メンエスと風俗エステとリラクゼーション、違いは?お給料は?

メンエスと風俗エステとリラクゼーション、違いは?お給料は?

マッサージのお仕事をしたい

セラピストになりたい

そう考えている女性は、たくさんいます。

 

街のリラクゼーションサロンやマッサージ屋さん

風俗で最もソフトサービスな業種の1つと言われるエステ

人気のメンエス(マンエス)

 

この3つについて、

どう違うのか

そしてお給料はどれくらいなのか

について説明したいと思います。

JDリフレ

リラクゼーションとは

リラクゼーションとは

まず一般的リラクゼーションサロンと呼ばれるのは、繁華街、駅前、ショッピングモールなどにある普通のマッサージ屋さんです。

 

フットマッサージ

全身ほぐし・指圧

アロママッサージ

などを提供している、健全なお店です。

 

男性は服を脱ぐアロマ・オイルマッサージは受けられないお店もありますし、

受けられる場合でも

もちろん紙パンツ着用で全裸ではない

完全個室(密室)ではない

といった制限・対策が取られていることがほとんどです。

セラピストの技術は、お店によってばらつきがありますが、一応有資格者が多く、未経験でもお店できちんと研修を受けてデビューします。

リラクゼーションのお給料

いわゆる街のマッサージ屋さんですから、お給料はそれほど高くありません。

お店

繁盛度

価格帯

セラピスト本人の技術や人気

によって差はありますが、目安を挙げると

月給20万円

一般の昼職アルバイトと同じか、少ないくらいです。

 

リラクゼーションのお仕事は、歩合制を採用している場合も多く

60分3000円~6000円のほぐし・指圧であれば、その約半額1500円~3000円セラピストの手取りとなります。

 

しかしこれはあくまで額面。

ここから税金、お店によっては必要経費引かれます。

さらに1日中、ずっとお客さんを施術し続けるわけではなく、待機している時間もたくさんあります。

 

例えば8時間出勤して、5人お客さんがついたとしましょう。

60分施術の歩合が、2000円なら×5人で、その日の日給額は1万円です。

1500円4人なら6000円。

時給換算すると、最低賃金以下になってしまいますよね。

 

手取りで考えると、生活していくのもやっとかも。

健全店なので気持ち的には楽ですが、お給料面ではかなり厳しいのが、リラクゼーションサロンのセラピストです。

風俗エステとは

風俗エステとは

風俗エステというのは、マッサージ+最後にヌキ(射精)のサービスがあるお店です。

 

お店のジャンル名

アロマ

回春

性感

エステ

マッサージ

を組み合わせたものになっていて、一見複雑に見えますが、内容はほぼ同じです。

 

最もソフトサービスな風俗エステは、3ないエステと呼ばれ

脱がない(裸にならない)

舐めない(キスやフェラチオがない)

触られない

という風俗らしからぬ(笑)内容になっているので、風俗に抵抗がある未経験・初心者でも働きやすいです。

 

もちろんお店によっては、それらのサービスがあるお店もありますし、オプションプレイなどにヘルス的なサービスが含まれるお店もあります。

なので風俗エステで働く時は、そのお店の実際のプレイ内容しっかり確認する必要があります。

風俗エステのお給料

風俗エステのお給料バックは、お店が

高級店か大衆店か

サービスのソフト・ハードさ

などによって、があります。

 

また

お店の集客力

女性ひとりひとりの指名数や働き方

によっても、お給料には大きな差が出ます。

 

参考に標準的な例を紹介しましょう。

 

【A店】

・コンセプト:未経験素人

・サービス内容:3ない、オイルマッサージ+ハンドサービスのみ

 

・お給料バック:

60分 5000円

80分 6500円

100分 8000円

標準的な日給25000円~34000円

【B店】

・コンセプト:性感エステ、男性が受け身

・サービス内容:トップレス、キス・フェラなし、上半身リップあり、お触り不可、顔面騎乗あり

 

・お給料バック:

60分 8000円

75分 10000円

90分 12000円

120分 14000円

標準的な日給:30000円~50000円

リラクゼーションサロンのお給料の3-4倍以上が稼げるのが、風俗エステです。

お金がたくさん必要な人

将来、自分のサロンを開業したい人

にとっては、風俗エステのお給料魅力がありますね。

メンエスとは

メンエスとは

次にここ数年大人気で、どんどんお店が増えていたメンエスについて説明します。

 

メンエスというのはメンズエステの略称です。

でもこのメンズエステは、男性用エステティックサロンとは別ものです。

 

ちょっとややこしいですね。

 

TVのCMで見るような男性用エステティックサロンは、脱毛・フェイシャル・痩身など、女性のエステサロンの男性版で、美容を目的にしています。

ですが今から話すメンエス、別名マンエス(マンションエステ)またはプライベートサロンは、美容のためのお店ではありません。

どちらかと言うとリラクゼーションサロン同様、疲れて凝り固まった体の癒しやリラックスのためのお店です。

 

ワンルームマンションの1室をお客さんが訪問し、プライベートな空間リラックスしてオイルマッサージを受けます。

街のリラクゼーションサロンと違い、施術前後にはシャワーも浴びてサッパリしてもらいます。

 

健全店ですので、施術中は紙パンツを必ず履いてもらい、ヌキなど性的なサービスは一切ありません。

 

またメンエスのお客さんは、素敵な女性とプライベートな空間でまったり過ごすことが目的です。

マッサージも上手に越したことはないですが、未経験でも全然問題ありません。

本当にコリをがっつりほぐして欲しければ、街のマッサージ屋さんや整体に行きますから(笑)

風俗サービスはない

技術も高くなくて大丈夫

お給料はいい

正直、美味しいとこ取りなんですよ、メンエスって。

メンエスのお給料

メンエスの価格にもかなり幅がありますが

風俗より安く、一般の健全マッサージより高い

これは共通です。

 

かなり稼げるので、具体例を挙げますね。

 

【A店】

・お給料バック

100分 7000円

130分 8500円

標準的な日給:22000円~30000円

【B店】

・お給料バック

90分 5000円

120分 7500円

標準的な日給:20000円~25000円

もちろん長く出勤して、指名を積極的にとり、風俗以上に稼いでいるメンエスセラピストもいます。

まとめ

マッサージの仕事に興味があり、できれば高収入を稼ぎたいと思っている女性の皆さんに

リラクゼーション

メンエス

風俗エステ

違いお給料を説明しました。

 

仕事内容お給料を比較すると、メンエスがかなりおすすめの働き方だということがわかりますよね。

もしアナタが

癒し系の雰囲気を持っている。

個室待機が苦にならない。

できれば風俗サービスなしで、高収入を稼ぎたい。

と思っているなら、メンエスで働くのはおすすめですよ☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す