で検査を受けることができます

ネットでふじメディカルやGMEなどの検査所に申し込むと性病検査キットが郵送で送られてきます。

詳しい使用方法も書かれているのでそれに従って、唾液・膣分泌物・血液などの検体を採取します。

とても簡単で誰にでもできます。

それを郵送で送れば、後日、郵送・メールなど自分が選んだ連絡方法で、結果を知ることができます。

性病検査キットを使って検査をする場合、最大の10項目の検査でも2万円まで、ほとんどは主要5~6項目程度なので1万円までで受けることができます

ただしあくまで自分で検体を採取しなくてはいけないので、やり方を間違えると正しい結果が出ない可能性はあります。

既になんとなくでも症状を感じる場合は、悠長なことを言っていられません。

郵送検査の結果を待つのではなくすぐ病院へ行って下さいね!

基本的な性病検査の項目

基本的な性病検査の項目

定期検査が義務付けられているお店の場合は、どの検査項目が必要かお店から指示がありますので、それに従いましょう。

一般的には

HIV

梅毒

淋菌

トリコモナス

クラミジア

カンジダ

の6項目を受ける人が多いです。

まとめ

残念ながら性病検査の費用を全額お店が持ってくれるということは、なかなかないでしょう。

基本的に風俗嬢の自己負担になります。

ですがこれは風俗嬢にとって必要経費。

目先のお金も大切ですが長い目で見れば、自分の体のためであり、長く稼ぎ続けるためにも必要なことです。

数ヵ月に1度でもいいので、アナタにあった方法で性病検査をするようにして下さいね。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す