【豆知識】吉原発祥で今も風俗で使われている用語、一般の生活でも使われている単語

   - その他 ,

今回は普段と趣向を変え、江戸時代の吉原の言葉が今も風俗業界に、そして普通の言葉として残っていることをちょっと豆知識な記事としてまとめてみました。

ももジョブの「風俗用語集」をまとめるために調べものをしたところ、実はビックリするくらい現代にも、けっこう残っているんですね!

病みがちな風俗を楽しむ方法♪

エステdeシンデレラ横浜

風俗の仕事に残る吉原の江戸時代の言葉

風俗業界の中には、今も江戸時代に吉原で作られた隠語が残っていて、使われているケースが結構あります。まずは、代表的なものをご紹介しましょう。

風俗業界ではお客がつかなくて暇なコトは「お茶をひく」

この言い方が一番知っている人が多いかもしれませんね。

吉原ではお客がいなくて暇をしている女性はお茶を挽く仕事をしなくてはいけないという決まりがありました。なので、現代でもお客さんがつかなくて暇をしていることを「お茶」とか、「お茶をひく」というのはここから来ています。

吉原で出されるお茶は急須で飲む日本茶スタイルではなく、抹茶。しかも一般的な抹茶より細かく丁寧に石臼でゴリゴリと挽くスタイルだったので手間がかかったそうですよ。

お茶のことを「あがり」というのも吉原発

ちなみにお寿司屋さんなどでお茶のことを「あがり」と言いますよね。これも吉原発なんです。

「お茶」という言葉が「お茶を挽く」ことを想像してしまい縁起がよくなかったので、「あがり花」という言葉に言い換えたのがはじまりです。

1回の仕事を風俗業界では1本と呼ぶ理由は「線香」から

江戸時代に遊郭では1回の仕事は1本の線香が燃え尽きるまでという決まりでした。

江戸時代ですから時計なんてまずありません。なので線香をタイマーがわりに使ったことが理由なんだそうです。上の写真は国立科学博物館(!)に展示されている吉原で使われていた線香立てだそうです。

なお、知人の女の子は、1回の仕事のことを1本と呼ぶのはお客さんのペニスだと誤解していたそうですが…違います(汗)

本指名のことを「裏を返す」と言うのは、名札から

風俗で同じ女の子を再び指名すること(本指名すること)を、「裏を返す」と言うことがあります。この「裏を返す」は吉原で2度目の客という意味の隠語が元なんです。

江戸時代の遊郭には女性の名前を書いた名札が下がっていました。指名されると裏返しになることから、指名して再び同じ女性と会うことを「裏」もしくは「裏を返す」と言ったことが語源です。

3回以上通うと「馴染み」客

ちなみに、3回以上通ったお客さんは「馴染み」といわれたそうです。「お馴染みさん」は常連さんのような意味で、今でも普通に使われていますね。

病みがちな風俗を楽しむ方法♪

吉原発で、一般社会で広く使われている言葉

買う気も無い「冷やかし」客とは?

買う気もなくお店をただ覗くことを「冷やかし」といいますよね。これは江戸時代に吉原付近の紙をつくる職人が材料を水に冷やしている間は暇だったので、遊ぶ気もないのに吉原を見て回ったことを指しているんだそうです。

店からしてみれば、あの人たちは冷やかしの暇つぶしで着ているだけだから、利用しない…なので、ちゃんと相手をする必要はないよと言っていたそうです(汗)

「モテる」という言葉も、実は吉原から

江戸時代に、吉原では遊女に好遇される男性のことを、丁寧にもてなされることから「もてる」と表現したそうです。

そこから転じて、異性から人気が高い人のことを「モテる」と表現する現代の使い方に変わっていったそうです。

「キザ」とは気障と書き、気に障って不快なことから

気取りすぎていて嫌味な人、ナルシスト入っていてウザい人のことを「キザ」な人と言いますよね。このキザというのも吉原の言葉だそうです。感じで書けば「気障」、「気に障る」という意味です。

元々は心配事があるという意味だったのですが、次第に言動や態度に不快を感じる人のことを意味するようになったんだそうです。

若干死語?ぶりっ子を示す「カマトト」

ちゃんと知っているのに、知らない素振りをする、うぶを装ったぶりっ子な態度のことを「カマトト」と表現することがあります。

「カマボコは魚(トト)からできているの?」と知らないふりをして、あざとく世間知らずな女の子のフリをした女性のセリフから来ているそうですよ。

本当は痛い「指切り」

子供のころに大事な約束をするとき、「指切りげんまんうそついたら針千本のます」「指切った」…と歌ったことはありませんか?

実はこの指切りも吉原発。女性と客が未来永劫の約束をするときに本当に小指の先を切ったことがはじまりなんだそうです。かなり痛そうです(><)

ただし、痛いのがイヤなのはいつの時代も一緒ですので、徐々にちゃんと指を切らず、かわりに模造品を使うようになったそうです。

人気嬢になる秘訣

売れっ子吉原花魁は何と稼ぎが年収5,000万円!

そんな当時の吉原の花魁はどれくらい稼いでいたのか…と調べてみました。

売れっ子な花魁の稼ぎはハンパではないです。トップクラスの花魁になれば、なんと現代の価値に換算すると、年収5,000万円! 小さめな藩の家老と変わらない収入だったそうですから、恐れ入ります。

そんな女性を契約期間中に辞めさせて身請けするには、期間内に稼ぎ出すはずの金額を店に損害保証するため、体重と同じ重さの小判が必要だったそうです(汗)

飛びぬけた高収入を目指すなら、今も吉原!

現代の吉原は、ソープランド街として繁栄しているのは皆さんもご存知なところです。

そして、現代でも普通の人ではとうてい稼げない、大会社の役員レベルの年収を得ることができる数少ないお仕事です。

さらに上を目指すなど、大きな資金を必要とする方は、ぜひとも吉原に代表されるソープのお店でのお仕事を検討してみてはいかがでしょう?

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す