夏のイベントは風俗店の敵?出勤しても暇で稼げない?

風俗嬢にとって、出勤は稼ぐためにするもの。

いくら稼ぎに波があるのが当たり前だと分かってはいても、せっかく出勤したのに稼げずお茶を引いた時は、モチベーションが下がります。

暇だと分かっていたら、その日は出勤したくない

そういう気持ちから、日・曜日・時間帯など考えた上で出勤シフトを出している女性も少なくないでしょう。

そんな風俗嬢の間でささやかれているのが

イベント日は稼げない

ということ。

そして夏は

大きな祭

花火大会

フェスやライブ

スポーツの試合

などイベントがいっぱい。

もしかして、出勤しないほうがマシ?

LOVERS-A (ラバーズエー)

イベント時は暇?本当に?

有名なお祭りや花火大会の時って、現地はもちろん、そこへアクセスするためのターミナル駅なども、すごい人手です。

右も左も浴衣を着たカップルやリア充グループだらけで

「ちっ!こっちは今から出勤なんだよっ!」

とイラッとしてしまった経験があるという人も、もしかしたらいるかもしれませんね(笑)

そんな中、汗だくで出勤したら…

電話鳴らない

お客さん、来ない

待機時間はどこまで伸びるの?

ああ、もう、帰りたい!

そんな経験を一度でもした風俗嬢は、きっぱりと言います。

「祭や花火などイベントの日に出勤しても、風俗店は暇だから稼げない。」

でもこれ、本当にそうなのでしょうか?

皆、出かけてしまう?

何故、風俗店がそんなに暇になるのか?

こう質問したら

「え?皆、イベントに行っちゃうからでしょ?」

と答が返ってくると思うんですが

ここで質問です。

本当に、世の中の男性が皆、祭や花火大会に行ってると思いますか?

行ってるのってほとんどが

彼女がいる若者

友達同士、ノリで騒ぎたい学生

の一部ですよね。

会社帰りのサラリーマン

近所のおじさんやおじいちゃん

むしろ土日祝日はかきいれ時、サービス業や小売店の従業員

人混みが苦手な人

パリピ系から程遠い人

都会になればなるほど、大きな祭だろうが、行かない人のほうが多いです。

では何故、風俗店の客入りが下がる傾向があるのか?

それは

イベントのせいで街や電車が混雑しているに違いない

と皆、思うからです。

イベント会場から遠いエリアのお店

 

イベント会場から遠いエリアに職場や家がある人

 

には関係がないんです。

また混雑に巻き込まれるのが嫌なだけなので、例えば1人暮らしの男性であれば、デリヘル嬢が自分の部屋まで来てくれるなら全然OKなのです。

交通規制や交通渋滞で移動できない?

なるほど

イベント日はデリヘルなら稼げるのか

そう結論を出すのは、ちょっと早いです。

イベント会場にある程度近いエリアのデリヘルも、イベント開始数時間前から終了後しばらくは、あまり仕事になりません。

何故なら大きなイベントの場合

・交通渋滞が起こる

・そのため一方通行限定など、交通規制が敷かれる

のです。

たくさんの女性が出勤しても

お店が売り上げる気満々でも

お客さんの場所まで行けな~い(汗)

移動時間が読めな~い(泣)

そのため予約をお断りしたり、時間に余裕のないお客さんから断られたりするんです。

ただしこれは渋滞や規制に巻き込まれるエリアだけの話。

時間も限定されます。

それ以外のエリアにある風俗店には関係ない話ですし、大きな祭や花火大会でも、こんな状態になるのはせいぜい夕方~イベントが終わって数時間です。

夜中を過ぎると電話がたくさん鳴るので、結局いつもと変わらないくらい稼げたのに、「こんなに稼げないなら帰る!」とワガママを行って早退した風俗嬢はお茶ということが…

どんな時でも稼げるコツ

どんな日でもそれなりに稼げるようになるには、いくつかのコツがあります。

これさえ知っていれば、イベントの多い夏もそんなに心配する必要がありません。

リピーターさんを増やす

日によって稼ぎの波が激しい風俗嬢と、比較的安定して高収入を稼ぎ続ける風俗嬢の違いとしてまず挙げられるのが

本指名数

です。

ネット指名やフリーなど新規のお客さんの数は、繁忙日と閑散日で大きく差が付きます。

ですがリピーターさんは、そんなの関係ありません。

いやむしろ、アナタのファンであればあるほど、「暇であろう」日に来たがるお客さんは多いです。

だって

ロングで予約しやすいし…

女の子も疲れてないし…

女の子もお店も喜んでくれて、VIP気分を味わえるし…

いいことづくめなんですもの。

異なるタイプのお店を掛け持ちする

最近の風俗店は掛け持ちOKのお店が多いです。

地域・業種・店舗型かデリバリー型か・コンセプト

 

などによって、集客に強い時間帯や曜日が結構異なるんです。

これらを上手に組み合わせて掛け持ちすれば

出勤すれば8割以上忙しい

稼働率抜群

なワークスタイルを作り上げることも可能です。

掛け持ちしていない

全く同じようなお店で掛け持ちしている

という人は是非、これを機会に違ったお店に目を向けてみて下さい。

月1の出勤でもOKという風俗店は少なくありませんから、2店舗、3店舗、それ以上と掛け持ちしてもいいと思います。

出勤時間帯をずらす

今日は暇で待機が長い

稼げないから、帰ろう

そう思って適当な理由で早退したら、翌日

「昨日、○○ちゃんが帰った後、すごく忙しくてさ、女の子が足りなかったんだよ」

なんて言われショック(゚Д゚;)

こういうこと、あります。

暇そうだから出勤しない、働かないのではなく、代わりに出勤時間をずらしたり、いつもより長く出勤して流れが変わるのを待ったリするほうが賢明です。

イベントの時間帯は利用を避けていた常連さんも、終わると待ってましたとばかりに、「もう大丈夫?」と電話をしてくることがよくあります。

まとめ

祭、花火、スポーツ試合

大きなイベントが多い夏

イベント日は風俗店は暇になるから、出勤しても稼げない

だから7月、8月は稼ぎにくい

と思っていませんか?

今から急激に本指名のお客さんを増やすことは難しいかもしれませんが、今働いているお店と全く違う

 

エリア

業種

 

の掛け持ち先を探すことは簡単です。

今すぐお仕事検索へ★

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す