風俗嬢はだらしないなんて言わせない!超ストイックな女性達(後編)

風俗嬢はだらしないなんて言わせない!超ストイックな女性達

前編では

だらしないどころかストイック過ぎて、私なんて爪の垢を煎じて飲まなくてはならないようなすごい女性を紹介しました。

一方で、風俗嬢はだらしないという偏見を抱いている人もいるのですが、一体どうして彼達、彼女達はそう判断しているのでしょう?

後編では

そのあたりを掘り下げてみたいと思います。

前編はコチラ

渋谷パフューム

どうして風俗嬢はだらしないと言われるのか

色々な意見を集約したところ、主に3つの特徴がだらしないイメージが持たれるきっかけになっているようです。

それは

 

自由出勤

高収入

性風俗業

 

この3つです。

って3つめは何となく予想できてたけど、自由出勤と高収入?

なぜそれらがだらしないというイメージに繋がるのでしょう?

詳しくその言い分とやらを聞いてみようではありませんか。

自由出勤

風俗嬢は基本的に自由出勤です。

曜日

出勤・退勤時間

休み

自由に決めることができ、一部のお店を除けば

月1しか出勤しなくても、休みなく毎日出勤してもOK

今週と来週で、出勤シフトが違ってもOK

です。

仕事する時間が短いから

風俗嬢は短時間で効率良く稼ぐことができます。

例えば、普通のデリヘルで60分コースのお仕事をすれば、平均的なお給料バックは9000円くらい。

基本のお給料バックの他に、オプションバックや指名料バックが加算されるし…

人気の女性なら、特別指名料といって標準より高いお給料が設定されますからね。

60分、つまり1時間でこれだけ稼げるのですから、忙しくて回転率のいいお店や、指名予約で埋まる女性なら、丸1日働く必要もありません。

半日で数万円くらい稼げます。

なので

1日5時間だけ出勤する

週3-4日しか働かない

という風俗嬢は結構います。

これを見て

働く時間が少ない→休んでいるor遊んでいる時間が長い→怠け者→だらしない

と考える人がいるようです。

朝は誰よりも早く出社、毎日残業して誰よりも遅く帰る→真面目!偉い!

休まず仕事→頑張ってる!誰よりストイック!

というブラック思考?!

大事なのは成果なんですけどね。

長く拘束されている人にとっては、短時間の労働で十分な収入が得られる人がいることが納得できないのかもしれません。

好きな時に休めるから

自由出勤だから、好きな時に好きなだけ休めるのも風俗嬢として働くメリットです。

試験前だから

短期語学留学に行きたいから

1ヶ月~数ヶ月休むこともできます

私の知っている女性は、とにかく暑いのが大の苦手で

夏はまるまる休みます(笑)

7月に入り梅雨が明ける10日頃から、9月の真ん中あたりまで、彼女は行方不明です。

もちろん体調が悪かったり、家族に何かあった時には、皆堂々と休んでいます

休むのが普通です。

点滴を打ちながら出勤したり、子供の病気で欠勤する度に周りに謝り倒したり

そんなことは一切ありません。

でも昼職の世界はこれが一般的なんですよね。

自分はこんなに厳しい環境を耐え忍んでいるのに

いつでも休める人→甘い!甘っちょろい!だらしない!

という怒りが湧いてくれるのかもしれません。

効率良くフレキシブルに働いている人に対してではなく、ブラックな会社に怒るべきだと思いますが。

高収入

東京都内で、1日8時間定時(うち1時間休憩)、週休2日で働いたとしましょう。

一般的なバイト:時給1000円、日給7000円、月給約15万円

内勤事務職OL:月給約20万円

こんなもんです。

ヘルスなどで働く風俗嬢:日給約4万円、月給60-70万円

因みに、生理中は働いていない計算でこれです。

サラリーマンのお小遣い額:1ヶ月で平均37000円

風俗嬢の1日の稼ぎより少ないことは、内緒です…

金遣いが荒いから

風俗嬢はだらしない

とお怒りの方々曰く

風俗嬢はお金にだらしないんだそうです。

お金にだらしないとは?

まず挙げられるのが

お金をたくさん持っていて

たくさんお金を使う

つまり金遣いが荒い

とのこと。

ん?

お金が1万円しかない人と、10万円ある人と、100万円ある人では、お金の使い方が違うのは割と普通では?

他人のお金をジャブジャブ使いこんだり、収入より出費が多ければ、それは確かに問題です。

でもそうでなければ…

それでだらしないなら、風俗嬢以外で、ハイクラスな暮らしをしているお金持ちも全員だらしないってことになっちゃいますよね。

借金がある人が多いから

上記のように反論すると、必ず出てくるのが

 

風俗は一生できる仕事じゃないから、今だけのあぶく銭!

風俗嬢は借金がある人が多い!

やっぱり計画性がなくて我慢がなくて、だらしない

 

という意見です。

昔は確かに、風俗嬢は30代に入ると需要がほとんどなく、一方会社員は定年まで安定して働ける人が多かったです。

また風俗で働く女性は、多額の借金があるなど深刻な事情がある人がたくさんいました。

でも今って、世の中非正規だらけ!

働いていてもいつ職を失うか分かりません。

ボーナス?昇給?退職金?年金?

なんですか、それ、美味しいの?

って感じです。

特に女性の場合、男性より厳しい状況です。

風俗はというと、40代、50代の風俗店がどんどんできて、働きたければいつまででも働けそうな勢いです。

そして借金返済のために風俗を始める女性より多いのが

 

学費や起業のため

マンション購入費用

将来のため貯金

ワンランク上のリッチな生活をするため

 

という理由で働く女性です。

計画性がない?

いえいえ、むしろ計画的に風俗を選んでおりますm(__)m

仕事内容が性サービスだから

風俗は性サービス。

これは間違いありません。

でもね、だから風俗嬢は一般女性より性にだらしないと言えるのでしょうか?

経験人数が多いから

性にだらしないと悪口を言う場合、一般的には

経験人数が多い

ことを指します。

軽くてすぐにSEXしちゃう女性のことを、「ヤリ○ン」とか「サ○子」とか「パ○子」とか言ったりしますよね。

確かに風俗嬢は仕事ですから、1日に数人のお客さんを相手にします。

1週間も働けば、大抵の女性は今までの人生で経験した人数より風俗の接客人数の方が多いはずです。

ただしヘルス、エステ、オナクラなど一般的な風俗店では、性的なサービスはしてもSEXはしません

SEXの経験人数で言えば、プライベートでしまくっている女性には敵いません。

そして風俗嬢は、毎日仕事で男性の性のお相手をするのでお腹いっぱい、プライベートのエッチはしないか、しても夫や彼氏だけという人がほとんどです。

性にだらしないことと職業は関係ないです。

私の同級生は鎌倉に実家があるいわゆるお嬢様で、出産前は準公務員、旦那さんは某大手化粧品会社の管理職

早々に戸建ての家を買い、子供を私立の学校に入れ…

ですが大学時代からやりまくり、50人を超えたところでどうでもよくなって人数を数えるのを止めたけど100人は余裕で超えている

そんな女です。

彼女ほどではなくても、皆、結婚話が出るより前にSEXもするし、お泊り・半同棲・同棲してから結婚するじゃないですか。

結婚するまで処女

夫以外とエッチなことをしたことは一切ない

これが当たり前なら、風俗嬢は性にだらしないと言えなくもないかなと思いますが、そんな堅物の女性って、イマドキの日本にはまずいませんよね。

経験人数が10人でも50人でももはや変わらないと思うのは私だけでしょうか?

男性に取り入ってお金を得ているから

風俗嬢は性にだらしない

と非難する人の多くは、風俗嬢だけでなく水商売の女性もまとめて批判することが多いです。

でも水商売って性サービスではないですよね。

お酒を飲んだり会話をするだけで、性にだらしないって意味わかんないじゃないですか。

そこを突っ込んでみると、要は

女性であることを武器に、男性の機嫌を取って、お金を得ているから

という理屈らしいんですね。

これ、めちゃくちゃ面白くないですか?

実質的に

ほぼ女性しかいなくて

キレイまたは魅力的であることが採用基準に含まれていて

男性の機嫌を取ることを期待されている

そんなお仕事、山ほどあると思うんですが?

 

役員のご機嫌を取る秘書

医者のサポートをする看護師や助手

何故かおブス、おデブ、オバサンがいないキャビンアテンダント

企業や施設の受付嬢

生保の営業

ヤクルトさん

 

まだまだあります。

まとめ

風俗嬢は、一般のお仕事では手に入らない時間とお金の自由を手に入れているので、どうしても批判されやすいのかもしれませんね。

でも実際には、とてもストイックに自分磨きし目標を達成している女性が多いです。

楽をしようと思えばいくらでもできるけど、すごい結果を出すこともできる

それが風俗嬢というお仕事の良さです。

アナタは緩く働きたい派ですか?それともストイックに頑張りたい派?

自分に合う働き方を探して下さいね☆

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す

   人気グループランキングTOP5

NADIAグループ
スパークグループ
シンデレラグループ