自分は非喫煙、でも客の喫煙には寛容な風俗嬢が好かれるって本当?(前編)

風俗で働く女性の皆さん

皆さんは

喫煙者・非喫煙者

どちらですか?

喫煙者の方は、普段から街でタバコを吸う場所探しに苦労したり、タバコ嫌いな人に嫌な顔をされたり嫌味を言われたりした経験はありませんか?

恐らく、大多数の人が経験しているのではないでしょうか。

反対に非喫煙者の女性の中には、待機中、他の女性やお店のスタッフが吸うタバコの煙のニオイが苦痛だったり、ヘビースモーカーのお客さんの相手が辛かったり…

そんな人もいるのではないでしょうか。

只今、日本は、愛煙家と嫌煙家の間で意見が真っ二つに分かれており、目下、嫌煙派がかなり優勢の模様です。

風俗でも、最近はフリーのお客さんから

「非喫煙の子で!」

と指定されることが少なくありません。

喫煙する風俗嬢は、損してる?

非喫煙の方が、お客さんから好かれる?

そんな感じしますよね。

でも体質的にタバコの煙やニオイが一切NGな風俗嬢は、これまたお客さんウケが良くなかったりするんですよ。

難しい… 

デザインプリズム

面接で必ず訊かれる喫煙・非喫煙

イマドキの風俗店の面接では、必ず最初にエントリーシートとかプロフィールシートといった名前の書類に記入します。

名前・住所・生年月日・電話番号などの個人情報

身長・体重・3サイズなどのボディサイズや、入れ墨・タトゥー・傷跡・妊娠線などの体の特徴

風俗経験の有無

出勤を希望する曜日や時間

いくら稼ぎたいか

借金の有無

家族や彼氏と同居しているか

顔出しはOKか、NGか

希望の源氏名やホームページに掲載する嘘のプロフィール

などに加え

喫煙か、非喫煙か

アレルギーの有無

NG指定(派遣NGエリア、ペットのいる自宅派遣不可など) 

なども最近はしっかり確認します。

それだけ

アレルギーがある人

喫煙・非喫煙にこだわるお客さん

が増えているということですよね。

喫煙者だから、あるいは非喫煙者だからという理由で、不採用になることはありません。

安心して下さいね。

ですがこの時点で最もウケが良いのは

吸わないけれど、人のタバコの煙は全然気にならない

女性です。

親の時代には考えられなかった嫌煙・禁煙推進

私の両親は喫煙者です。

祖父も祖父母の兄弟姉妹も大半が喫煙者でした。

私が小さな子供の頃、両親は普通に目の前でも食卓でも喫煙していましたし、何ならタバコが切れると子供にお使いに行かせてました。

大人になると(当時は成人前でも、汗)、タバコとお酒を嗜むのは普通

そんな時代だったんです。

でも両親が若い頃は、飲食店だけでなく、新幹線や飛行機の中、駅、百貨店などで喫煙するのも、歩きタバコも普通のことだったそうです。

更に祖父母が子供の頃には、贈り物や褒章品がタバコだったくらいなんです。

昭和40年代は喫煙率が80%を超えており嫌煙家なんてほぼいなかったと言いますから、今とは全然違いますよね。

最近の嫌煙家は過激

昨年、JT(たばこ産業)が行った調査によると、男女平均喫煙率は18%台にまで減少しています。

完全にマジョリティとマイノリティが逆転してしまいました。

かつては8割以上の人が喫煙者=2割が非喫煙者、そして非喫煙者全員が嫌煙家ということはありません。

1割いたかいなかったくらいでしょうか?

でも最近の喫煙に対するバッシングは、そんな感じじゃないですよね。

どういうことなんでしょう??

東京五輪会場 完全禁煙へ

敷地内、喫煙所なし

敷地内、加熱式もNG 

そして最近では

喫煙OKのお店でタバコを吸っていても苦情を言われる

コンビニ前でタバコを吸っていたら、通りすがりの人に罵られた

なんて怖いことも…

飲みの席で、相手や周りのテーブルに

「喫煙者≒犯罪者」

「電子タバコも一緒!爆発して、吸ってるヤツが痛い目に遭えばいい!」

と過激な発言をする嫌煙派を見つけるたびに

そこまで言うのは、流石にちょっと違う…

と思ってしまいます。

あ、私は一応非喫煙者です。

昔、吸ってみたこともあるし別に吸ってもいいけど、タバコ1箱に500円使うならそのお金でチョコレートを買いたいので、吸ってません。

短期OKのお仕事♪

風俗ワーカーは喫煙率が高い

風俗業界で働いている人は男性も女性も結構喫煙してます。

少なくとも男女平均喫煙率の18%は余裕で超えてます。

私の経験ですが

風俗嬢として働いていたヘルス→待機中の女性6人中3人が喫煙者

講師として働いた素人店→6人中5人が喫煙者、残り1人は嫌煙派でちょっと大変でした(^^;)

スタッフとして働いた大手グループの会議→スタッフ7人中4人が喫煙者

こんな感じでしたね。

風俗だけでなくナイトワークと呼ばれる仕事をしている人は、喫煙率が高いです。

ブルーカラーの男性も喫煙率が高い

また

建築関係

工場

宅配ドライバー

などに代表されるブルーカラーの男性も、本当に喫煙率が高いです。

私は一時期、某大手企業の工場のおひざ元にある風俗街で働いていました。

そこに来るお客さんには工場で働いている男性が多く、お給料日後やボーナス後はとても忙しくなります。

そしてそういった日に、作業着やラフなジャージ・スウエット系で来るお客さんは、揃いも揃って喫煙者でした。

KOOLかセブンスターを吸ってる率が高かったです(笑)

客ウケが良いのは圧倒的に非喫煙の風俗嬢

話が逸れてしまいましたが、風俗でお客さんから好かれやすいのはやはり喫煙風俗嬢より非喫煙風俗嬢です。

もちろん、アナタの恋人接客に魂を持っていかれたお客さんは、アナタが喫煙者だろうが気にしないと思いますが…

まず最初の段階

例えば、顔出し完全NGでネット指名が取れる率なんかを考えると、やはり非喫煙の方が有利です。

何故なら

嫌煙家のお客さん

絶対、喫煙嬢を選ばない

非喫煙のお客さん

基本的に非喫煙嬢を好む

喫煙者のお客さんの一定数

「女性はタバコを吸うな」と思っている

からです(^^;)

後編では、お客さんの喫煙風俗嬢、非喫煙風俗嬢それぞれに対する意見をもっと詳細に解説します☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す