騙されないで!ももジョブが教えます!風俗の本当の採用基準

騙されないで!ももジョブが教えます!風俗の本当の採用基準

 

風俗業界完全未経験の女性にとって、まず最初に気になることって何でしょうね?

稼げるかどうか(日給額も含めて)

どんな客層か

具体的にどんなサービス内容なのか

あとは

性病リスクも心配だし

風俗店って反社やや〇ざみたいに怖い人がやっているんじゃないかという疑いもあるし

でも、普通の女性

はっきり言ってしまえば、特に顔やスタイルに自信があるわけでも、モテるわけでもない平凡な女性にとって、何よりまず知りたいのは

採用基準

じゃないでしょうか?

 

だって採用されないと始まらないしね。

風俗業界完全未経験の女性が「風俗の採用基準」を知るならやっぱり、元祖!未経験・初心者専門求人サイトのももジョブだよね!

というわけで、正しい採用基準を解説したいと思います。

 

だって、採用基準について、嘘情報が多いんだもん…

はぐはぐシュシュ

アナタのその心配は取り越し苦労!

アナタのその心配は取り越し苦労!

このように思ったのは、実は、かなり多くの女性から

 

キレイまたはカワイイ

そういった女の子しか採用されないんでしょう?

と聞かれるからです。

はっきり言います。

 

その採用基準は、存在しないと考えてください。

美人でなくても、特別可愛くなくても、大丈夫。

そもそも、今、アナタがこの記事を読んでいるということは、おそらく風俗店のホームページを見て

結構みんなカワイイ子ばかり、私の容姿で採用してくれるのかなぁ…

と心配していたのではないでしょうか。

正直にお話いたします。

 

風俗店のホームページの写真は加工しています。

輪郭や口元などを微妙に加工しています。

 

これは女の子の身バレ防止のためなんですが

全員加工

これ、風俗業界、さらには風俗を利用するお客様でさえ承知の事実です。

実は「美人のカギは輪郭にある」って言われるぐらい、輪郭をちょこっと弄るだけで、どんな女性でもそれっぽく見えるのです。

 

言葉はよくありませんが、俗に言う「ブス」だっています。

ええ、いますとも。

性格が悪いと思われるかもしれませんが、私が初めて風俗嬢になり、待機場に案内された時、そして講習してくれる「ランカー(ランキングトップクラスの売れっ子)風俗嬢」さんを見た時

正直な感想は

え?

でした。

 

だってクラスで1、2を争う美人や可愛い子を想像してたんだもん。

正直、採用率が特別低いごく一部のお店を除けば、普通の風俗店では、私を含め8割以上の在籍嬢と街ですれ違っても、振り向かないし目を奪われないよ、まったく。

 

そう、世間でいうところのブスだって、風俗で働けます。

働いてますから。

 

そして、どちらかというとブス枠でありながら、風俗の平均日給以上稼いでいる子もざらにいます。

そもそもブスってなんなんでしょうか。

 

芸能界を見てもわかりますが、これ、芸能人じゃなかったらブス枠だよね、少なくとも美人枠ではないよねって女性、ザラにいますよね。

でも、キレイ、いい女と憧れられています。

つまり正確なブスの定義などありません。

 

ブスの定義がないということは、この世界に本当にブスな女性などひとりもいません。

まだ自分の魅力に気付いていない女性はいるかもしれない。

 

それは風俗で、お金をいっぱい稼いで、男性から褒められて、自分に自信が持てるようになると変わります。

ですので、私の容姿では…という心配は取り越し苦労です!

では何が採用の可否を決めるのか

 

容姿よりも、人として重要な当たり前の要素こそ、風俗業界の採用基準なのです。

風俗の採用基準のあれこれ

風俗の採用基準のあれこれ

顔が問題でないなら、採用率100%で誰でも採用?

実はそうではないんです。

 

各お店によって、やはり採用基準というものはあります。

それについて説明する前に、全風俗店共通の採用基準といって過言ではない、最低限の条件についてお話しておきましょう。

各風俗店の求人を見ると

性格重視

見た目はさほど重視しません

などと書かれていますよね。

実は、この

性格

見た目

の意味は

性格=中身

見た目=清潔感

です。

 

まず、ここでいう性格というのは、社交的とかおとなしいといった個性のことではありません。

時間を守れるか

あいさつがきちんとできるか

会話のキャッチボールができるか

常識があるか

などといった人間の中身、人間性のことです。

 

これがなければ、接客業なんて務まりませんもんね。

そして次に清潔感ですが、これはおわかりになるでしょう。

 

接客業、まして密着する風俗となれば、何が大切って清潔感ほど大切なものはありません。

不潔、臭い、汚い

 

そんな女性と肌を触れあいたい男性はいません。

またこれも、接客業の基本です。

 

お仕事である以上、清潔感は常識と言えるかもしれません。

髪、肌、メイク、爪、服装、持ち物など、ゴージャスである必要は一切ありません。

 

清潔にきちんと整えましょう。

ヘアカラーがプリン状態

枝毛だらけ

濃すぎるアイメイク

使い古しのエクステやつけまつげ

はがれたネイルカラー

長すぎる爪

爪や指先の汚れ

服のシミやしわ

持ち物の汚れや壊れ

ありませんか?

コンセプト型の風俗店の採用基準

次に各お店の採用基準について、もう少し細かく見ていきましょう。

風俗にはコンセプト店がたくさんあります。

 

コンセプト、言い換えるとお店のテーマですね。

色々ありますが…

素人系

ロリ系

ギャル系

学園系

OL系

巨乳店

ぽっちゃり専門店

モデル系

人妻系

痴女店

他にもまだまだあります。

こういった

 

「うちのコンセプトはこれ!」

と打ち出している風俗店の場合、アナタ自身のキャラクターがコンセプトにあっているかがなによりも重要です。

 

どんなに可愛くても、どんなにスタイルが良くても、コンセプトに合わない女性は採用されませんし、採用されても稼げません。

非常に無駄な行いです。

店舗型風俗店の採用基準

次に、店舗内でサービスするタイプの風俗店にも、独特の採用基準があることを知っておきましょう。

ソープランド

ファッションヘルス(箱ヘル)

が主ですね。

 

これらのお店は、個室の数=女性の出勤人数が理想です。

それも毎日、営業時間中ずっと、この状態だとお店としては最高にうれしいんです。

部屋数以上の女性がいても、接客できませんし、出勤が少なくて部屋が余ると、非常にもったいない

 

維持費の無駄になってしまいます。

というわけで

アナタの希望する出勤日数と出勤時間が、お店の都合にマッチするかという要素が、結構大きなウエイトを占めています。

 

お店が出勤して欲しい曜日や時間にバッチリ出勤できるなら、多少微妙でも採用されます。

反対に結構いい感じでも、まったくマッチしなければ、今回は残念ながら採用見送りとなります。

採用基準にコミュ力がある業種

さて、基本的には、おっとりおとなしいのも、ハキハキ明るいのも、どちらもその女性の魅力と考えるのが風俗です。

 

男性の好みは人それぞれなので、S女子もM女子も、恥ずかしがりやさんも社交的な子も、皆違って皆いいんです。

でも一部のお仕事では、絶対にコミュニケーション能力が必須です。

それは

セクキャバチャットレディ

 

どちらのお仕事も、お客さんを会話で楽しませることがお仕事のひとつ

いや、メインと言ってもいいでしょう。

話せないことには間がもちません、始まりません。

 

なのでコミュニケーション能力が採用基準として重要になります。

面接マニュアル

面接マニュアル

次に、面接に行くときの服装やメイク、または面接時に気を付けるべき点について、順にご紹介します。

これぞ面接マニュアル。

 

面接が決まったら、必ず目を通しておきましょう。

服装

風俗の面接の服装として最適なのは

清潔感がある、清楚な印象

女性らしい、女の子らしい服装

若々しく見えるが、痛くない

この3つを満たすものです。

反対に

だらしない、けばけばしい

男っぽい、カジュアル過ぎる(ジャージ、クロックスなど)

年齢不相応に老けている、若作りが激しく奇抜

といった服装はマイナス要因です。

簡単に上の3つについて、説明します。

清潔感がある、清楚な印象→お店のコンセプトが特殊なものでない限り(例 ド派手ギャルなど)、無難なのは清楚な感じの服装です。

女性らしい、女の子らしい服装→膝が見えるスカートまたはワンピースがベストです。風俗はあくまで「女性性」が商品ですから。

若々しく見えるが、痛くない→風俗で大切なのは実年齢ではなく見た目年齢。なので若々しく見えることは大切。ですが、やり過ぎは下品です。上品な若々しさを目指しましょう。

メイク

メイクや髪に関しても、服装の項目で述べたことが基本になります。

清潔感、清楚さ

女性らしさ、程よい華やかさ

年齢相応からちょい若めくらいの程よさ

男性は基本的にナチュラルメイク好きで、奇抜で濃いメイクを好みません。

 

ですが化粧っけのないすっぴんがいいのかというと、それは間違いで、あくまで素顔感のある実はしっかり作りこんだメイクが好まれるのです。

メイクはあまり得意でないという女性もいると思います。

 

最初は、基本的なファンデとリップメイクくらいでも大丈夫。

ネットや雑誌で研究したり、お店でアドバイスをもらったりして、徐々にメイクも上手になりましょう。

まず大切なのは

素肌感のあるキレイな肌

ボサボサでない眉毛(ついでに鼻毛やヒゲもチェックしてね)

ガサガサでないプルプルの唇

この辺りです。

 

アイライン、アイシャドー、マスカラ、チークなどは、少しずつ覚えればOKです。

また既にメイクに自信がある場合は、女子ウケするメイクと男性ウケするメイクは異なるということを頭において、ピンク、ベージュ、ブラウンといったナチュラルな色使いを心掛けましょう。

 

間違っても目の周りがクジャクみたいになったり、ゴシック調にならないように。

黒っぽい唇とかキスしたくねえー。

 

モードなメイクはプライベートで楽しみましょう。

面接時に気を付けるべき点

その他、面接時に気を付けるべき点として、3つのマナーを挙げておきましょう。

それは

遅刻しない

言葉遣いや仕草は丁寧に

臭いに気をつける

以上です。

 

どれも働く上のマナーとして当たり前のことですね。

遅刻しない→遅刻は一気に印象が悪くなります。風俗だから大丈夫?いいえ、遅刻で不採用になったり、採用されても要注意マークが付けられるんですよ。どうしても無理な時は早めに連絡を入れて!

言葉遣いや仕草は丁寧に→ガサツ=下品=女性らしさに欠ける、こんな印象を持たれないように、敬語(です、ます)をきちんと使い、物を受け取ったり渡す時は両手で丁寧に、お願いしますね。

臭いに気をつける→もうこれは、面接どうこうの問題じゃないですね。女性としてのたしなみです。口臭、体臭、いずれにも気をつけましょう。盲点は足です。冬場のブーツ蒸れ、夏のサンダル蒸れ、大丈夫?

まとめ

 

風俗で働いてみようかと思った時に、まずためらう原因になるのが採用基準

容姿にそれほど自信がなければ誰でも

私でも採用される?

と不安になるもの。

 

実はほとんどの風俗店では、顔は重視されていません。

これが真実です。

 

ブスの癖に風俗やって稼げると思うなよ、なんていう心無い無責任なネットの発言は無視してください。

それブスな男かブスな女か、あるいは性格ブスで売れなかった風俗嬢が書いてます。

 

性格(人柄)と清潔感を基本に、採用を行っていますので、この記事で説明した服装、メイク、立ち居振る舞いなどを参考に、自分に合ったカラーのお店の面接を受ければ、必ず採用されますよ!

 

でお仕事探しませんか?

風俗未経験からでも始められる高収入なお仕事たくさん♪

  • 関東
  • 関西
  • 北海道・東北
  • 北陸・甲信越
  • 北関東
  • 東海
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
エリア選択に戻る

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す