ももジョブブログ

風俗の志望動機って「お金が欲しい」以外に何か必要なの?

     - 応募・面接対策 ,

%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e3%81%af%e3%81%8a%e9%87%91_compressed


風俗で働こうと思っている人の中には「面接でどんなことを聞かれるんだろう?」と疑問を持っている方も多いと思います。

その中でも今回の話題は「風俗で働く志望動機」についてです。

一般企業の面接に当てはめると、風俗で働くための志望動機って「お金」くらいしか無いんだけど…そもそも志望動機を考える必要はあるのか?そういった部分を詳しく解説していきます。

ももジョブお店マッチング

そもそも風俗で働く志望動機ってなんだろう??

風俗で働く女性の志望動機の99%は「お金」が関わっています。おそらくアナタも風俗の仕事に興味をもった理由はお金や高収入だと思います。

では面接の際に働きたい動機は「お金」です!とストレートに伝えてもよいのでしょうか?

その疑問について採用するお店の視点から解説していきます。

結論としては「お金」でOK!

  • 志望動機はお金でOK!
    面接官も女の子が風俗で働く動機が「お金」という事をわかっております。ですので、素直に「お金です」と答える事で問題ありません。

    一般企業のように志望動機が無いから不採用!ということにはなりません(笑)もしお金が必要な理由を聞かれた場合も下記のように正直に伝える事で十分すぎるほど意図は伝わります。

    「引っ越し資金のために○月までに○万円が欲しい」
    「学費のために学校卒業までに○万円必要」

    また面接担当者の中には、あえて聞いてこない場合もあります。その場合は特に伝える必要もありません。

風俗店で志望動機を聞かれる理由

 採用基準の中で、志望動機の意味合いは大きくないというのは先ほどの通りです。ですが、志望動機を全く気にしていないという分けではありません。

風俗店としても下記のような理由で志望動機を確認しています。

  • 性格や人柄を知りたい。
  • 仕事意識を確認したい。

性格や人柄を知りたい。

そもそも風俗の面接は、外見や容姿だけでは分からない性格や内面の事を知る場としての側面が大きいのです。

なぜかというと、面接で得た女性の性格や雰囲気などの総合的な内容によって、お客様に向けたプロフィール文章やパネル写真のポージングを考えているからです。

例えば、面接が終わりアナタのことを全く把握していなければ、見当外れのプロフィールが出来てしまう可能性がありますよね?

だからこそあなたの推しどころを全面に活かしたプロフィール作成を行うために、志望動機などから性格や人となりを知ろうと考えています。

 

仕事意識を確認したい

またアナタが仕事に対してどのような意識を持っているかを確認したいと思っています。

風俗といえども仕事です。あまりにも安易で楽観的に考えていると長続きできないので、稼ぐことに対しての目的や目標があるかを知りたいのは当然ですよね。
 
お店としても目標を持って頑張っている女性を応援したいものです。
 
正直にありのままを話すことで勤務開始後に、スタッフからのサポートや具体的なアドバイスを受けられやすくなるメリットもあります。後々の稼げる金額にも影響してきますので、プラスに働くことが大きいです。

なんでうちのお店にしたのと聞かれたら?

志望動機と関連して、なぜ「うちのお店を選んだですか?」と聞かれることがあります。今後の求人活動の参考として質問されている事が多いので、お店選びを通して感じたままを伝えれば問題ありません。

例えば「お店のHPに清潔感があったので、決めました。」「店長ブログを見て好印象を持ちました。」「何店舗か電話をして一番電話対応が丁寧だったから。」などです。

志望動機例をご用意しました

%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e3%82%92%e5%ae%b9%e5%a7%bf%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f

プライベートすぎる事情のため働く理由を、面接官などにも知られたくないという場合もありますよね。そういったケースのために面接時に伝える「無難」な志望動機例をご紹介します。

志望動機の例1 「将来の為に貯金をしたい」

全ての女性にとって通用する一番シンプルな志望動機です。例えば6ヶ月以内に200万円など具体的な数字を考えておくことで、詳しく聞かれた際でも大丈夫ですよ。

志望動機の例2 「引っ越し資金を貯めたい」

通勤や通学に不便だから交通の便がいいところに引っ越すための資金を貯めたいというパターンです。

例えば、家族と同居しているのであれば「一人暮らしをするための費用」であっったり、会社員であれば「会社から通勤に便利な地域に引っ越したい」などの理由です。

志望動機の例3 「刺激が欲しかった」

これはひとつの外しパターンですが、「お金だけではなく普段の性生活に不満があり、刺激が欲しくて応募しました。」というパターンです。

その代わりプロフィールに「Hな事大好き」「業界未経験のどエロ娘」とエロキャラ推しで書かれてしまう恐れもあるので、注意が必要ですよ。

 

まとめ

面接時にそこまで重視されていない志望動機ですが、お店視点ではしっかりと聞く理由もあるんです。簡単にでも答えられるようにするだけで、稼ぎに影響してくる部分となります。

面接の際には少しだけでも志望動機のことを意識してみてはいかがでしょうか?

ももジョブお店マッチング

  ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

  関連記事

お店マッチング