食べたい食べた―い!食欲に勝つ9つの魔法(前編)

食べたい食べた―い!食欲に勝つ9つの魔法(前編)

食べたい、食べたい、食べた―い!!!

食べたい…でも痩せないと…うぬぐぐぐ~

そんな叫びを交互にあげている風俗嬢の皆さん、こんにちは☆

一部の

痩せの大食いで、暴飲暴食しても美容体重以下

そもそも何故そんなに食べたいのか理解できないという、小食&食に興味の薄い人

以外は、皆、食欲とダイエット願望の狭間で苦しんでますよね?

私のように【食べるために生きてる】レベルで食欲に振り回されていた風俗嬢にとって、暴走する食欲を何とかなだめることは死活問題でした。

そんな私達を救う「食欲に勝つ8つの対策」をついに見つけたので、ご紹介します。

本当に魔法のように効果があるので、是非、読んでみて下さい。

 

オナクラ バージン

素っ裸になる風俗嬢ってグラドルより厳しい

素っ裸になる風俗嬢ってグラドルより厳しい風俗嬢ほど、裸を晒す仕事ってないですよね。

だって考えてみて下さい。

アイドル、女優…、服を着てます。

服の下には補正下着だってつけれます。

未工事の貧乳キャバ嬢の胸がヌーブラ3枚盛りだってこと、知ってました?

グラドルだって水着や下着くらい着てるし、写真は修整加工されます。

AV女優だって、カメラアングルで綺麗に撮って貰えます。

普段、彼氏や夫とエッチする時は、電気を消して暗闇で始めます。

なのに!

風俗嬢は、すっぽんぽんになって、明るいお風呂場でお客さんにマジマジ見られながら体を洗ってあげて、ベッドでも至近距離であらゆる角度から見られるわけです。

風俗嬢が年中、ダイエットやスタイルを意識してしまうのは、仕方ないですよね。

もちろんムチムチやぽっちゃり好きの男性は多いし、かなりぽっちゃりさんでも風俗では働けます。

でも時々目にするんですよね。

「細身~普通体型の方が人気が出やすいです♪」
「スレンダーから普通体型まで」

なんて求人。

反対に

「普通体型からぽっちゃり募集、細身はNG」
「スレンダーは働けません」

なんていうのは、ぽっちゃり専門店でもない限り見たことがありません。

 

どうしてこんなにお腹が空くのかな?

どうしてこんなにお腹が空くのかな?キャバ嬢並に痩せている風俗嬢も結構いますが、普通体型以上の風俗嬢は少なくありません。

そして待機場でも

痩せてるけど、とにかく大食い

周りが引くくらい大食い

ダイエット要な体型なのに、しょっちゅう出前の丼やお弁当、お菓子をムシャムシャ食べている

そんな風俗嬢って、1店舗に1人は必ずいるような…

仕事中は一切食べないという風俗嬢も、仕事が終わると反動と空腹で、夜中に焼肉○人前!なんて人が少なからずいます。

いや、本当に、どうしてこんなにお腹が空くのかな?

と自分でも不思議に思っている人もいるのではないでしょうか。

理由はカンタンです。

①風俗嬢のお仕事は、肉体労働である。体力勝負なので、食べないと元気が出ない。

②食事時間や生活が不規則になりやすい。ドカ食い、ジャンクフードやスイーツ、野菜不足など、栄養バランスが悪く脂肪の元を大量に摂る食生活になりやすい。

③ストレスが溜まりやすいので、暴飲暴食、甘い物をつい口にしてしまう。

 

食欲に負けるのは意志が弱いからではなかった!

食欲に負けるのは意志が弱いからではなかった!

痩せたいけど食べたい

こういう話をすると必ず

デブは意志が弱い!だらしない!だからデブなんだ!

と罵倒する「意識高い系」の人が現れますが、意志が弱いから食欲に負けるというのは、実は時代遅れな考え方です。

気合いや根性の問題ではなく、脳と脳内物質(ホルモン)の状態で、狂おしいほど食べたい!食べたい!食べた―い!と感じるんです。

例えば、生活習慣が乱れ、栄養が偏ったり、ストレスに晒されると、セロトニンという幸福ホルモンが減ります。

そうすると脳は不安を感じます。

不幸感を緩和するため、脳はセロトニンを増やす甘い物を「食べるべきだ」「食べないといけない」「食べよう」と指示してくるんです。

そりゃ、脳に「このままだとヤバイよ!甘い物食べよう!」と全力で指示されたら、甘い物が無性に食べたくなるのは当たり前です。

そこで食べたくならないほうが、多分、生存本能が弱い…

 

食べたい気持ちをなだめる9つの魔法

食べたい気持ちをなだめる9つの魔法とはいえ、食欲のままに食べていては、蓄えることができるのは脂肪だけ。

どうせ蓄えるならお金を蓄えたい。

先ほどのセロトニンの話に戻りますが、確かに甘い物を食べれば瞬間、セロトニンは分泌されます。

でも甘い物を食べなくても、他の方法で幸福感を得てセロトニンを分泌させることはできるんです。

そういった正しい対策を理解していれば、食欲に勝つことはできます。

「ダイエット中!」「食べてはいけない!」と必死で思いとどまるより、もっと簡単にまるで魔法のように効果的な方法をまとめてみました。

まずは最初の3つをご紹介します。

 

「禁止」ではなく「○日待てば食べられる」と自分に言い聞かせる

ダイエットの敵!

○○禁止!

この○○が増えるほど、すごく不幸な気持ちになりませんか?

友人が数年前にライザップの糖質制限ダイエットをしていたんですが

 

【食べていい物】

・ブロッコリー

・葉野菜

・鶏ささみ、鶏むね肉

・卵

・赤味の牛肉少量

・魚

 

【食べてはいけない物】

・果物全て

・根菜全て

・米、パン、麺類、芋類

・スイーツ

・揚げ物

・豚肉、鶏もも肉

・ケチャップ、ソース、マヨネーズ、ドレッシングなど調味料類

 

という生活をしていました。

基本的に、ブロッコリーとサラダチキンか、ホウレンソウとブロッコリーと卵を食べている姿しか見たことがありません。

で、ものすごくイライラしてました!

4か月頑張って、目標体重には達しなかったもののある程度ダイエットに成功

でもなぜかあまり「キレイになった」感じがせず…そこから半年くらいでリバウンドしていました(^^;)

「禁止」ばかりでは、ストレスが溜まるし挫折します。

それより

「週末に食べよう」
「明日、食べよう」

と延期するほうが、いいです。

 

今はガムでしのぐ

今はガムでしのぐいや、でも食べたいと思うと、そのことばかり考えちゃうし、結局我慢できずに食べちゃうんだけど…

という人は

①自分に「○日に食べよう」「今は食べない」と言い聞かせる。

②代わりにガムを噛む。

のがオススメです。

たくさんの回数噛むと、脳は満腹感を覚えます。

ガムを噛むことでとりあえず「食べたい、食べたい、今すぐ食べたい、もう我慢できない」という脳の呪文を黙らせることができるんです。

 

高カカオチョコをお守りにする

高カカオチョコをお守りにするカカオ分72%以上の高カカオチョコが体にいいのは有名ですよね。

しかも一般のミルクチョコレートなどと違い

満足度が大きい。

太りにくい。

アンチエイジング効果のあるポリフェノールが大量に含まれている。

んです。

小さな高カカオチョコを2個ほど、お守り代わりに持ち歩き、どうしても我慢できなくなったら1個だけ、ゆっくり時間をかけて口の中で溶かして食べてみて下さい。

この「どうしてもダメな時には○○がある」という安心感は絶大です。

不安障害で外出が怖かった人に、「飲む必要はない。万が一の時のために、持っておきましょう。」と1錠だけ軽い安定剤を処方したら、嘘のように活動的になったり…

車酔いの酷い子供に「これを舐めれば酔わないから大丈夫!」とただのミントキャンディやタブレットをあげたら、本当に平気だったり…

人ってメンタルの安心感で大きく左右されるんです。

 

食べる前に「飾り」の儀式を行う

食べる前に「飾り」の儀式を行うクタクタに疲れた時

ストレスが溜まった時

お腹が空いた時

お菓子の袋をバリッと破って、そのままガツガツ…ものの1-2分で食べ終わってしまう

もっと食べたい

まだ満足していない

こんな食べ方をしている人は、結構多いですよね。

でもこれは、脳と気持ちが満たされていないからで、食べ物が足りていないわけではないんです。

こうならないためには、食べる前に、お皿に紙を敷いてその上にキレイに盛りつけ、紅茶やコーヒーなどを淹れて、ゆっくり楽しむのが効果的です。

レストランだと少量のお料理やデザートでもかなりの満腹感があるのに、どうして家だと同じ量では全然足りないんだろう?と思ったことありませんか?

食べる前にひと手間置くことで、優雅なティータイムになり、食べる量を抑えることができます。

 

まとめ

前編では、暴れる食欲を魔法のように抑える対策として

禁止ではなく、延期する。

高カカオチョコをお守りにする。

食べる前に、盛りつけやテーブルセッティングをする。

この3つを紹介しました。

実はあと6つ、アナタが使える魔法があります。

後編も是非、読んでみて下さいね。

コチラを読んでいる人におすすめのダイエット記事

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す