本当にその収入で大丈夫?女性が一生独身なら貯金はいくら必要?(後編)

本当にその収入で大丈夫?女性が一生独身なら貯金はいくら必要?(後編)

女性が安心して一生独身生活を送るために必要な

生活費:月20万円~

将来のための貯金・老後資金:2000万円目標

何かあった時のための副業

副業やスキルアップに費やす時間

マンションなど、住む場所:2000万円あれば、良い物件に巡り合えそう

これらを手に入れるには

女性の代表的な職業であるOLだと

派遣OL・一般職・総合職

いずれの場合もかなり厳しいことが判明しました。

 

そこで効率良く都合良く高収入を稼げる副業として風俗があるのですが、実際OLが風俗を副業とした場合

収入はどれくらいになるのか

現実的に週何日働けるのか

について検証したいと思います。

前編

中編

天使のうたたね

風俗嬢の場合、どうなの?

風俗嬢の場合、どうなの?

普通の女の子が圧倒的高収入を稼げるお仕事といえば、風俗が有名です。

 

そりゃ20歳の女の子が、ホストクラブで300万円のシャンパンタワーとかやっちゃうんですから、もう稼げる金額のレベルが違うんだろうなというのは誰でもわかりますよね。

 

風俗求人を見ると

高収入

自由出勤

この2つがこのお仕事の大きなメリットとして宣伝されています。

 

では風俗嬢の平均的な

収入

労働時間(実働時間も)

はどうなのか、ご紹介します。

 

最も店舗数が多い一般デリヘル

こちらで標準的な女性が1日に稼ぐ金額が平均4万円です。

1日4万円なので、仮に週5日働けば、1ヶ月80万円くらいのお給料になります。

年収ベースだと960万円です。

 

はい、お父さんの年収なんてアッサリ抜いちゃいます(^^;)

 

風俗は週1日でも週6-7日でも、好きなだけ働いてもらっていいんですが、平均をとれば週3-4日くらい働いている女性が多いですね。

本業がある掛け持ち風俗嬢もいれば、残りの日はのんびり楽しく遊び暮らしている風俗嬢もいます。

出勤時間も、営業時間内であれば好きな時に、短い人で3-4時間、長い人なら10時間でも12時間でも何ならオーラス(オープン~ラスト)でもOKです。

が、ここで知っておいて欲しいのは、超繁忙店や超売れっ子嬢でもない限り、せいぜい出勤時間の半分くらいしか実際は働いてません(笑)

待機・準備・移動の時間があるので、7-8時間待機しても、お仕事は60分~90分の接客を3-4本くらいが平均でしょう。

4時間くらい働いて、4万円を稼いでいる

これが普通の風俗ワークです。

月のお給料80万円のうち、20万円が生活費、10万円が自分にご褒美、大盤振る舞いのお小遣いとしても、毎月50万円ずつ貯金できます。

 

確か一般職のOLさんが1年かかって貯金できる金額が、50万円くらいでしたね。

風俗嬢は月50万円、1年で600万円貯金ができます。

 

もちろんもっと稼ぐ風俗嬢もいますし、しっかり節約してもっと貯金する風俗嬢もいますが、ここは厳しめに計算したいと思います。

 

例えば2000万円の中古マンションを購入し、老後のために2000万円貯金しておきたいと考えても…

風俗嬢であれば、程々に働いて、かなり余裕のある生活を謳歌して、6年で余裕のクリアです。

残業なし、週休3日なので、スキルアップや副業も十分取り組めます。

今の仕事+風俗バイトという手も

今の仕事+風俗バイトという手も

でも今昼職として働いているのに、それを辞めて風俗嬢になれとは言いません。

昼職には昼職のメリットがたくさんあります。

せっかくキャリアを積んでいるのですから、そちらも大事にしましょう。

ただ女性が一生独身でいるには、どう考えてもOLなど普通の仕事ではお金が足りないですよね。

なんとか必要な額を貯金するために、何の楽しみもない人生を送るのも馬鹿らしいじゃないですか。

かと言って、ある日突然玉の輿とか、宝くじで1億円なんて、ギャンブルみたいな可能性に賭けるのは現実的ではありません。

そこでオススメなのが、今のお仕事を続けながら、副業に風俗を選ぶという方法です。

 

風俗は

自由出勤

短時間で高収入

なので、効率を考えれば、これ以上手っ取り早く確実に貯金ができる副業は他にありません。

総合職の場合、週1-2日が目安

総合職OLの場合

残業

接待

出張

研修

などがある人も多いので、週末に1日、または休前日の夜+1日くらいのペースがちょうどいいでしょう。

 

この働き方でも、週末であれば風俗が最も忙しくなる曜日なので、毎週8万円~10万円稼いで帰ることも可能です。

月に30万円の副収入があれば、嬉しいですよね。

事務OLなら、週3日働けそう

一方、一般職のOLさんなら、例えば

ノー残業デイの水曜日18時~24時くらいまで

金曜日19時~2時まで

土曜日14時~24時まで

 

3日、風俗で働くなんてどうでしょう?

 

デリヘルであれば、深夜24時以降も営業していますし、むしろ夜遅めから深夜は稼ぎ時です。

月に40万円~

指名を取れる女性ならさらに高収入を目指せます。

OLの月収の2倍以上を週3日の副業で稼げるなら、アリだと思いませんか?

派遣OLなら、求職期間や連休を有効利用

最も経済的に厳しい派遣OLの場合、一生独身でいるつもり、またはその可能性があるなら

スキルアップ

転職や起業などキャリアアップ

副業収入の確保

は必須です。

 

とは言え、実際に働ける日数・時間数は、一般職OLと同じくらいでしょう。

派遣期間が終わり次の派遣先を探す求職期間や、連休を有効利用しましょう。

また正社員以上に、派遣社員は有給休暇が消化しやすくなっています。

パアーッと大型旅行に行くほどの金銭的余裕はない人が多いと思いますし、のんびりダラダラ過ごしたいところですが、ここは我慢。

ストイックに週1-2日以上は休まないつもりで、本業が休みの日には風俗ワークを入れてみては?

 

普段の月40万円の副収入に加え、例えば

【大型連休】

12/28-1/5のうち7日出勤。

年末年始の繁忙期なので、これだけで40万円以上のまとまった収入+お店からの特別手当。

【求職期間中】

 派遣会社とのやり取りは電話。

 派遣先や応募先との面接日以外は、風俗出勤。

1回目:週5日出勤×3週間で、計60万円の収入。

 2回目:週5日出勤×1ヶ月半で、計100万円以上の収入。

今月は休日が多いから、お給料が少なくてやばい(+_+)

なかなか次の仕事が決まらない…どうしよう(>_<)

と定期的に嘆いている派遣社員さんは多いですが、その悩みとサヨナラできますよ。

まとめ

結婚したって、一生安泰とは限りません。

でも女性が一生独身で生きるなら、やはり全責任を自分が負う覚悟と心構えが必要。

親世代から

 

「サービス業や店員でなく、会社勤めをしなさい、内勤事務をしなさい。

それが一番安泰よ。」

なんて言いきかされてきた女性もいると思いますが、実はOLの年収なんて

誰かと暮らすことが前提?

生活費を賄える最低限

であることが多いのです。

 

楽しく豊かに暮らし、しかもしっかり貯金して将来に備えるには、副業が必要です。

その副業の中には風俗という選択肢もあること、覚えておいて下さいね。

ももジョブお店マッチング

   ももジョブオススメ風俗求人

  人気のお仕事から求人を探す

  人気のエリアから求人を探す